10歳から漢方薬を服用している男子大学生、就職決まる!

今日もとても忙しい、新患の方も多い。

70代の男性は、心臓の手術で4ヶ月入院。その途中で声が出なくなり、発声のリハビリを受けましたがなかなか戻らない。なんとか当薬局の漢方で改善したい。

 

小・中学校は学校が始まりましたが、大学はまだまだ。2人の大学生が来局。

一人の大学生は20代女性、不安・落ち込む・不眠・途中で目が覚める・めまい・立ちくらみ・動悸・息苦しい・吐き気・ゲップ・冷え・足むくみ・生理痛などが酷くて、病院では鬱と副腎疲労症候群と診断。4年前から病院の治療を受けていますが、なかなか良くならなくて、今日来局の本人とお母さんの話によると、全身の症状は全部軽くなった。むくみ・吐き気・ゲップ・目の疲れ・ドライアイなどは改善され、不眠・動悸・息苦しい・めまいなども軽くなったと大変喜んでいます。

 

もう一人の大学4年生の男性は、10歳のとき夜尿症で当薬局の漢方薬を服用し1ヶ月で改善され、合宿に行くことができました。その後、無事に高校へ、東京の大学へ進学。その間できる限りの支援をしました。大学2年生のときに、遺伝性の高血圧と診断され、病院から一生薬を飲むよう言われました。H29年8月から、また当薬局の漢方を服用し、血圧が正常、安定しています。例えば、8月30日、朝の血圧は134/77、8月31日は124/71、9月1日は134/70。今、1日1回の漢方の服用で安定している。3月のブログにも書いた通り、「是非、大学の桜を見に来てください。」と誘われていたので、この春、大学の桜を見に行きました。今日は半年ぶりの再会、そして大変嬉しいのは、来年春大学を卒業見込みだけではなく、なんと日本一の食品関係の会社に就職することが決まりました!そのお祝いに、お母さんも一緒に3人でお昼に中華を食べました。写真の通り、二人の後姿の記念撮影をしました。「どちらの背が高いですか?」とお母さんに聞いたら、「息子の方が背が高い。」と言われました。やはり自分の息子の方がそう見えるのかなと思います。ちなみに、この大学生は、20年後実家の山形に戻り、会社を創る目標があります。私から、40歳では遅い、30~35歳までの方がいいとアドバイスしました。頑張って欲しいです!!

 

<写真>