60代の女性の肺の4mmの影が3ヶ月の漢方でなくなった

今日はとても良い天気ですが風が大変強かったです。やはり、入学や進学のシーズンでお父さん・お母さんが当薬局の漢方薬を服用している女の子は4月から高校2年生で、お父さんからさらに反抗期に入っていると聞きました。また、皮膚のアレルギーや喘息で漢方薬を服用している双子の男の子と女の子はともに高校1年生です。新患のひとりの10代の女の子は、イライラ・のぼせ・冷え・だるい・不眠・息切れ・動悸・息苦しい・めまい・生理不順などの症状がありますが、医学部を目指して勉強を頑張っています。漢方でさまざまな症状が改善され医学部に合格することを祈ります。

 

よくなった患者さんもたくさんいます。ほぼ毎日のめまいで仕事に影響していた当時30代の女性は、9年前に当薬局の漢方薬を半年間服用して今再発は一切ありません。例えば、今日強い風で女性のめまいは起きやすいですが、今日来局したご本人に聞いたら一切めまいはないと言われました。また、ひとりの60代の女性は39歳の時健康診断で肺腫瘍と診断されその後の精密検査で異常はありませんでしたが、平成27年の健診で左肺に4mmの白い影があると言われその後のCT検査でも同じく左肺に影があると言われました。様子をみると言われましたが、お父さんが肺癌・お母さんも血液の癌・お姉さんが乳癌で50代で亡くなっていたのでとても不安で平成29年10月から当薬局の肺を強くして腫瘍と影が小さくなる漢方薬煎じ薬を3ヶ月服用しました。3ヶ月後の検査で肺の影は小さくなり、今日ご本人が1年半ぶりに来局。昨年10月の健診で肺の影は完全になくなっていたと言われ喜んでいます。今日から目の病気や扁桃腺の症状改善の漢方薬をまた服用します。また様々な症状が改善されることを祈ります。

 

写真の通り、今朝やっとゆっくりきちんと新元号の『令和』を書きました。前回より自己満足度は高くなりましたが、令の下の縦線が墨がにじんで丸くなってしまったことが残念です。また、昼に令和の由来の梅の宴に合わせて福島の梅を手本にして梅の絵も書きました。最後に私事ですが、5時から仙台市内で宮城県華僑華人連合会の総会と懇親会があり、2期4年務めた会長職を任期満了により退任します。これから死ぬまでもう一度立候補する予定はありません。やはり、4年間大変でしたが日中友好、日中文化交流に尽力したことで充実して感慨深い4年間でした。1期2年の時も止めようと思いましたが、なかなか立候補者がいなくて止むを得ずもう2年続けました。幸い東北大学の教授が次期会長に立候補して、私は退任します。バンザイ!バンザイ!!

 

【写真】