約2週間の漢方服用で網膜色素変性症の70代女性の視力が改善

今日の昼休みには当然、幸〇苑のラーメンを食べに行って500円の食事券を一枚使い、プラス29円で昼食しました。塩味、味噌味、醤油味のどれにしようか迷いましたが…塩味にしました。当然、水を沢山入れて味を薄くして食べました。3/31までに残るは4日間、残りの食事券は1枚。金曜日か土曜日に仙台で最後の一枚を利用してラーメンを食べるつもりです!4月からしばらくラーメンを食べないようにしたいです。ラーメンが好きな方が多いと思いますが、今日のIgA腎症の20代の男性もラーメンやカップメンが好きだそうで…そうすると塩分、調味料、添加物が多く、腎臓に悪影響なので出来るだけラーメンを少なく、出来るだけ汁を飲まないでほしいです!今日もスタッフに「水で薄めても汁は飲まねんだべ?」と確認されました。当然です!!

 

今日の患者さんについて

  1. やはり全国の患者さんが多かったです。三重、京都、東京、県内は各地。
  2. 病気について、肺ガン、膀胱癌、IgA腎症、円形脱毛症、生理不順、うつ病、喘息、糖尿病、湿疹、頭痛、花粉症などなど。
  3. 年齢は10代から80代です。10代の夜尿症の男の子、生理不順の女学生や円形脱毛症の大学生、一番の高齢は88歳の癌の患者さんです。この患者さんは、浜通りから朝一番のバスで息子さんと来局してくれました。同じ浜通りの当薬局の漢方薬を服用してガンが小さくなり、様々な症状が良くなった70代女性の息子さんからの紹介でした。この女性は、8年前に食道がんを手術後、肺やリンパに転移し、高齢でなかなか治療できずに検査だけの状態です。しかし今年2月からは咳が酷くなって食欲不振、病院の多量の6種類の薬を服用していますが副作用が強いので、今日から漢方薬を服用開始します。
  4. 良くなった患者さんも沢山いました。例えば平成25年、当時10代から当薬局の漢方を服用している男性は、今は社会人になっています。昨年5月まで漢方薬を服用し約一年間ほど漢方をその後は服用していますが、腎機能や尿検査が良くなって安定しています。またお父さんとお姉さんが糖尿病の60代の女性は50代から糖尿病、肥満で平成30年7月6日の検査で血糖253、HbA1C9.5、体重74㎏。7月下旬から当薬局の漢方煎じ薬を服用し、最新の今年2月6日の検査で血糖値119、HbA1C6.9、体重65㎏まで改善しています。
  5. 僅か二週間の漢方煎じ薬を服用して、目の難病に効果を感じている方もいます。3月9日のブログに書いた京都から娘さんと来局した60代から目の難病の網膜色素変性症と診断、眼鏡をかけても視力は0・5以下、両目視野損失率90%以上の70代女性から今日、喜びのメール報告があり、腎臓、肝臓を強めて血流を良くし、視力や視野改善の漢方煎じ薬をわずか2週間の服用で効果を感じているそうです。娘さんによると「最近、パァッと眩しかったのが少し和らいだようになり、楽になったと感じています。漢方の効果に驚きました。」と言われました。もちろん、まだまだですが少なくとも、今までずっと悪化し続けた視力、視野が少しでも改善し実感している様で嬉しく思います。もっと良くなることを祈ります。

 

昼休みに福島駅の観光案内所に行って花見山の花見情報を収集に行きました。4月上旬が見頃だそうで…来週の水曜日には朝5時に起きて花見山に行こうかなと考えてます。