10ヶ月の漢方で20代の漢方の頭痛・めまい・不眠・イライラ・不安・胃痛・耳鳴りが9割改善

まず、昨日のブログを訂正します。①講演会の煎じ薬試飲の忘れは主催側のスタッフではなく私です。②これから高校卒業の特発性血小板減少性紫斑病の男の子の血小板の数値について、最近風邪を引いた時血小板が5万台に下がることがありました(7万台ではありませんでした)。③なおこの高校生にこれから十分な睡眠を取って仕事を頑張って欲しいと書きましたが、仕事ではなく医療福祉系の学校へ進学されるそうで、本当におめでとうございます!新しい学生生活もがんばって欲しいです。

 

今日は一日で山形店で仕事です。暖かいせいか朝から忙しかったです。患者さんについて、不安・パニック障害の30代の女性、胃ガン・食道ガン2回手術した後すい臓炎になって貧血・肝機能・腎機能異常の60代の男性、耳鳴りの60代の女性、乳ガン転移手術後の80代の女性(平成24年から当薬局の漢方薬を服用して、今転移再発は無くとても元気です。この方の家族と親戚5人も当薬局の漢方薬を服用しています)、肥満の40代の女性(12月25日から当薬局の漢方薬を服用して2kg痩せたそうです。この方の妹さんもお母さんも当薬局の漢方薬を服用して症状や病気が改善されています)、40代の不妊症の女性、糖尿病の30代の男性など。

 

よくなった患者さんもたくさんいます。例えば、数年前からイライラ・不安・不眠・めまい・頭痛・耳鳴り・食欲不振・胃痛の20代の女性は、心療内科に行くかと悩んでいた時当薬局の漢方薬を服用してよくなった親戚の紹介で、平成30年4月から体質改善の当薬局の漢方薬を服用してさまざまな症状が改善されました。ご本人の話によると、時々耳鳴りがある以外、頭痛・めまい・イライラ・不安・不眠・胃痛などはすべて改善され、仕事や家事も出来るようになったそうです。しかし、元気になって食欲が出て体重が増えたそうで今日から体重を減らす漢方に変わりました。もちろん、ご本人に運動と食事管理についても話しました。10代20代で精神的な症状がある方や、精神疾患と診断されて心療内科の治療を受けてもなかなか良くならない方で、当薬局の体質改善の漢方薬で全身のさまざまな症状が改善されて学校や仕事に復帰された方は多いです。月曜日のブログに書いた心療内科の薬を多量に服用してよくならない患者さんに、仙台の知り合いの心療内科を紹介しましたが、この心療内科はわりと処方される薬は少ないですがゼロではありません。当然薬を一切ださない病院もありますが、私が知っている限りでは杏林大学病院と岡山大学病院しかありません。しかし、何人かの患者さんに教えて問い合わせたところ予約は2~3年待ちと言われました。