漢方で4つの難病の60代女性の症状も肝機能も改善!

今日は予約があまり多くなかったのですが、予約のない新患やフリーの患者さんがどんどん来局して大変忙しかったです。

まず地域から言うと、福島県内各地はもちろんのこと東北、三重県、神奈川県、新潟、東京、静岡などです。

病名は網膜色素変性症、膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変、肝生検をしても肝機能異常の親子、パーキンソン病、IgA腎症などなど。

 

良くなった患者さんは沢山いますが、一人の60代女性は、十数年前から相次いで4種類の難病と診断され(11年前は膠原病、その後は間質性肺炎、そして原発性胆汁性肝硬変、最近は硬皮症と診断)、関節の痛みや耳鳴り、冷え等で5種類の薬を服用していますが徐々に悪化し、やがて肝機能も異常になりました。そこで、当薬局の漢方を服用して共に不妊症で共に子供を元気に出産した娘さん二人の紹介で平成29年4月から漢方を服用開始すると、現在は症状が全部改善、最新の8月の血液検査を持参したので見てみると肝機能、腎機能、貧血は全て正常になりました。今は一ヶ月分の漢方を三ヶ月かけて服用しています。

一つの袋に入る様々な生薬の組合せによる体質改善の漢方薬で、数種類の難病も改善できるという良い例です。

従って全国の様々な難病で苦しんでいる方々に漢方薬を強くお勧めしたいです!助けたいです!

 

ところで、今朝は福島に来るバスの中で年賀状の文章を考え、夕方に文章が上手なスタッフに2~3ヶ所のお直しをしてもらってから印刷屋さんにお願いしました。まだ非公開ですが、今年の二つの事を書きました。一つ目は不妊治療を諦めた後に当薬局の漢方薬を服用し46才で自然妊娠に成功し47才直前に元気な3000g以上の子供が産まれた事と、二つ目は山形蔵王の山で落ちていた漢方薬の「桑寄生」の実を発見し食べた時、木に寄生する為の種に付いている長い、細い、白い、ネッパリ、丈夫な糸が私の喉に入ると、なかなか取れずに半日ほど寄生されたこと(詳細は10月19日のブログを読んでください!)等々。

楽しい年賀状になるかな、と思います!

約1ヶ月間の漢方で50代女性の腎機能クレアチニン5.50から4.94にまで改善

今日は一日雨ですが、あまり寒くはありません。

患者さんについて、やはり県内各地や全国からのメールや電話での相談もありますが、あまり多くはなかったかな、と思いました。(福岡、東京、岩手、宮城など)。

 

11才から当薬局の漢方をずっと服用している大学3年生の男子のお母さんが来局しました。何回もブログに書いていますが、小学生の時に発達障害の疑いと診断されてから服用開始し、中学校は普通の学校に進学、高校も地元の進学校に進学し、見事、国立大学に合格しました。大学生の今もずっと毎日絶やさずに漢方薬を服用しています。お母さんに「そろそろ就活でしょ」と言ったら「公務員を目指して勉強中」と言い…本当に素晴らしいと思いました。彼は漢方薬に効果を実感じ、生活の一部分になり食事と同じ欠かすことの出来ないエネルギー源となっています。

 

ところで昨年10月から当時40代で当薬局の漢方を一時的に服用したIgA腎症の女性は、漢方服用であまり効果を感じないとの事で中止し、その後は高血圧があり病院の薬も多量に服用するようになりました。やはりクレアチニンは著しく悪化し今年の10月5.25から11月初めの5.50にまでさらに悪化し「そろそろ透析」と言われたので漢方服用を再開すると、約一ヶ月の服用で驚く程に腎機能が改善しました(11月初めの5.54から11月末の4.94にまで改善)。本人は「透析を避ける希望が持てた」と未来を見据えました。仕事は大変忙しそうなので、特に年末はあまり疲れない様、ストレスにならない様、外食をあまりしない様…など自己管理の努力をお願いしたいです。

 

昨日、仙台での学会に参加するために友人が東京から来たので夜にユックリ飲みながら情報交流をしました。写真の通り、友人の出版した大作をいただきました。これから勉強をしたいと思います。アトピー性皮膚炎や夜尿症など色々と貴重な臨床経験を教えてくれました。友人によるとこの本は、約10年間かかったそうです。従って私はこの本を最低でも10年間は読み続けます!(二人は三時間、お話しましたが実は二人ともに漢方の養生から夜の食事はあまりとらないので料理あまり食べなかったです。ビールは共に一杯!)。

