見頃の牡丹は毎年見ることができません。。。

今日は昨日よりさらに過労!予約の患者さんの他にフリーの方も多かったです(汗)

また北海道や横浜、静岡、新潟、東京等の患者さんからのメール、電話相談や昨日東京で一泊して、今日新幹線で来局してくれた滋賀県の方もいます。この方は昨年夏から胃腸、皮膚等の症状や病気で京都や札幌の漢方薬を服用しても良くならず、当薬局に来てくれました。

 

良くなった患者さんも沢山います。例えば、一年前から(5/14)漢方薬を服用している腎臓病で腎機能異常、そろそろ透析と言われた60代の男性は昨年5/8の検査でクレアチニン3.05、eGFR17から、だんだんと改善され最新の今年4/8の検査でのクレアチニン2.37、eGFR23にまで改善され、令和元年の目標はクレアチニン2.0以内、eGFR30以上と設定しました。ところでこの患者さんは今日も葬儀に参加します。昨年12月から6回目で身内の親戚や家族、友人など50代から90代までの方が亡くなり、葬儀の前後は必ず落ち込んでいるそうです。ちなみに今日の葬儀はお姉さんのご主人のお父さんで97才だそうです。「こんなに長寿で亡くなったので、あまり悲しまなくてもいいかな」と言いました。

 

今日は14日ぶりに福島店での仕事で、やはり写真の通り…牡丹は全て咲き終わりました。一番見頃の時に見られず、とても残念です。。例年、毎年の満開の時期はGWの間なので、満開の牡丹は今後も見られないでしょう。。

下の写真の通り連休の間に自然食を食べました。苦いタンポポの葉っぱと生臭いドクダミです。調理法は、タンポポの葉っぱは煮てサラダに、ドクダミは洗ってそのまま生サラダにしました。どちらも美味しかったです。ドクダミも良く使う漢方薬で生薬名は「十薬」(中国語は魚腥草と言います)効能は清熱解毒、消腫消食、利尿除湿などです。

皆さんもぜひ食べてみてください!