肝臓や腎臓を強くする漢方で目の難病の80代女性の視力が改善!

実は昨日、山形店では大変忙しく、良くなった患者さんも多かったのですが不幸があり、ブログを書けませんでした。亡くなった方は友人でもあり、当薬局の漢方を服用したこともあります。約二年前に間質性肺炎の後に肺がんになり抗がん剤治療が出来ずに、漢方薬と食事療法を一生懸命に取り入れていました。ちょうど70歳で早すぎかな、と残念に思います。この方は実は留学生の時に大変お世話になった方で、夜にこの方の針灸治療院から車で出て直ぐに車のタイヤがパンクしました。どうすればいいか一切分からず、電話をしたら来てくれて手作業で予備のタイヤを交換し付けてくれました。ずっと忘れられない事です。

 

今日の福島はとてもいい天気で、沢山の患者さんが来ています。

やはり月曜日の休みの分が、今日に集中したようです。

妄想、幻覚、幻聴の統合失調症の30代女性は漢方薬を服用して二週間で先週より落ち着いていました。うつ病の30代女性はお母さんが来局し、様々な症状が改善され5月からの契約社員だったのが昨日から正社員になったと喜んでいました。

 

もちろん、大変な患者さんもいます。

肺ガン、胸水と診断され10月から抗がん剤治療を受ける予定の70代男性は、早目に抗がん剤の副作用が軽くなる処方の為に来局しました。

また、昨年末に肺がんでステージ4と診断され、今抗がん剤治療を受けていて食欲がなく、味覚障害、咳や痰、息切れ、心機能低下の60代男性も頑張って当薬局の漢方薬を服用中です。

 

良くなった患者さんの一人は、80代の女性で1.5m以外の物がほとんど見えず20数年前から左目の網膜の中央静脈閉鎖症、眼底出血でずっと病院の眼科での治療を受けていましたがどんどん悪化し、3~4年前からは殆ど見えなくなり右目も歪んで見えるようになりました。昨年12月から当薬局の漢方薬を服用して、3か月後には目の眩しさや歪んで見えることが改善。車も運転できるようになり、今日の話によると眼科の検査では眼圧は正常、視野も問題なし。視力は裸眼で0.4~0.5で日常生活では一切影響していません。もちろん、今日も車を運転して今日も来局しました。今まで当薬局では黄斑変性症、網膜色素変性症等の目の難病をはじめ、先天的な目の遺伝病(姉妹三人)の視力も改善された例が沢山あります。従って眼科で治らない目の病気や症状も、ぜひ肝臓や腎臓を強くする、目の血流を良くする漢方薬の服用を勧めます。

 

ところで、連休の17日は15,6年ぶりに岩手の小岩井農場に行き、素晴らしい写真が撮れました!大雨の後で緑の草原、青い空、白い雲、赤いヤマボウシも発見!赤い鶏頭も鑑賞しました!