不妊症の漢方で産まれた6ヶ月の男の子を抱っこ!重かった!!

今日は世の中は3連休明け、私は2連休明けで予測の通り忙しかったです。やはり、連休の時はみんなゆっくり自分の体のことを考え、ゆっくりホームページを見て新しい情報を収集するかな。したがって福岡、静岡、大阪、東京、京都から3件など全国からのメール相談や電話相談の方が多かったです。他の患者さんのことは省略しますが、最後に不妊治療を繰返してもなかなか成功せず、当薬局の漢方薬を服用して元気な男の子が産まれた30代の女性が息子さんを連れて来局しました。お母さんの許可をもらって抱っこして一緒に写真を撮りました。とても6ヶ月とは思えないほどよく笑って、私とタッチして最後には手を振って帰りました。この女性から何回も感謝の言葉をいただき「侯先生のおかげで、懐仁堂の漢方のおかげで宝の子どもに恵まれました。息子が大きくなったらその時第2子が欲しいです」と言われて、私からこれから全ての家事はご主人がするように言って下さいと言いました。元気で成長することと、早く第2子が授かるよう祈ります。ちなみに、6月に47歳直前で産まれた女の子の名前の1文字にも「心」、今日の男の子の名前の1文字にも「心」、また3月に産まれた30代の女性の娘さんの名前にも「心」が入っていました。偶然かな。でもみんなとても良いお名前です。