肝臓・腎臓を強める漢方で、肝機能・腎機能・尿酸が改善

月曜日が祝日だったので、今日の福島店は忙しかったです。新患も多く(腎機能低下、高血圧、耳鳴り、膝痛、飛蚊症、脳腫瘍など)、よくなった患者さんも沢山居ます。

例えば40代の時から脳腫瘍を2回手術し、漢方薬を服用して10年間再発していない男性や、生理不順・生理痛・不眠・イライラの30代女性は、不眠・むくみ・生理不順・生理痛など全部よくなりました。また、7月30日から漢方薬を服用している腎機能低下の80代男性は、漢方薬を服用前の7月25日のクレアチニン値2.64から8月20日の2.55、更に9月19日の2.45まで改善されました。(10種類の薬を服用していますが、まだ漢方薬を服用のことは主治医に話していません。残念です。)

平成11年の当時60代の時、痛風、肝機能・腎機能異常(クレアチニン値1.2、尿酸8.9)で漢方薬を服用し、今は痛風の発作もありません。肝機能・腎機能の検査も全部正常値になりました。ところで、この患者さんが平成25年から不眠・不安・動悸で漢方薬を服用している女性と仲良く話をしているところを見て、不思議に思って聞いたら、なんと男性はこの女性のお兄さん!初めて聞いてビックリしました。

 

写真の通り、今朝早く福島に来て、最後の桃を収穫しました。食べながら収穫して本当に美味しかったです。残念ですが収穫が遅くなり数もあまり多くないし、悪くなっているのも多いので誰にもあげませんでした。珍しく1本の桃の木に一つの綺麗な桃の花が咲いていました。この桃はいつ成長かな、冬に桃の収穫ができるのかなと思います。秋の風物詩の赤い花も見つけました。今年の桃の収穫終了を宣言します。来年また楽しみにしています。