8ヶ月間の漢方で30代女性の腫瘍マーカーが下がった

今日も忙しくてブログはできるだけ短くしたいですが、書きたいことが結構多くて長くなったら途中で切れるかもしれません・・・。

今日の患者さんについて、やはり難病や癌の患者さんが多いです。網膜色素変性症の50代の男性、多発性骨髄腫の50代の男性、すい臓癌肝臓転移の30代の女性、乳癌手術後抗がん剤治療を受けて肝機能異常の50代の女性、未熟児性網膜症の10代の男性、非結核性抗酸菌症の50代の女性、尋常性乾癬の30代の女性など。

久しぶりの方やご家族の紹介で来局された方も多いです。一番印象が深い方の一人は、14年前に当時高校生の時に来局して1年間漢方薬を服用して当時のひどいニキビが著しく改善した女性が今日お母さんと来局したことです。不眠・生理不順・耳鳴り・胃の逆流などの症状でまた漢方薬を服用します。また、お姉さんと妹さんが出産後当薬局の漢方薬を服用したことのある不妊症の女性も来局されました。

 

よくなった患者さんもたくさんいます。例えば、非結核性抗酸菌症の50代の女性は昨年1月から当薬局の肺を強める漢方薬を服用して昨年の冬の風邪を引きやすい・咳・痰・血痰などの症状は著しく減っていると感じると言われました。昨年は12月から1月までの間に3回血痰がありましたが、今年の正月前に風邪を引いて血痰が一度出ただけでした。また、胃の逆流や下痢も寝付きも良くなったと言われました。

もう一人のよくなった患者さんは、子宮内膜症があり子宮がん検診で腫瘍マーカーがだんだん上がって定期的な検査だけで不安で、昨年の5月から当薬局の婦人科の病気と癌予防の漢方薬を服用している30代の女性です。昨年5月13日の検査の腫瘍マーカーCA125値76(正常値は35以下)から最新の1月14日の検査で52まで改善されました。まだ正常値ではありませんが、3年前からだんだん上がって来ていたのが初めて下がりました。また、生理痛・胃痛・頭痛・貧血も改善されて喜んでいます。自分がよくなって、ご兄弟の一人が腸の難病のクローン病でどんどん悪化しているので、私にクローン病の漢方薬はあるか聞かれました。当然クローン病の漢方薬はあり、著しく改善された例がたくさんあると言いました。早目の漢方薬の併用を勧めます。

 

実は昨日外国人の一人の癌の患者さんが来局。様々な最新の癌の治療を受けていますが、癌は再発し転移して友人の紹介で当薬局に来ました。この方に1時間近くかけて漢方の歴史や特徴・考え方を説明しました。幸い最後に理解してくれました。

これから高齢化で生活習慣病や様々な難病が増え、漢方の需要はますます高まると思います。中国のニュースによると、1月9日から10日まで北京で全国中医薬大会が開かれ、今後10年間の中医薬学の研究と治療方針が決まりました。ご存じの通り中国の県(日本の市町村にあたります)に必ず二つの県立病院があります。一つは西洋医学中心で漢方の外来病棟もある病院、もう一つは漢方専門の病院があります。そのうえで、昨年1年間だけで6,000ヶ所の漢方の診療所(小さい病院)が増えました。また、漢方薬を手軽に服用し、病気を予防するために現在まで国家秘密にしていた255個の処方の内容を全て公開しました・・・。やはり長過ぎ・・・。中止します。

 

今日嬉しいことがあり、一人の30代の女性はご両親や家系の中に癌の方が多くて、冷え性や胃痛・生理痛などの症状があり、癌予防の為に来局しました。病気になる前に漢方薬を選んだことが大変嬉しいです。また、どこから当薬局の情報を知ったか聞いたら整体の先生から「仙台の漢方だったら懐仁堂を一番勧める」と言われたそうです。大変嬉しいと同時に、もっと努力してもっと頑張らなくてはならないかなと思います。

 

最後に、2020年の記念で成人の日に写真の通り印鑑を彫りました。もう少し直したい所がありますが、公開します!印は白文で内容は「二〇二〇年吉日」構図は結構時間がかかりました。皆さん楽しんで下さい。

