流産2回の女性は、漢方で元気な2人の女の子が産まれました

今日は忙しいです。月末と、増税前の駆け込み・・・。実はスタッフの一人は、2年前から高血圧等で「体質改善の漢方薬を服用したい!服用したい!」と言っていたのに、ずっと服用していませんでした。私は強要を一切していないのに、昨日「今日から漢方薬を服用したい」と言われて、「何故急に?」と聞いたら「10月からの増税前に」と言われました。

 

今日の患者さんのことについて、耳鳴りの50代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、脳腫瘍を手術後に再発してまた手術した60代女性、卵巣癌を手術後に腹膜転移の70代女性、十数年前から全身がかゆくて6ヶ所の皮膚科に通ってもよくならない70代女性、てんかんの10才の男の子、アトピー性皮膚炎の8才の女の子、先天的な心臓病で手術後にまた血液逆流の1才9ヶ月の男の子、緑内障と視神経異常の目の難病の50代女性、頭痛・めまい・吐き気・不眠の30代女性、肺癌を手術後に転移の50代女性などなど。

 

多数のよくなった方のことは全部省略しますが、6年ぶりに長女と来局した30代女性のことだけを書きます。この女性は、2回流産をして婦人科検査は正常でしたが、平成22年当時20代の時に流産予防の当薬局の漢方薬を服用し、平成23年に元気な2917gの女の子を出産されました。2年後の平成25年に第2子が欲しくてまた当薬局の漢方薬を服用し、2週間早く産まれましたが平成26年に元気な2600gの女の子が産まれました。

長女は緊張しやすいこと等があり、また体力免疫力を高めるために当薬局の漢方薬を服用します。妊娠中も当薬局の漢方薬を服用していたので、この7才の女の子は漢方薬に一切抵抗はないと思います。今日から当薬局の漢方薬を服用します。次女も当薬局の漢方薬と縁があり、時々少しでも良いので妹さんにも飲ませてみて下さいと言いました。