腎臓を強く漢方で70代女性の股関節痛と腰痛が改善!

今日は車で福島に行きました。印刷物を薬局に運ぶだけではなく、梨と桃を仙台に持ち帰るのが大きな目的です!写真の通り、朝一番で例の果樹園の庭で梨を収穫しました(写真の通り、梨の木の下には本当に沢山の落ちた梨があり過ぎます。でも不思議に人間だけではなく動物もカラスも鳥たちも食べないみたい。。。)。帰りは飯坂の花桃公園に桃を大収穫しに行く予定です!

 

患者さんについて、まず先週の土曜日にブログに書いたエイズに感染している猫のお母さん(人間)から喜びのメールが来て、食欲がでて元気になったと報告がありました。やはり体力や免疫力を高めるのは人間と同じく一番大事です。

また40代女性は、昨年11月からの漢方服用で昨年10月の検査の肝機能のガンマGDPの237から今年8/7の160にまで改善し、血糖値も139から114にまで改善し、大変喜んでいます。

不眠、不安感、耳鳴り、難聴、股関節痛、腰痛で多量の薬を服用している70代女性は、6月からの漢方服用で耳鳴り、難聴はまだ変わりませんが今日の本人によると先月から右股関節の痛みが良くなって自由に歩けるようになりました。この女性の漢方は腎臓を強くする漢方で、腰や膝が丈夫になる、と同時に耳鳴りや聴力も改善できます。しかし十数年前からの難聴や耳鳴り、高齢なので完全に良くなるのは難しいですが進行を遅らせ、ある程度の改善はできると思います。また、3年前の冬に酷い咳があり、病院で非結核性抗酸菌症と診断されたそうなので、これから冬には肺を強くする漢方に変わる予定です。