漢方薬の服用で腎機能が改善

今日は寒かった。忙しくて忙しくて、明日から正月の感じ。予約以外にもフリーの方の来局や電話やメール相談も多かったです。

 

患者さんのことについて、まず精神疾患の方が多いです。パニック障害の30代女性、統合失調症の20代女性、不眠・イライラ・てんかん・自閉症の13歳の男の子、不眠症の17歳の男の子など。

特にさまざまな病気で腎機能異常の患者さんが断トツに多いです。病院の薬を4種類服用していて高血圧・尿素窒素が高い新患の70代女性の他に、下記の2人は当薬局の漢方薬を2年から4~5ヶ月間の漢方薬で腎機能が全て改善されています。

①50代男性。平成29年8月18日から漢方薬を服用。病気は原発性高血圧。病院の血圧の薬2種類服用。

漢方薬を服用前の平成29年7月5日のクレアチニン値1.25、最新の今年7月5日の1.13まで改善。

②50代男性。令和5月25日から漢方薬を服用。病気は高尿酸、痛風。病院の薬6種類服用。

漢方薬を服用前の令和5月始めの検査でクレアチニン値2.89、最新の10月10日検査で2.51まで改善。

 

病院の薬を6種類服用していて腎機能低下の80代男性は、今年5月から2ヶ月間腎機能を強める漢方薬を服用しましたが、継続していなくて数ヶ月ぶりにまた来局。やはり多量の病院の薬を服用して更に腎機能が低下し肝機能低下。病院からこれ以上薬を処方できないと言われてまた当薬局の腎機能を強める漢方薬を服用します。5月の検査でeGFR40でしたが、最新の10月10日検査では、eGFR20まで腎機能低下しています。透析もそろそろと言われたそうです(eGFRの正常値は60以上)。今度こそ継続すれば良いなと思います。

とても嬉しいことは、今年11月始めから漢方薬を服用している30代女性が2日前に自然妊娠が判明。流産をしたことがあるので、今日から流産予防の漢方薬を服用します。無事な妊娠と出産を祈ります。

 

個人のことですが、一身上の都合で今年は年賀状を出さないかなと何回も考えましたが、やはり考えを撤回して年賀状を出します。できれば1~2日中に原稿を書きたいです。しかし、来週土曜日からの学会発表のスライドがまだできていません。でも、年賀状を先に考えます。

1年間の漢方で潰瘍性大腸炎の20代女性の症状は9割が改善!

今日の山形は寒いです。

新患の患者さん多いです。耳鳴り、難聴の70代男性、統合失調症の疑いがあると診断された60代女性、吐き気・消化不良・胸痛の30代男性など。

 

まず先週金曜日のブログですが、タイトルの内容をブログに書かなくて大変申し訳なかったです。今日は詳しく書きます。1年の漢方ですべての症状が改善し、大腸検査も正常になった潰瘍性大腸炎の20代女性は、数年前の出産後から下痢・腹痛・血便などで病院から潰瘍性大腸炎と診断されました。病院からの薬を服用しても改善しないでいたところ、当薬局の漢方で貧血・生理不順など改善されたご友人からの紹介で、昨年10月から当薬局の漢方を服用開始。最初は毎日10回以上あった下痢は今では普通の便になり、腹痛もありません。ご本人曰く、9割以上改善したとのことです。また第2子が欲しくて、生理前の頭痛・イライラ予防に漢方を継続しています。早く第2子の妊娠の成功を祈ります!

 

ところで報道の通り、過去20年で2番目に早くインフルエンザが流行しています。昨年3月から販売された、新しいインフルエンザ治療薬のゾフルーザに期待していますが、報道の通り(写真)今年3月まで400~600万人に使用され、耐久ウイルスが現れたのは3割、特に12歳以下の子どもが多い。やはりいろんな新薬より体力・免疫力を高め、風邪・インフルエンザ予防の漢方薬の服用は一番効果的で安全、安心だと思います。

10歳の血液難病のお子さんをはじめ、11月から体力・免疫力の弱いお子さんから、風邪を引きやすい高齢者まで、インフルエンザ予防の生薬をプラスしています。

 

〚写真〛

※画像をクリックすると拡大できます!

