漢方で肥大型心筋症の60代女性の検査がまた正常!

お久しぶりでした!

今日の福島店はチョーチョー忙しかったです(汗)

まず今日の患者さんについて、妊娠16週目の40代女性は少し出血がありましたが乗り越えて順調です!また、不眠症の60代女性は漢方服用前の睡眠時間は平均2~3時間から5時間にまで改善されました。また、脳腫瘍を2回手術した40代男性も先月11月のMRI検査で再発・転移・異常なしです。また20代女性のお母さんからは電話があり「10月から漢方服用をしている娘は生理痛が著しく改善され大変楽になった」と言われ、お母さんは今年3回の頻脈や発作で病院での点滴を受けていました。特に「12月初めの発作は1分間に170回の頻脈で10分間続いた」と大変怖くて是非、当薬局の漢方薬を服用したいと申し出がありました。

 

実は今日、もう一人の心臓の難病の60代女性も来局し、今までもブログに書いていますが昨年6月から肥大型心筋症と心臓弁膜症と診断され、動悸・息苦しい等の症状がありました。心臓を強くする当薬局の漢方を服用して昨年のお盆と今年のお盆は2回続いて数年ぶりの親類の高台のお墓参りと草刈りもでき、お墓がキレイになったそうです。今日は10月の心臓の検査結果、血液検査を持って来て、なんと心臓は普通の大きさになり弁膜症も改善され「普通の様に心臓が働いている」と診断されたそうで、本人は大変安心して喜んでボランティア活動をしているそうです。元気になってあまり疲れないでほしいですが。。。

 

学会参加についての報告ですが、写真のように桜島は毎日活動していました。従って、鹿児島市内ではアチコチに粉じんがありましたが、鹿児島はとても良い印象を受けました。スタッフから毎日「お土産はイモ焼酎」とリクエストがありましたが、今日、違うものを渡すと、とても不機嫌になりました。。。

 

 

今年の学会は初めて日中ガンのシンポジウムを設け、中国の上海、忠西結合医学会から3人の教授が参加に来日しました。やはり、先進的な西洋のガン治療と免疫力・体力を高める漢方薬の併用は一番効果的なガン治療法です。

最後に、私が今回発表した不妊治療について、大変反応が良かったです。知事や有名な方も居た中で、特に産婦人科の病院の先生方から質問が相次ぎ、流産予防の漢方法や男性の不妊の漢方治療法について質問が多くされました。ちなみに、ある先生の今までの経験で最高齢の自然妊娠の年齢は45才だそうです。従って、今回発表した46才11ヶ月10日の自然妊娠・出産の女性の例は記録的と言えます。