大きい山茱萸の木を発見!

今日も忙しくて、今頭が回りません。朝10時に新患の患者さんの予約が2人あったので、早めに山形店に行きましたが、その中の一人の新患の末期がんの患者さんは昨日予約をしましたが、夜に亡くなったそうです。なんの癌だったのでしょう。いつ癌になったのでしょう。どういう治療を受けたのでしょう。大変残念です。お会いできませんでしたが、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

忙しい理由は昨日と同じで、予約の患者さんの他にフリーの患者さんが多く、新患の患者さんも多かったです。新患の患者さんは、十数年間耳鳴り・不眠・不安・胃痛・うつなどの症状がある60代の女性や、高校生の時から生理前症候群で頭痛・腹痛・落ち込む・不安・不眠・吐き気などの症状があり、ずっと婦人科や脳神経内科や心療内科の治療を受けて多量の薬を服用している20代の女性など。

大変珍しい患者さんのことがあります。4年前に当時40代の時に乳がんと診断された50代の女性は、手術を勧められましたが拒否して病院の治療を一切受けていなくて、食事療法や温熱療法などを一生懸命取り入れましたが、結局癌が大きくなって当薬局の漢方薬を服用している紹介で今日から漢方薬を服用します。どういう食事療法か聞いたら、山形の○○市の薬剤師から朝食を抜くことと、根菜類だけ食べると教えられて、1週間続けたら体重が激減して低血糖と低たんぱくになり、フラフラで歩けなくなってやめたそうです。なぜこのような根拠のない療法を教えたのか、とても理解出来ません。少なくとも最初の段階で手術は絶対受けた方が良いと思います。

 

今日は暖かくてとても良い天気でした。車で山形に行って、笹谷トンネルを過ぎて高速から降りてしばらく山道を山形方面に走っていたら、左側に大きい木で赤い実がたくさんついている見たことのない風景が脇見してないのに目に入って来ました。すぐに脇の駐車できる所に駐車して走って戻ってみたら、なんと大きな山茱萸(サンシュユ)の木でした。写真の通り木の上は真っ赤な実がいっぱいで、下にもいっぱい落ちています。だれも採っていないし、だれも食べていなくて鳥でも食べていないみたいです。採っていいですか?と誰かに聞きたかったですが、住んでいる人もいない田んぼの脇でだれもいなくて、大変申し訳ないと思いましたが、最後の写真の通りジャケットのポケットに入れて持って来ました。只今、スタッフ達に食べさせたらみんなやはり食べられない、美味しくないと言われましたが私は堂々と食べています。しぶくて酸っぱくて、少し甘みもあり野生のサクランボみたいかなと思います。山茱萸はよく使う漢方薬で、味は酸っぱい、しぶい、温める、肝臓・腎臓によく、効能は補益肝腎・渋精固脱(腎臓・肝臓を強め、精力を高め、頻尿を改善)。みなさん、もし近いうちに山形に行かれることがあったらぜひこの山茱萸の木の所に寄って採って食べてみて下さい。2~3週間するともう全部落ちて無くなってしまうと思います。

 

【写真】山茱萸の木