半年の漢方で散歩出来ないほど腰痛の50代男性は著しく改善!

今日の山形も当然暑い。仙台より一度だけ高い。

 

患者さんのことについて、腎臓病の患者さん多い。そろそろ透析と言われた70代男性、IgA腎症で腎臓を悪くした60代女性など。二人とも当薬局の漢方薬を服用して腎機能が改善しています。

例えば、70代男性は昨年7月から当薬局の漢方薬を服用、服用する前の昨年7月のクレアチニンは5.11でしたが、すぐに効果が出て昨年9月のクレアチニンは4.19、11月は4.72、今年1月は4.46、3月は5.26、6月は4.72、7月は4.98。

もう一人の60代女性も、5年前の50代のとき1.23、今は1.1~1.2まで安定していますが、7月中旬の検査で1.3に初めて悪化しました。本人に何か生活で変わりましたか?と聞いたら、東京から実家に帰って来た鬱の息子さんの治療や就職、今後の生活など悩んで大変ストレス、不眠になったと言われました。絶対この影響だと思います。

 

ご存じの通り、腰痛の患者さん多い。整形外科で検査正常、痛み止めの薬を服用しても良くならない。次に心療内科を紹介される。そういうとき腎臓を強くする漢方薬をお勧めします。

昨年10月から当薬局の漢方薬を服用している50代男性は、1年前から散歩も出来ないほど腰痛があり約半年漢方を服用し、著しく改善し散歩もできるようになった。また、EDも改善され、本人の話によると漢方を服用する前より20~30%改善された。1つの腎臓を強くする漢方で、腰痛だけではなく様々な症状が改善されているのは西洋医学と違うところです。

また新患の2人の方は(40代女性と50代男性)ともに腎臓病で透析を避けるために当薬局に来ました。もちろん2人は、大量の薬を長期間服用しています。例えば50代男性は、今8種類の薬を服用し、腎臓・血液検査結果はどんどん悪化。肝機能も異常。2人はともに若い。漢方で腎機能がよくなることを祈ります。