漢方薬の服用で腎機能が改善

今日は寒かった。忙しくて忙しくて、明日から正月の感じ。予約以外にもフリーの方の来局や電話やメール相談も多かったです。

 

患者さんのことについて、まず精神疾患の方が多いです。パニック障害の30代女性、統合失調症の20代女性、不眠・イライラ・てんかん・自閉症の13歳の男の子、不眠症の17歳の男の子など。

特にさまざまな病気で腎機能異常の患者さんが断トツに多いです。病院の薬を4種類服用していて高血圧・尿素窒素が高い新患の70代女性の他に、下記の2人は当薬局の漢方薬を2年から4~5ヶ月間の漢方薬で腎機能が全て改善されています。

①50代男性。平成29年8月18日から漢方薬を服用。病気は原発性高血圧。病院の血圧の薬2種類服用。

漢方薬を服用前の平成29年7月5日のクレアチニン値1.25、最新の今年7月5日の1.13まで改善。

②50代男性。令和5月25日から漢方薬を服用。病気は高尿酸、痛風。病院の薬6種類服用。

漢方薬を服用前の令和5月始めの検査でクレアチニン値2.89、最新の10月10日検査で2.51まで改善。

 

病院の薬を6種類服用していて腎機能低下の80代男性は、今年5月から2ヶ月間腎機能を強める漢方薬を服用しましたが、継続していなくて数ヶ月ぶりにまた来局。やはり多量の病院の薬を服用して更に腎機能が低下し肝機能低下。病院からこれ以上薬を処方できないと言われてまた当薬局の腎機能を強める漢方薬を服用します。5月の検査でeGFR40でしたが、最新の10月10日検査では、eGFR20まで腎機能低下しています。透析もそろそろと言われたそうです(eGFRの正常値は60以上)。今度こそ継続すれば良いなと思います。

とても嬉しいことは、今年11月始めから漢方薬を服用している30代女性が2日前に自然妊娠が判明。流産をしたことがあるので、今日から流産予防の漢方薬を服用します。無事な妊娠と出産を祈ります。

 

個人のことですが、一身上の都合で今年は年賀状を出さないかなと何回も考えましたが、やはり考えを撤回して年賀状を出します。できれば1~2日中に原稿を書きたいです。しかし、来週土曜日からの学会発表のスライドがまだできていません。でも、年賀状を先に考えます。