【写真】

漢方で腎機能異常の男性3人は共に腎機能改善

今日は結構忙しかったです。患者さんのことについて、癌の患者さん、目の病気の患者さん、腎機能異常、婦人科の病気の患者さんが多いです。

例えば、膀胱癌を2回再発し、手術後に漢方薬を服用している60代男性、卵巣癌を手術後に抗がん剤治療を受け、大腸転移しまた手術して、また抗がん剤治療を受けてまた肺転移の40代女性、胃癌で胃を1/3と食道2/3を取り手術後に抗がん剤治療を受けている70代男性、多発性骨髄腫で抗がん剤治療と放射線治療を受けて骨髄移植も2回した後に再発した60代男性など。

目の病気の患者さんは、緑内障の50代男性、緑内障・白内障の50代女性、網膜色素変性症の70代女性など。

さまざまな病気で腎機能異常の方も多いです。多発性腎嚢胞・高血圧・高尿酸で腎機能異常の60代男性、高血圧・高尿酸で3年前から慢性腎不全の60代男性、慢性腎炎・高尿酸・高血圧で腎機能異常の70代男性、半年前から人工透析をしている腎臓病の60代女性など。

婦人科の病気は、卵巣嚢腫を手術後に再発の30代女性、子宮内膜症で腫瘍マーカー値が高い30代女性、多嚢胞卵巣症候群と不眠症の30代女性。その他に難病のIgA腎症、骨髄異形成症候群、円形脱毛などなど。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。

例えば、平成24年から当薬局の漢方薬を服用している60代男性は、膀胱癌2回再発後に約8年間再発はありません。腎機能異常の3人は、それぞれ平成26年、平成30年5月、平成31年1月から当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用し、皆さん腎機能はだんだん改善され検査結果のクレアチニン値は徐々に下がっています。一人は20年前から高血圧、5年前から尿酸値高く、5種類の薬を服用していましたが3年前から腎機能異常です。漢方薬を服用前の平成30年12月の検査でクレアチニン値は2.06でしたが、その後は順調に改善され昨年5月は1.91、11月1.74、最新の昨日の検査では1.51まで更に改善されています。この方は、漢方薬を服用前に既に主治医に透析をしたくないので今後漢方薬を併用すると話をして、主治医は了解しています。話によると、昨日主治医も検査結果がよくなっていることに嬉しそうだったそうです。(今日の患者さんの一人は、予約したのに主治医からの反対で漢方薬の併用をやめて予約をキャンセルしました。とても残念です。)(他の2人については省略します。)

チョコレート嚢腫と内膜症を手術し再発して漢方薬を服用し、不妊治療に成功して双子を出産された女性が久しぶりに来局。お子さんはもう5歳になり、写真を見せてもらいましたがとても可愛い!将来も美男子かなと思います。

8年間の漢方で3回手術の癌の方は再発・転移がない

今日は2週間ぶりの仙台店での仕事で、忙しいことを予想していましたが、やはり予想以上でした。明日も忙しそうなので体力を温存するためブログは短くします。

 

今日の患者さんの特徴は、

①癌の患者さんが多い。

膀胱癌を再発し脳転移の70代男性、乳癌を手術後に抗がん剤治療を受けている50代女性、乳癌を手術後にまた腫瘍マーカー値が上がっている60代女性、卵巣癌で腹膜転移し手術後に抗がん剤治療を繰返し、抗がん剤を繰返し変えても効果がなく病院から「諦めるか?」と言われて私の前で泣いた70代女性など。

②さまざまな病気や薬を服用し過ぎて腎機能異常の方が多い。

30年前から高血圧で腎機能低下の80代男性、原因不明の腎機能低下の70代女性、C型肝炎の治療を受けた後に腎機能低下の70代男性、糖尿病腎症の60代男性、18年前から糖尿病腎症で腎機能低下の50代男性(腎臓だけではなく目の合併症でほとんど見えなくなり、腎臓内科で7種類の薬を服用していますが悪化し昨年末の検査ではクレアチニン値は8.45。すぐ透析と言われましたが当然透析をしたくありません。)

③精神疾患の若い方が多い。

統合失調症の30代男性、入退院を繰り返してもよくならない統合失調症の20代男性、知的障害とてんかん発作の10代の男の子、不眠・不安の20代女性、うつの30代女性など。

