漢方で円形脱毛の50代の女性は、真っ黒の髪がいっぱい!

今日のブログはできるだけ短くします。毎回、丁寧にブログを読んで下さっている患者さんから「いつも長い」と言われました。したがって、朝自宅マンションの階段と薬局駐車場の雪かきや、雪景色の鑑賞のことなどは省略します。

 

患者さんのことについて、まず甲状腺の病気の患者さんが多かったです。薬の副作用や放射線治療でも改善されない30代の女性、15年前に甲状腺機能亢進症と診断されずっと薬を服用して検査で肝機能・腎機能異常の60代の女性、二人はともに今日から当薬局の体質改善の漢方薬に切り替えました。平成27年7月、当時30代の時から橋本病で当薬局の漢方薬を服用している女性は、昨年10月31日の甲状腺ホルモンの検査は全て正常で、以前は肝機能・腎機能の異常もありましたが、すべて正常になりました。イライラ・不眠・頭痛・耳鳴り・息切れ・動悸・生理痛なども改善され、大変喜んでいます。

 

一番喜んでいる患者さんは、平成29年12月から漢方を服用している50代の女性です。この女性は、30代の時から額の一番目立つところに円形脱毛が出来て、皮膚科を何ヶ所か変わって健康食品やいろいろな塗り薬などでずっと良くならなくて、さらにだんだん広がっていましたが、約2年間漢方薬を服用して今日の写真の通り真っ黒な髪がたくさん増えて新しい白髪は一本もありません(写真の白髪は円形脱毛の部分ではなくもともとの所の白髪です)。時間がかかりましたが、ご本人のストレスが全部解消されてバンザイと言えるほど喜んでいます。円形脱毛だけではなく、実は腎臓・肝臓を強くし、血流を良くする漢方薬を少し長く服用すれば、髪が増えて白髪が減ることは可能です。しかし、私のように増毛の漢方薬を服用する人はなかなかいません(腎臓を強くする増毛の漢方薬を服用しているおかげで、腰も強くなって今日2ヶ所合わせて車15台分の広さの雪かきをしても腰は痛くありません。只今6時になっても腰を動かしても全然痛みも疲れもありません!)。

 

漢方薬服用前

 

漢方薬服用後

最後に書きたいことは、やはり流行しているインフルエンザの事です。明日のパーティーは結構人が集まりますので、インフルエンザ予防の為にマスクをつけた方がよいと思いますが、でも風邪ではないのにマスクをつけて挨拶も出来ないでしょう。朝イチで薬局のパソコンを開いてメールチェックをしたら、写真1の通り有名な漢方のお医者さんからインフルエンザの漢方処方を勧めるメールが届いていました。また、本棚を整理したら2005年の日本小児東洋医学学会のインフルエンザの漢方治療効果の論文を見つけました(写真2)。写真3の通りタミフルより熱が下がるのが早く継続効果があります。ご存じの通り、今年のインフルエンザはタミフルはもう効かなくて、最新のゾフルーザでもあっという間に耐性ウイルスが確認されたことを国立感染症研究所などが24日に発表しました。したがって、全国の医療機関に漢の時代の傷寒論の麻黄湯をはじめさまざまなインフルエンザ治療漢方薬を強く勧めます。しかし、残念なことは増毛の漢方薬を服用するのと同じでなかなか広がらないことだと思います。

 

【写真1】

【写真2】

【写真3】

せっかく雪景色を鑑賞したので最後に自宅マンションからの雪景色と薬局裏の雪竹の写真を掲載します。みなさんも鑑賞して下さい。

 

【雪景色】