一年間お世話になり、良い年をお迎えください

今日は、仙台店も福島店も山形店も正月前の最終営業日で、忙しかったですが予想以下でした。でも、只今夕方5時、だるい・疲れ・気分がよくありません。3時頃にスタッフの一人は熱が出て中退して、夜の忘年会も欠席ですが、私は頑張って出席します。大変高級料理みたいです。

 

一年間の感想や出来事をまとめる前に、まず昨夜は留学生時の恩師の自宅に訪問し、また色々教えられました。元々小児科の医師でとても優しい先生で、私に「これから医者として一番大事なことは患者さんとのコミュニケーション」と言われました。とても同感です。80代の恩師は、今病院の薬を服用していますが、両足のむくみがひどく、重くて歩くのが困難の状態です。明日、漢方薬を届けに行く予定です。

 

今日は患者さんのことは書かなくて、一年の印象に残ったことを書きます。

①今年最年少で漢方薬を服用している患者さんは、心臓病の1歳の男の子。(命の誕生から計算すると、漢方薬を服用して妊娠した女性達は流産予防の漢方薬を飲んだり、つわり予防の漢方薬を飲んだりしているので、0歳、1ヶ月、数ヶ月の赤ちゃんも居ます。)

②漢方薬を服用して妊娠成功した沢山の患者さんの中で、最高齢で妊娠した女性は、6月に妊娠判明した46歳女性です。この女性は、44歳まで10年近く不妊治療をして一度流産してあきらめた後に当薬局の漢方薬を服用して自然妊娠に成功しました。来年4月47歳になった時に出産予定です。

③一番嬉しいことは、やはり余命を言われたり難病を診断されたりの患者さん達が漢方薬で元気になり検査結果が良くなったりしたことです。ちょうど1年前の平成29年11月9日から漢方薬を服用した89歳女性は、膀胱癌を手術後に転移して排尿困難になり余命3日と言われ、入院しながら漢方薬を服用しました。親孝行の息子さんが、あきらめないで当薬局の漢方煎じ薬を服用させて、その後は肝機能改善されおしっこも出るようになりました。どんどん元気になり無事退院。11月26日漢方薬を調合した時、息子さんの話によるととても元気で畑仕事もしていて関東の弟(息子)の所にも一人で行ったそうです。(今日最後に、悪性腫瘍・肺・心臓病で入院している少年のお母さんが来局。明日から漢方薬を服用する予定で、回復した高齢女性のことから勇気づけられると嬉しいです。)

④今年一番大変なことは、10月に山形産の生棗を食べ過ぎて下痢になり、次の日通勤の時に便漏れ・・・の時のお尻の下の温かいものの感覚は忘れられません。

⑤一番損になったことは、やはり株の下落。今朝の7時39分に届いた損益通知メールは、総合損益-19%で-98,018円(最初銀行の営業マンから100万円を勧められましたが半分カットして50万にしました。良かった・・・)

⑥今年一番美味しかった料理は、今晩の料理。まだ食べていませんが天ぷら料理です。

 

今年最後のブログなので、どんどん長くなり大変申し訳ありません。一年間皆さまから大変お世話になり、全国各地から当薬局の漢方薬を服用して頂き大変有難いと思います。心から感謝いたします。漢方薬の服用により、さまざまな病気や症状が改善されたり検査結果がよくなった方が多いですが、やはりなかなかまだ改善されない効果が現れない方も居ます。力不足で申し訳なく思います。来年は一層努力し、一層頑張りたいと思います。皆さまのご健康と幸せを祈り、良い正月をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。(皆さまに年賀状をお送りできませんが、私個人の来年の年賀状を、皆さまへの感謝の気持ちを込めて年賀状を送った方よりも早く送ります。例年の仙台店前に飾る干支の画も皆さまに送ります。実物を見たい方は、是非薬局前を通る時に見て下さい。)

 

 

また長くなりますが、最後に山形新聞の1月3日号の朝刊に載せるインタビュー記事を新聞より早く公開します。