漢方で9歳から腎ネフローゼの60代男性の腎機能が改善

昨夜、水墨画の文章を投稿した仙台の雑誌の編集長から電話があり、素晴らしい文章で予想以上に面白くてわくわくしながら読みましたなどお褒めの言葉をいただきましたが、特別嬉しかったわけではありません。ちなみにこの編集長はもともと○○新聞社のベテランの記者でした。この記者がどんなに褒めてくれても、この記者以上の文章は書けないはずです。

昨日福島からの帰り宮城に入ると車の温度計の気温がどんどん下がって、仙台の気温は24℃になりました。涼しくて日曜日からの疲れで夜10時~朝6時半まで一時的に死んだように熟睡しました。熟睡し過ぎて夢の記憶は一切なかったです。

今日の仙台も涼しくて嬉しくて、バスで山形に行きましたがトンネルを過ぎると青空でとても暑かったです。暑さの中とても忙しかったです。やはり、暑さの中みんな一生懸命漢方薬を煎じて服用していますので、もし改善されなければ本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、幸いみなさんよくなっています。例えば、全身白斑でなかなか良くならない70代の男性の奥さんが来局。昨年秋から漢方薬を服用して効果が著しく現れて、奥さんは自分の顔を指さして鼻の両側と額と口の周りの白斑は完全の無くなりましたと喜んで言われました。また、膝痛で水が溜まって何回抜いてもまた溜まるを繰り返していた60代の女性に「効果を感じましたか?」と聞いたら、膝痛が大変よくなっただけではなく以前は3~4ヶ月に1回水を抜いていましたが、今はもう10ヶ月以上水が溜まっていないと言われました。

 

平成24年12月から当薬局の漢方薬を服用している9歳からネフローゼで4年間大学病院に入院と再発を繰り返し、ステロイドを服用しても尿たんぱく+3~4の60代の男性が7月12日の最新の検査結果を持って来局しました。腎機能と尿の検査はすべて正常で免疫反応もすべて正常で、特に腎機能を表わす濾過率のeGFRは50前後から7月12日の78.6まで改善されました。ご存じの通り様々な腎臓の病気がない方も、食べ物と老化物の影響や自然老化で腎機能もだんだん低下しますが、この男性は何十年間も腎臓の病気があり今はもう60歳を過ぎましたが、漢方で確実に腎機能が改善されました。

 

やはり多量の薬を服用して副作用で苦しんでいる患者さんも沢山います。数年前に肺炎を繰り返して咳・痰が良くならなくて当薬局の漢方薬を服用して改善された60代の女性は、7月始めに風邪をひいて40度の高熱と咳・痰が出て入院治療を受けましたが、うっ血性心不全という診断もされ緊急に治療をうけ多量の抗生物質・利尿剤など12種類の薬を服用して熱は下がりましたが、7月18日退院の時の血液検査で腎機能・肝機能が異常になっていました。当薬局の漢方を思い出してまた来局しました。

もう一人の不眠・不安・動悸・食欲不振・吐き気の40代の女性は、もともと自律神経が弱く昨年秋40代のご主人が脳出血で倒れて入院治療を受けましたが半身不随で自宅療養のストレスが一番原因と思いますが、心療内科でうつと診断され、抗うつ剤や抗不安薬を処方されて飲んだら副作用が強くて当薬局に来ました。これからこの二人は肝臓・腎臓を強くする体質改善の漢方薬を服用して、検査結果や様々な症状も改善されるはずです。