 

この他にIgA腎症の30代女性、再生不良性貧血の10代の女の子、潰瘍性大腸炎の40代男性など、難病の方も多いです。

よくなった患者さんも沢山居ます。その中の一人の70代男性は、平成21年膀胱癌を手術、その後に抗がん剤治療を受けましたが、平成22年にまた膀胱癌再発しまた手術。抗がん剤治療を受けましたが平成23年に脳転移しまた手術して抗がん剤治療を受けながら平成24年3月から当薬局の再発転移予防の漢方薬を服用し、間もなく8年になります。今まで半年に1回の全身と脳のCT検査で転移はありませんが、12月3日の最新検査でも全身と脳は一切異常ありません。最後に手術をしてから8年間になり、病院治療もなく一切再発・転移がないことは、本人も奥さんも口を揃えて「漢方のおかげです」と言われました。

 

最後に年賀状のことを書きます。まず、沢山の患者さんから年賀状が届き、その内の1通は、統合失調症と診断されて治療を受けた20代男性のお母さんからです。平成30年3月に大学生の時に発症し、5種類の病院の薬を飲みましたが副作用が強くてイライラ・不眠・手足の震え・目の焦点が合わない・言葉が乱暴・本が読めなくなって勉強もできなくなり、当薬局の漢方を服用しました。さまざまな症状が改善され、勉強もできるようになり、昨年7月から漢方を卒業しました。お母さんからの年賀状によると、今も一切症状はなく今年4月に大学復帰する予定だそうです。

今年の年賀状について、まず絵は失敗したと思います。どう見ても私が描いた絵ではないみたい・・・。シワよりひどい線が多く(絵を描いた紙の質が原因です・・・)、150枚印刷しましたが足りなくてコンビニや郵便局に10枚とか15枚とか何回か買いに行きました。従って、来年はやはり200枚印刷しなければなりません。

次に、頂いた年賀状の中で一番素敵な年賀状4枚を選びました(写真の通り)。金色の「令和」の年賀状の他に、中国と日本でも有名な篆刻家の友人からの1枚と、水墨画家の友人からの1枚、もう一枚は手書きして印刷したような絵が素敵ですが、残念なことに裏にも表にも住所も名前もありません。誰からかな・・・。これから昨年の年賀状と合わせて確認作業をしようと思っています。

 

 

癌の患者さん、腎臓病の患者さん、難病の患者さんもみなさん良い結果で新年を迎えられます

今日は昨日よりさらに忙しいです。明日からもう正月休みの感じがしますが、休みはまだ先です。ところで、今日の昼の挨拶について結局、夢の中で原稿が作れなくて朝イチで書いてスタッフに少し直してもらって準備しましたが、11時55分に会場についてプログラムを見たら、なんと開会の挨拶ではなくて乾杯の挨拶でした!やむを得ず現場で急きょ乾杯の挨拶を考えました。結局、サンドイッチ1枚をごちそうになって地下鉄に乗って1時2分に薬局に戻ってすぐ仕事をしました。

 

今日の患者さんのことについて、昨日と同じで今日も癌再発転移した後漢方薬を服用している60代の女性3人ともに腫瘍マーカーの値がよくなっていたり、血液検査で肝機能・腎機能が改善されています。

例えば平成26年7月から漢方薬を服用している60代の女性は、肺癌手術後再発して抗がん剤治療を受けましたが効果が無く、腫瘍マーカーがどんどん上がって当薬局の漢方薬を服用開始しました。今は腫瘍マーカーが下がっています。例えば今年の6月の腫瘍マーカーのCEAは55.5でしたが、12月の検査の47.2まで下がりました。まだ高いですが、ご本人は間違いなく安心して正月を迎えることができると思います。

 

今日は週末で、子ども達や若い方も来局されています。小学生・中学生・大学生、みなさん頭痛・生理痛・めまい・視力低下・集中力が無い・不眠の方が多いです。また、久しぶりの患者さんも多かったです。例えば30代の女性は以前鼻炎・頭痛・生理痛・不眠などで漢方薬を服用してよくなって、6年前に漢方薬をやめましたが、最近の検査で10年くらい前からの子宮筋腫がだんだん大きくなってお医者さんから様子を見ると言われましたがまた当薬局に来ました。

