漢方で統合失調症、腎臓の病気、鼻の病気、血液の病気、皆よくなっています

天気予報の通り、今日は暖かくなりました。月末でも週末でもないのに、今日の仙台店も福島店もとても忙しいです。メール相談や電話相談も多く、ずっと頭がピリピリと緊張していました。

患者さんのことについて、まず一番印象深いことは、全国からの来局や問い合わせが多いこと。愛知から茨城、北海道等。特に茨城からの患者さんは難病を含めて3名。次に印象深いことは、難病の患者さんが多いこと。再生不良性貧血の高校生、骨髄異形成症候群の20代の方、特発性血小板減少症の40代の方、IgA腎症の40代の方、悪性肉腫の高校生、乾癬の50代男性など。3番目に印象深いことは、精神不安と診断された方が多いこと。7種類の心療内科の薬を服用している高校生は、飲み過ぎです。あまり薬を出さない仙台の心療内科を紹介しました。

心療内科でてんかんと診断され、イライラ・不安・不眠・吐き気などの症状があり、平成18年9月から当薬局の漢方薬を服用して全ての症状が改善され、無事進学されて今は社会人になって、休まずに仕事をしています。お母さんがうつ病を診断され、今は7種類の薬を服用していますがなかなかよくならないため、今日から漢方薬を服用します。その他に統合失調症の20代男性、うつ病の60代男性。

 

最後に、本当によくなっている患者さんが沢山居ます。

一人は、昨年8月から漢方薬を服用している20代男性は、高校生の時から不安・動悸・時々不登校、高校3年生の時の心療内科で統合失調症と診断され、薬を服用していますが更に悪化して幻覚の症状もあり、仕事も辞めました。今日は、本人からとても元気な電話があり、幻覚・幻聴の症状はよくなり仕事復帰したそうです。ニキビや皮膚の痒み等で悩んでいて、今日は新たな処方の漢方薬に変わりました。

 

当薬局の漢方薬を服用して、自然に元気な子どもを出産された方が、元気な女の子を連れて来たので抱っこしました。この30代後半の女性は、お姉さんも当薬局の漢方薬を服用して元気な子どもを出産されました。本人の話によると、無痛分娩を選び、麻酔をしてなんと30時間もかかって最後に吸引して出産したそうです。

家族の中に4人お医者さんが居る70代女性は、高血圧・甲状腺の病気があり、ずっと病院の薬を8種類服用していますが、改善されません。高血圧・甲状腺の検査異常だけではなく、どんどん腎機能も悪化して12月26日から当薬局の漢方薬を服用し、12月6日検査のクレアチニン値1.05、eGFR39、甲状腺のTSH6490から今日の検査のクレアチニン値0.58(正常値は0.46~0.79)、eGFR49(正常値60以上)まで改善。もう少し漢方薬を服用すれば正常値になります。同時に甲状腺のTSHは3130(正常値は5000以下)で正常値になりました。ちなみに、ご主人は○○医科大学の甲状腺内科の教授で漢方薬に興味があり、当薬局の漢方薬を認めています。

悪性肉腫の高校生、弁膜腫の30代女性は再発もなく喜んでいます。

 

忙しくて疲れましたが、よくなった患者さんが沢山いるので、とても嬉しく充実した一日でした。