漢方で女子高校生が元気になって休まなくなりました!

今日は処暑なのに、、、福島はサウナの様に暑くて写真の通り夕方四時ころに温度を計測したら、なんと42度!!5秒立っただけでも背中や脇汗がすごいです(本当です!嘘ではないです!スタッフ達に立っててみるよう言いましたが、影で「嫌だで」と小声で言われ無視されました)。

 

今日は暑さの中、休みを利用して他県や会津地方など遠くから来た患者さんが多かったです。癌の患者さんや脳の難病、潰瘍性大腸炎の30代女性、不妊症、精神的な疾患の患者さんもいました。

印象深いのはやはり、夏休みを利用して様々な体調不良や精神的症状で悩んでいる十代の高校生から大学生、20~30代の社会人の方などなど。

例えば当薬局の漢方薬を服用しているご両親や祖母の勧めて、生理不順、胃痛、吐き気などがある大学生の女性や東京の塾で勉強している不安感、ゲリ、腹痛、通学の電車の中で下痢などの症状がある十代学生の男性、同じく受験生の、時々吐気、イライラ、不安感、喉の詰まりで4月から心療内科を受診して薬を服用していましたが、効果は最初だけで夏休みから効果がなくなり更に悪化している高校生の男の子など。

 

様々な症状や病気が改善し喜んでいる患者さんが沢山いますが、特に嬉しいことは今年5月にお母さんと他県から当薬局に来てくれた女子高生は合格後、気力が無く勉強についていけず集中力がなくなり部活にもついていけず、学校を休みがちで、加えて小学二年生から視力の低下で両目の視力は0.01程度で皮膚も弱く、両手には汗をかき易い等で悩んでいましたが、体力や免疫力を高める当薬局の漢方薬を服用して、今日は3カ月ぶりにお母さんと来局しました。やはりとても元気になっていて6月から夏休みまでは一日も学校を休まなかったそうです。今日はニキビや視力も高める漢方に変わりました。今日0.01の視力はどの位見えるか眼鏡をとって確認したら、なんと数十センチしか離れていない私の顔は全然見えないと言われました。これから視力を高めて勉強に集中でき、希望の大学に入れるよう祈ります!

 

ところで昼休みのランチ後、南から北に帰る途中、福島市内から見て北部にある信夫山の上にキレイな形の雲を発見しました。しかし電線や建物が邪魔になり撮影に適していないので(仲良しの○○銀行の高い所なら絶対に良い写真が撮れると思ったので)、初めて本店の建物内部に入り、受付嬢に「写真を撮りたいので、ちょっと上層階に行きたいのですが良いですか?」と聞いたら「誰かが一緒に案内しないとダメです」と言われたので半分冗談に「では、貴女!お願いします」と言ったら「私が案内すると、この席を離れなくてはいけないのでダメです」と言われたので、窓口の顔見知りの人にお願いして建物の奥に入り最上階の12階に案内してもらいました。

写真の通り良い写真を撮ることができました。また、東西、北、南側の福島市の展望風景を撮りました。案内人によると、もともと最上階は社員食堂だそうで、今は昼休みや休憩の所として使っていますがとても広くて大変ムダかな、と思いました。何か市民たちに展望スペースとして無料開放するか、昼は食堂、夜はスナック、あるいはダンスホール、展示ギャラリーもいいかなと思い、もし食堂にしたら利用者の人数を考えなければならない、と思いました。案内人に「この銀行本店の人数は?」と聞いたら「100名位」と言われ、その中でも何割が利用しているのか、分かりませんが絶対に採算にはならないでしょう。