漢方だけで60代女性の腫瘍マーカーは正常値になりました

今日の山形は、山は雪、市内は雨です。

患者さんのことについて。全国から難病の患者さんの問い合わせが多いです。山口県、三重県、東京都など。血小板減少性紫斑病、網膜色素変性症、電磁波過敏症など。電磁波過敏症の10代の大学生は、全ての電気製品、スマートフォンに過敏で頭痛・めまい・吐き気・などの症状があり、やむをえなく7月から大学を休んでいます。漢方で過敏の体質を改善し、大学に復帰することができればうれしいです。

 

ガンの患者さんも多いです。甲状腺癌の手術後、放射線治療を受けリンパ線に転移の70代女性は、義理の妹さんの紹介で来局。義理の妹さんも癌の手術後、腫瘍マーカーはだんだん高くなり、昨年9月の検査でCA19-9 54(正常値は37以下)病院から様子を見ると言われましたが、昨年11月から友人の紹介で当薬局の免疫力を高める、ガンを抑制する漢方を服用開始。その後の検査で腫瘍マーカーの数値がだんだん下り、今年の3月の検査で50、最新の10月の検査で正常値以下の36まで改善。本人はとても安心し不眠・不安症などの症状もよくなりました。

実は、一人一人の患者さんに合わせ調合できる癌治療の漢方薬は、手術後早めに服用することが再発・予防の一番理想だと思います。

 

【写真】