免疫力・体力を高める漢方で乳癌、肺・骨転移の60代の女性の腫瘍マーカーが下がった

今日は写真の通り山形は冬に戻りました。山はずいぶん雪が積もって真っ白です。山形のスタッフに聞いたら、昨夜ずいぶん雪が降ったと言われました。

【写真】バスの窓から撮った雪景色

 

最近、癌の患者さんについてあまりブログに書いていませんでしたが、実は漢方を服用してよくなった患者さんはたくさんいます。今日の癌の患者さんの中の一人は、多発性骨髄腫と診断され抗がん剤治療前から免疫力・体力を高める当薬局の漢方薬を服用している男性で、今日メールがあり1月末から抗がん剤治療を受けてお医者さんから髪抜け・白血球の減少・食欲不振など強く副作用があると言われていましたが、3月2日まで繰返し抗がん剤治療のなかで2日位食事が摂れなかったくらいで他の副作用は出なかったそうです。主治医から同じ抗がん剤治療を受けている同じ病気の方より副作用が随分軽いと言われたそうで漢方の効果を実感しています。4月中旬からまた他の治療がありますが、ご本人はぜひ漢方薬を継続したいと考えています。

 

もう一人の2001年に乳癌の手術を受けリンパに転移、その後抗がん剤治療を受けて2011年に肺転移、2016年骨転移でずっと抗がん剤治療を受けている60代の女性は、癌が小さくならず腫瘍マーカーも下がらなくてビタミン療法や免疫療法・ホルモン療法などいろいろな治療を試しても腫瘍マーカーがどんどん上がっていました。昨年12月20日の検査でCA15-3は40、1月17日は43で上がって2月14日から腫瘍マーカーを下がる中心の漢方薬を服用して今日最新の3月14日の検査結果では38まで約1年ぶりに初めて下がりました。ご本人は大変喜んで久しぶりに笑顔になりました。腫瘍マーカーは少ししか下がっていませんが、本人にとっては勇気や自信がついて希望が見えたかなと思います。

 

実は今日、福島店と山形店は午後仙台店での研修のために休みました。本来は少なくても年に一度全店舗合同で研修をしなくてはなりませんが、震災後中断していました。今日は4月からの新年度、新しい時代(4月1日に新年号が発表されます)に合わせて研修会を実行しました。

Posted in