4ヶ月の漢方で80代の男性の腎機能がさらに改善

 まず明日は春分の日。日本の習慣ではお墓参りに行く方が多いと思いますが、中国の春の彼岸は4月の5日の清明節で、やはりみんなお墓参りに行きます。もちろん、清明節に帰国して父とおじいさん、おばあさんなど先祖の墓参りに行きたいですが、今年は無理なので来年からは毎年清明節にお墓参りに帰国するつもりです。日本に先祖の墓がないので、明日はラッキーな平日の休みです。

 今日は全国からの相談が多いです。東海の自閉症のお子さん、関東のパーキンソン病・膀胱癌で入院中の70代の男性、九州の糖尿病・腎機能低下・腰痛・乳癌の70代の女性など。

 よくなった患者さんのひとりは50代から糖尿病で腎機能低下の80代の男性です。この男性は、十数種類の薬を服用していますが、昨年10月から発疹が出て全身がかゆくて皮膚科の薬が増えても良くならなくて昨年11月から当薬局の漢方薬を服用しています。今日検査結果と全身の湿疹を見たら、全身の赤みや湿疹が取れただけではなく、腎機能のクレアチニンも服用前の3.5から2.45まで改善され、ずっと糖尿病の薬を服用してもヘモグロビンA1cは7~8台でしたが、3月の最新の検査結果では6.7まで改善されました。腎臓を強くするだけの漢方薬でなぜ腎機能が改善されるだけではなく、湿疹・かゆみが改善されヘモグロビンA1cも下がったのでしょう?多量の薬を服用して、ずっと高い血糖値だと腎臓に負担がかかるだけではなく、体に溜まると当然かゆみが出て湿疹がでます。したがって、腎臓を強くすれば老化物や毒素を排泄することができ、かゆみ・湿疹も改善され血液がキレイになってインスリンの働く環境がよくなり、血糖値とヘモグロビンA1cも下がるはずです。

 今日もイエス!500円のランチを食べました。写真の通りさらに量が増えてボリュームがアップしています!!山形にいらっしゃったら、ぜひお勧めします。