 

二週間の漢方服用で自閉症の20代男性の症状が緩和!

今日は朝から仙台も福島もずっと寒いです。

患者さんについて、やはり全国からの相談が多かったです(県内外はもちろん)愛知・大阪・新潟・石川・宮城・岩手など。

病気については精神疾患が断トツで多く、強迫障害の50代女性、統合失調症の50代女性、不眠症・自律神経失調・心身症など色々と病名を付けられた30代男性、自閉症の20代男性など。

 

良くなった患者さんは多く、皮膚がキレイになった10代女性や、うつ病の20代男性、胃痛・胃もたれの30代女性、尿酸値改善の70代男性、などなど。

特に3才の時に自閉症と診断されずっと多量の薬を服用し入退院を繰り返していた20代男性は、当薬局の漢方を服用しているお母さんの勧めで「まずは飲めるか様子をみる」為に今月11日から15日分の落ち着く・多動・興奮・不眠・イライラなどの症状を改善する漢方煎じ薬を服用してみました。今日、お母さんの話によるとまず漢方薬は嫌がらずに毎日きちんと服用しているそうで、嬉しい事は「様々な症状が緩和している」とみえました。例えば以前、時々力強くドアが壊れるまで壊して修理屋さんが度々修理をしに来ていましたが、漢方薬を服用してからはあまり力をいれずに壊し、回数も時間も減っている感じがしているそうです。もちろん時間が短いので著しいとは言えませんが間違いなく自然の漢方薬で病院の多量の薬より効果が高いと思います。加えて大変良い事は、まず本人が漢方薬を飲める、という事で今後も続ければ間違いなく効果が増大に見られると思います。

漢方で目の難病の20代女性の視力は改善、安定!

今日は寒いですが、とても晴れていていい天気です。

 

患者さんのことについて。不妊症の方が多いです。流産したことがある方、不妊治療を繰り返された方、当薬局の漢方を服用し第一子を授かり、第二子を希望されている方など。みなさんいくらかでも早くとご希望されていますが、この冬を避けて春の妊娠をおすすめします。

 

難病の患者さんの網膜色素変性症の20代女性は、視力が改善されました。実はこの女性は、9歳のときに聴力低下で半年間漢方を服用し、改善ではないですがテレビの音が聞こえるようになりました。平成25年に、網膜色素変性症と診断され視力がどんどん低下。視力は0.05~0.06まで低下し、将来は失明の可能性もあると言われ当薬局の漢方を服用。その後、物が見えるようになり眼科の視力検査で0.8以上になり、最近の視力検査でも安定しています。例えば、今年の9月は左0.7右0.7、10月は左0.8、右0.7、11月は左0.7右0.7といった数値です。来局した女性の祖父が、漢方のお陰で失明を避けることができ喜んでいます、とおっしゃっておりました。

3ヶ月間の漢方服用で20代男性の統合失調症(様)の幻覚・睡眠100%・幻聴30%改善!

今日の福島は風が強いですが温かくて春みたいです!

 

今日の患者さんについて、やはり全国、難病の方の相談は多かったです(県内外はもちろん愛知、大阪、静岡、千葉など)。病状は膠原病の70代女性、骨髄異型性症候群の60代男性、間質性肺炎の70代女性など。その他にうつ病の40代女性、統合失調症は30代男性、20代男性、40代女性3人で来局した方も含めると精神疾患の方は多かったです。

 

良くなった方も多かったです。

クーロン病の30代男性は下痢がさらに改善、9月の1日7~8回から今1日5~6回にまで改善し、体重も漢方薬を服用前の49㎏から今59㎏になりました。当然疲れ、怠さ、貧血も改善しています。

また、6年前の2013年から両手湿疹で痒い40代女性は約1年半の漢方服用で手がキレイになり湿疹や痒みが無くなりました。今日、手を見たら少しの乾燥と痒みがありますが湿疹はありません。

6年前から漢方を服用している30代の統合失調症の男性は入退院を繰返し多量の薬を服用しても良くならずにいましたが、自分の意志で漢方治療のみを選択しました。半年後には幻覚・幻聴が改善され1年後には仕事復帰し、今も一切症状がなく元気で仕事をしているのでご両親は大変喜んでいます。ただし問題は一つ、最近は肥満で体重90㎏を越えてなかなか痩せられず、婚活に影響しています。お母さんによると色々と候補の写真を見せているようですが「なかなか」と言われるそうで私から「顔が少し痩せて見えるように修正してみたら?」と提案しましたが…当日バレたらやばいかなぁ。いずれにせよ、結婚が決まれば私に招待状を出してくれるそうなので、祝いの日を楽しみにしています!

