5ヶ月間の漢方服用で緑内障の60代女性の視力が0.08から0.7にまで改善!

今日は仙台も福島も曇り時々雨で、とても涼しいです。

全国からの電話やメール相談が多く、やはり皆さん難病や症状で苦しみ、悩んでいます。

例えば近畿・関西圏のIgA腎症の30代女性や、東北北部の間質性肺炎の60代女性、関東圏の網膜色素変性症の60代男性、静岡県の骨髄異型性症候群の60代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山いました。

例えば心療内科の薬や胃腸薬など7種類を服用している吐気、食欲不振、不眠、眩暈、便秘などの症状で悩んでいた30代女性は今年1月から当薬局の体質改善の漢方薬服用で、4月に来局の時は「全身の症状が6割改善している」と言われ、今日二ヶ月ぶりに来局したら全身の症状は8割以上が改善され、漢方薬も一ヶ月分を2ヶ月かけて服用しています。

また、8年前から緑内障と診断され、眼科の治療を受けていても視力がだんだん低下し視野が狭くなり、両目は飛蚊症もあり今年1月16日から腎臓や肝臓を強くして血流を良くする漢方薬を服用し続けました。今日最新の眼科の検査結果を聞くと(今月7日検査)、漢方服用直前の左右の視力0.08から右が0.7、左は0.1にまで改善され、また、飛蚊症も無くなり頭痛、肩こり、手足の痛みや痺れも改善されて喜んでいました。今月末には眼科の視野検査をする予定だそうで、たぶん視野も改善していると思います。

眼科では色んな病名がありますが、漢方医学では病名に関係なく、肝臓や腎臓を強くし血流を良くすることによって視力を高め、視野や飛蚊症、充血、ドライアイなどの症状も改善する、と考えます。このような漢方治療法で先週20代の先天性緑内障をはじめ遺伝性の目の病気や様々な目の難病の患者さんの視力や視野が改善する例は沢山あります。

眼科で治療を受けている、視力や視野などが悪化している時は是非、諦めないで漢方薬の併用をまずは勧めます。

 

昼休みに、久しぶりに〇〇気象台の敷地に視察に行きました。以前、桃を採りに行った事があり、職員とやり取りもあった印象がありましたが、今日は職員には誰も会えなく、桃の木が3本、杏1本、桑の実1本を確認しました。杏はまだ真緑ですが桃の実は大きくて色つきもよく美味しそうです。桑の木はとても太くて葉っぱも大きくて元気ですが、桑の実は少なかったです。でも、大きい完全に熟していない桑の実2個を採って食べたら最初は美味しかったですが、その後は少し舌が痺れました。何か口の中で反応した一瞬だったのかなぁ。午後になっても全然中毒の症状はないので、とりあえず安全を宣言します。来週はたぶん熟して紫色になると思うので、また視察に行く予定です。

昼休みに出掛けた時、携帯を薬局に忘れて行ったので桃や桑の実の写真を撮れなかったのが残念です。。。