三ヵ月間の体質改善の漢方で10代少女の腹痛、胃痛、頭痛など全身の症状が改善

今日の福島は一日中、曇り空でした。朝一番からずっと超忙しくて、疲れました!連休のせい!

 

今日の患者さんについて

  1. 遠い患者さんが多かったです。福岡、愛知、茨木、東京などなど
  2. やはり難病の患者さんも多く、間質性肺炎の60代男性、非結核性抗酸菌症の50代と60代の女性、パーキンソン病の60代男性と70代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、肥大性心筋症の50代男性、網膜色素変性症の70代女性など
  3. 良くなった患者さんも沢山いました。例えば、十数年前から全身湿疹、痒みで3カ所の皮膚科を変えても良くならず、痒くて眠れない60代男性は、今年2/25から当薬局の漢方服用で本人によると「6~7割ほど痒みが改善し、夜は眠れるようになった」と言われました。また、十数年前から糖尿、痛風、耳鳴り、難聴、脊柱管狭窄症などで十数種類の薬を服用している70代男性は、糖尿、痛風が良くならないだけではなく腎機能も低下し、昨年11月から当薬局の腎臓強化の漢方服用で腎機能が改善。尿酸、糖尿も改善しています。例えば漢方服用前の昨年11/5の検査ではクレアチニン2.05、尿酸9.4、ヘモグロビンA1c7.9でしたが、最新の今月9日の検査ではクレアチニン1.71、尿酸6.8の正常値になりヘモグロビンA1c7.8にまで改善しました。他にも特に嬉しい事は、十代、二十代の夜尿症や円形脱毛症、潰瘍性大腸炎などが良くなっていることです。例えば昨年夏から腹痛や胃痛、下痢、便秘、ゲップ、味覚異常、不安、落ち込みなど病院で過敏性腸症候群と診断され薬でも良くならず心療内科を紹介されると、今年に入って更に悪化し、通学の電車でも腹痛や吐き気、時々学校を休んでいた十代少女は、今年1月末からの漢方服用で、今日のお母さんの話によると腹痛や胃痛、頭痛、下痢など全身の症状は9割以上改善、毎日元気で楽しく学校に行ってうるそうです!

 

次回、福島店への出勤は連休明けの5月8日に14日間ぶりになります!薬局を出る時、患者さんも含めて皆で「再会!!」と言いながら手を振って別れました。写真の通り、薬局前の牡丹はキレイに咲き始まっています…連休中には素晴らしく満開になるでしょう!