同じ統合失調症(様)と診断された20代男性は、心療内科の治療を受けたくない理由から今年8月から昼は元気になる(腎臓と肝臓を強く)・血流を良くする、夜は安眠・落ち着くといった別々の漢方を服用開始し、今日は初めて本人と電話で話をしてみると、とても元気になって仕事も復帰しました。本人によると、幻聴と睡眠は100%改善、頭痛は6~7割改善、幻聴は3割改善だそうで、お母さんも大変喜んでいました。肝機能異常と脂肪肝があり、漢方処方を変えて服用を継続しています。間違いなく、精神科の薬より体質改善の漢方の方が絶対に効果的で副作用もなく、結果として早い改善となると思います!

漢方を服用している患者さんからよく言われるのは「昨日との違いは分かり難いけれど、一ヶ月前との違いは分かる程に良い」ということです。

 

ところで今朝、薬局の入口からいつもの様に入って、仕事中に3~4回ほど薬局を出たり入ったりしていましたが…近くの机上の冊子の指示をしているのに…光っているのに…写真の通りの目の前にあった私よりも背が高くて横幅もあるクリスマスツリーに全く気付かずにいたのでスタッフに突っ込まれました。。。言われてから気付く、という…本当に目が悪いのか頭なのか…すぐに気付かずスタッフに申し訳なかったです。仕返しなのか?患者さんが居るのに「何で気付かないのー!?」「こだにデッカイのにー!」「今っ!?」等と、けちょんけちょんに貶されました。患者さんもお上品に笑っていました。。

目の漢方薬はずっと服用しているので目の問題でなく、頭の問題かなぁ。。。今夜から頭の漢方薬を追加します!

漢方で乳がん・悪性リンパ腫の40代女性は4年間の漢方服用で再発・転移なし!

今日は写真の通り、山形の山は真っ白の雪景色ですが、山形市内はとてもいい天気です。

 

患者さんのことについて。10代の中学生や高校生の様々な体調不良で学校へ行けないお子さんの相談が多かったです。こういったことは学校の人間関係、受験のストレス、不規則な生活習慣、スマートフォン、テレビ、ゲーム依存の他に、やはり元々心身共に弱いところがあるからだと思います。漢方で心身共に強くし、頭痛・めまい・吐き気・腹痛・生理痛・下痢・イライラ・不安・不眠などの様々な症状が改善できます。

 

良くなった患者さんの一人は、乳がん・悪性リンパ腫で手術した後、抗がん剤治療を受けていましたが骨に転移の40代女性。H27年11月から当薬局の漢方を服用しています。今日、本人と会いまして手術と抗がん剤治療のときに再発・転移しましたが、漢方を服用してからちょうど4年間。先日全身の検査・血液検査・腫瘍マーカーは全て正常で大変喜んでいます。漢方のお陰で、と言われました。今後も漢方を継続しますが、1年前から徐々に漢方を減量しています。本人は大変漢方薬の効果を感じて、ご主人、姉妹に当薬局の漢方を紹介し、みなさん当薬局の漢方を服用し、いずれも症状や検査結果が良くなっています。

 

昼休みに山形市内のもみじ公園に紅葉を見に行きました。見頃でとても綺麗です。

〚写真〛

 

漢方で二人の腎臓病の男性の腎機能が改善!