 

また、平成19年4月に当時70代の時に糖尿病腎症で当薬局の漢方薬を服用してクレアチニンが改善された男性は、漢方薬を服用する前の平成19年2月の検査でクレアチニンは1.66で、漢方薬を服用して平成27年5月の検査でクレアチニンは1.61、平成28年4月は1.8で安定していましたが、今年4月に肺に水が溜まったと診断されお医者さんから漢方薬の副作用かもしれないので漢方薬を中止するように言われ、その後は漢方薬を服用していませんでした。今日ご本人から連絡があり、先週の腎機能の検査でクレアチニンが5以上になってそろそろ透析と言われたそうです。肺の水を取るために多量の利尿剤などを使って一時的に肺の水は減りましたが、腎機能が悪くなっただけではなく1週間で体重が3kg増えました。この3kgの体重は99%肺の水か腹水と考えられます。今日からまた漢方薬を再開します。

 

一番嬉しいことはよくなった難病の方のことです。例えば、9歳から腎ネフローゼと診断され、4年間入院治療しましたが20代から再発して多量の薬を服用している50代の男性は、平成24年から漢方薬を服用して当時尿たんぱく+2~3、eGFRは50台でしたが、最新の今年5月の検査で尿たんぱくは±~+1、eGFRは85.8まで改善されています。また先天的な緑内障の20代の男性は平成22年から漢方薬を服用して、今は眼圧も視野も正常です。

 

最後に今朝自宅近くの公園でとれた若く見えるヨモギ(10月あたりに草刈りをしてまた生えてきた若い芽で寒さの中生命力が強いかなと思います)と、在庫の最後の最後の福島産の野生の梨を食べました。どちらも大変美味しくて、来年春夏を待ってまた食べます。

【写真】

目の難病の50代男性は約2週間の漢方薬で効果を感じた

昨日の夕方にスタッフから忠告されました。今日の予約がいっぱいの他に、溜まっている患者さんの処方が沢山ある・・・早く出勤とは言われませんでしたが自主的に40分早く出勤しました。実は、昼休みも30分仕事をしました。とても忙しく疲れた一日ですが、一人の60代の癌の患者さんから正月直前の12月検査で腫瘍マーカー値が下がり、ホッとして良い年を迎えられることや、50代の肝臓癌の男性から今月のMRI検査で新たな転移・再発がなく肝機能・腎機能も正常で一年間漢方薬を服用して良い結果が出ました、と言われた等々・・・少なくとも今日4人の癌の患者さんは過去一年以内に新たな再発や転移はなく、検査結果も良くなっています。とても嬉しく、一日の疲れがなくなりました。

 

よくなった患者さんが沢山居ます。

例えば、数年前から食欲不振、息苦しい、不安・不眠の大学生は、11月9日から1ヶ月間当薬局の漢方薬を服用し、全ての症状が軽くなっていることを実感しています。また、胃痛・逆流・ゲップ・頭痛・生理痛で、時々学校に遅れたり休んだりの中学生は、今日のお母さんの話によると、9月末から漢方薬を服用して胃痛・頭痛・生理痛・ゲップ・逆流などの症状はもう完全によくなって今日から漢方薬量が減り、受験のために体力を高め風邪予防の漢方薬に変わりました。

よくなった患者さんは他にも沢山居ますが、8月から漢方薬を服用している統合失調症の20代男性のお母さんから連絡があり、今は幻覚・幻聴がよくなったそうです。また、網膜色素変性症、間欠性外斜視、白内障の50代男性は、12月4日から肝臓・腎臓を強め目の血流を良くする漢方薬を服用し、驚くほどの効果が出ました。本人の喜んでいて漢方効果にビックリしているメールが届きました。特に暗い所で微かに見えるようになってきたそうです。

(メールの一部を抜粋します。漢方薬を服用して10日になりますが、じわじわと微かに効果が出てきてると思います。・・・煎じ漢方薬の凄さに感動しております。・・・)

 

実は明日も最低でも今日の忙しさを予想しています。今夜は早く休みたいです。でも、明日の昼休みに東北地方の中国人の新年パーティーの挨拶を突然頼まれました。挨拶文を考えなければなりません・・・。できれば寝ながら夢の中で考えられると良いのに。朝、目がパッと覚めた瞬間に挨拶文が出来上がる。これは夢ですね。

