今日もたくさんの患者さんの肝機能・腎機能・すい臓機能が改善

 ただいま南国にいる患者さんから満開ではないですが7分咲きの桜(河津桜)の写真が届きました。まだ寒いですが、いち早く春の便りが届いて大変嬉しく有難いです。さっき北国の青森からご夫婦が来局しましたが、寒くて雪が多いと言われて、もう帰った後だったのでこの桜の写真を見せることができなくてとても残念です。

【河津桜】
 

 今日は嬉しいことがいっぱいあります。例えば、婦人科の病気で手術した後妊娠不可能と言われた当時30代の女性(今は40代)は平成25年から当薬局の漢方薬を服用して婦人科の病気は再発がなく、生理が順調になって漢方だけで自然に妊娠成功して出産しました。この女性は今日久しぶりに来局、昨年他県から仙台に引越したようです。また、2年前に私が抱っこした可愛い息子さんはもう2歳7ヶ月で、とても元気だそうです。抱っこした時大変重かったことを覚えています。今日はお父さんと遊んでいるそうで、来局しなくて会えませんでした。もう一つの嬉しいことは、2月10日のブログに書いた1ヶ月の漢方薬で自閉症の症状が改善した記事を見て、東海から9歳の自閉症のお子さんのお母さんが相談の電話をくれて、これから当薬局の漢方薬を服用して様々な症状が改善されることを祈っています。

 一番嬉しいことは、やはり病院の薬を多量に服用しても良くならず検査結果が悪くなって心配している患者さん達が漢方薬を服用して検査結果がどんどん改善されていることです。
①20数年前から高血圧・高尿酸で数年前から腎機能がだんだん悪化した50代の男性は、昨年8月から漢方薬を服用して、漢方を服用する前の昨年7月5日の検査でクレアチニンは1.25でしたが、約半年ぶりの2月16日の検査でクレアチニンは1.04まで改善されご本人は大変喜んで同じ糖尿・高血圧・腎臓病で腎機能が悪化している親戚に当薬局の漢方を紹介しました。
②数年前に乳ガンの手術をしましたが再発してまた手術して、その後多量の薬を服用している家系の中に肝臓ガン・すい臓ガンの方が5人いる70代の女性は、すい臓のアミラーゼが高く腎機能も低下していましたが、病院の検査だけではとても不安で昨年の5月から当薬局の漢方薬を服用しています。その後すい臓のアミラーゼの値はだんだん下がって、2月22日の検査で見事に正常値になりました。漢方を服用する前の昨年5月のアミラーゼの数値は332、昨年8月には163まで下がって、さらに2月22日に正常値の131まで改善されました(正常値39~134)。また、腎機能のクレアチニンも漢方を服用する前の0.91から0.89まで改善、血糖値は166から125、ヘモグロビンA1cは6.5から6.2まで改善されています。これはやはり対症療法の多種類の西洋薬と体質改善の漢方薬の違うところです。
 そろそろもう出発しなくてはならないので、ブログはここまでにします。実は、これから雪多いところ庄内に行きます。山も越えなければならない、雪があるか心配しています。途中、良い雪景色が見られればいつか皆さんにお見せしたいと思います。