今日は朝からずっと寒いです。キモチや気分は落ち込んでいます。。なぜならば朝一でスタッフから訃報の報告を見せられました。亡くなった方は11月11日にお母さんが代理で来局し、皮膚の漢方薬を調合しました。その一週間後の11月17日に亡くなりました。まだ若く30代…たぶん急な事故か心臓や脳の梗塞等でしょう。。とても真面目な方で仕事が忙しくて、ほとんどお母さんが代理で来局していました。とても悲しいです。心からご冥福を祈ります。従って今日のブログは短くします。

 

腎臓を強くする漢方で腎臓病の二人の検査結果が良くなっています。

一人の60代男性は平成28年7月から、30数年前にネフローゼと診断され病院から7種類の薬を処方されていましたが腎機能が徐々に悪化し、漢方を服用前の平成28年6月の検査でクレアチニンは2.85でした。今日、最新の検査結果を持参すると今年の7月22日のクレアチニン2.35から更に改善し9月30日には2.31にまで改善していました。

もう一人の60代男性は腎臓の腫瘍で片方の腎臓を全摘後に腎機能が徐々に悪化し、昨年5月8日のクレアチニンは3.05。主治医から「腎臓は一つなのでいずれ透析になる」と言われて昨年5月14日から当薬局の腎臓強化の漢方を服用開始しました。今日持参した最新の10月23日の検査結果はクレアチニン2.86にまで改善し、ずっと2.5~2.9の間で安定しています。やはり腎臓は一つだし病院の血圧の薬や血流を良くする薬、胃薬など6種類を服用して著しく改善はしていませんが透析の心配もないと思います。

いずれにしても二人はもし漢方治療を選ばなければ、もうすでに透析をしていた可能性は十分にあると思います。

何回もブログに書いていますが、もしこの二人の様に早目に腎臓強化の漢方を併用すれば、全国32万人の人工透析を超える患者さんの中に透析を避けられる方は少なくないと考えられます。特に、30~40代の若い方は漢方で腎機能が絶対に改善しやすいと思います。

漢方で70代女性の腎機能と甲状腺が改善!

今日も全国の沢山の方々から相談がありました(高知、三重、広島、神奈川、東京、千葉、青森など)。

病気について、やはりガン、精神疾患、難病が多いです。

今年4月に肺がんと診断され、まだ治療をしていない70代男性、いじめを受けて中学生の時から心療内科の薬を服用して不眠・パニック障害・強迫性障害・発達障害などと診断され、20数年間の治療、今4種類の薬を服用しても良くならない40代女性、非結核性抗酸菌症の80代女性、間質性肺炎の60代男性、自閉症の5歳男の子など。

 

良くなった方も沢山います。

例えば、漢方薬で腎機能と甲状腺ホルモン共に良くなった7種類の薬を服用しているお医者さんの奥さんの70代女性は、半年間ぐらい漢方薬を中止すると腎機能と甲状腺ホルモンの結果が悪化したので、10月から心を入れ替えて漢方薬を再開し服用しています。今日は最新の11/11の検査結果を持ってくると、やはり腎機能も甲状腺ホルモンも改善していました。例えば今年2月から漢方薬を服用してクレアチニン1.09甲状腺ホルモンTSH33.9から5月の検査ではクレアチニン0.89同じくTSHは3.41にまで改善しましたが、その後半年漢方を服用しなかったら10月にはクレアチニン1.00、TSHは7.54にまで悪化しました。10/16から漢方薬を一ヶ月服用すると11月の検査結果はクレアチニン0.91、TSHは1.83にまで改善で共に良く、やはりお医者さんのご家族(ご主人や子供さん達)や主治医、本人も病院の薬を変えていなのに改善していること(漢方の効果)に驚いています。くれぐれも、これからは勝手に漢方薬を中断しないよう伝えました。

また、悪性リンパ腫の80代男性は、平成23年から手術、抗がん剤治療の後からずっと漢方薬を服用していますが、悪性リンパ腫の再発・転移もなく、貧血も改善されています。例えば7月の検査で赤血球は384万、ヘモグロビン11.9から、9/30検査では赤血球426万、ヘモグロビン13.3にまで改善し正常値まであと一歩です。

良くなった方はまだまだありますが省略します!

 

実は今日、一人の精神疾患の40代女性と縁がありました。

私の言ったことが全て当たっていたので大声で泣きましたが、私からお母さんに「泣いた方が良い。泣かせてください」と言い、その後は笑顔で私とタッチしたり握手して今日から心身一新で漢方薬を服用し料理を作ったり運動も努力すると約束しました。そして、このご両親には私が「38才に見える」「45才に見える」とそれぞれ言われました!もぉー、眠れない程うれしいです!!

一日も早く良くなり改善することを祈ります。