漢方で60代男性の腎機能のクレアチニン値も尿酸値も改善

今日の仙台は涼しい。でも、まだ私は半袖のままです。何故まだ半袖を続けるかを患者さんに説明しました。今年の夏はとても暑くて長くて、急に涼しくなっているため毛穴がまだきちんと閉じていません。毛穴がきちんと閉じると体内の熱が逃げないので、保温効果を高め冬の冷え性や風邪予防になると考えられます。従って、しばらく半袖生活を続けます。

 

今日の患者さんのことについて、難病と癌の患者さんが多いです。

関東のIgA腎症の40代女性をはじめ、9歳からネフローゼの60代男性、14歳からネフローゼの20代の大学生、乳癌と卵巣嚢腫を手術後に骨転移の60代女性、乳癌と腎臓ネフローゼの50代女性、卵巣癌を手術後にリンパ転移し抗がん剤治療をしている40代女性、食道癌を手術後に放射線・抗がん剤治療を受けて肺転移の60代男性など。

腎臓の病気の患者さんが多いです。ネフローゼ、IgA腎症の他に15年前から高尿酸症、腎臓血液、腎機能がだんだん異常の60代男性、三十数年前から高血圧・高尿酸・多発性腎嚢胞で病院の薬を5種類服用していますが十数年前から腎機能がだんだん低下している60代男性は、昨年5月から当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用し、腎機能のクレアチニン値だけではなく尿酸値も血圧も改善されています。例えば、漢方薬を服用前の4月検査ではクレアチニン値2.49、尿酸値7.8でしたが、最新の8月検査では、クレアチニン値2.26、尿酸5.6まで改善されています。

 

今日も大変忙しく、明日も予約がいっぱいなので、今晩は早く休みたいです。