漢方だけで80代女性の乳癌が小さくなった

今日の山形店は忙しかったです。20代から網膜色素変性症の30代男性、血小板減少性紫斑病の20代男性、膠原病の60代女性。よくなった方も沢山いますが、今夜は忘年会があるので短くします。

 

以前のブログにも書きましたが、東海地方にお住まいの80代女性は、平成29年に非結核性抗酸菌症と診断されて咳・痰がひどく平成30年5月から当薬局の漢方薬を服用しています。昨年8月に乳癌を診断され、手術と抗がん剤治療を勧められましたが、高齢で本人の希望もあり漢方薬の服用だけを選びました。本人から今日手紙と電話があり、昨日の病院検査で乳がんが小さくなっています。主治医は、漢方薬の服用だけと知っているので、漢方効果に驚いています。本人はとても嬉しく喜んでいて、私に「漢方のおかげで感謝、感謝。」と言われました。この方は現役美容師で、以前私が会いたいと言ったら「結構です」と断られましたが、今日初めて「会いたい」と言われました。もしお会いするとしたら来年。本人は今80代後半なので、多分私が会いに行きます(声はハツラツとしていて、とてもお若いです!)。いずれにしても、乳癌が更に小さくなり100歳まで元気に現役美容師を続けて欲しいです。

4ヶ月間の漢方服用で20代女性の統合失調症の行動に変化!

今日の福島も大変忙しかったです。

全国からの相談は多くないですが東北6県、福島県内各地は勿論の事、愛知、新潟、千葉、埼玉、東京など。

病気について、ガン(31才の女性は11月に肝臓がん、腹水を診断され手術ができず、今は入院中との事でお母さんは涙し、一日も早く娘さんに飲ませたくて今日は2回ほど来局しました)、難病のIgA腎症、難聴、狭心症、喘息、統合失調症、めまい、うつ病、高尿酸・腎機能異常、円形脱毛、甲状腺腫瘍、特発性肝臓門脈圧亢進症など。

 

今日の患者さんは親子が多かったです。

20代と50代で共に原因不明の肝機能異常の母娘、高血圧・肥満・腰痛・糖尿病の70代お母さんと肝機能異常の40代娘さん母娘(娘さんは半年前から漢方を服用して11/28の検査では3年ぶりに肝機能が正常になりました。

円形脱毛の20代男性と甲状腺腫瘍の40代の母息子などなど。

 

良くなった患者さんも沢山いました。

例えば、アレルギー性鼻炎で毎日鼻炎の小学生は9月からの漢方服用でお母さんから喜びのメールがあり、以前は毎日ポケットにティッシュを沢山入れて使っていましたが、今は随分良くなってティッシュはあまり使わなくなったそうです。

また、高校生の時から心療内科に通って、病院の薬でも良くならず、病名も色々と診断され、解離性障害や最近では統合失調症と診断され、幻覚・幻聴がひどくほとんど外出できなかった現在20代の女性は、7月から当薬局の肝臓や腎臓を強くして精神的な症状を改善させる漢方薬を服用開始し、5ヶ月経つと効果が表れ一緒に家事や出掛け、公園、ウォーキング、買い物も出来る様になってきました。もちろん幻覚や幻聴はまだあるので、今日はその二つを改善する等の漢方薬に変わりました。これから更に良くなると思います。

 

今日は帰りに写真の通り、重ーいミカン一箱を仙台まで高速バスに乗って持って帰ります。私の友人である医師に頼まれ、昔とてもお世話になった(今は亡くなりました)友人(恩師)の娘さんに「感謝の気持ちとして渡してほしい」と頼まれました。台湾のミカンだそうですが、、、ずっしり重くて手が痛いです。「郵送すればいいのになぁ」「ミカン一つくらい欲しいな」「一個もくれないで!」とも思いましたが、すぐに届けて欲しいみたい。。今夜にでも届けないと怒られそうなので、頑張って持ち帰ります(汗)

漢方だけで60代女性の腫瘍マーカーは正常値になりました

今日の山形は、山は雪、市内は雨です。

患者さんのことについて。全国から難病の患者さんの問い合わせが多いです。山口県、三重県、東京都など。血小板減少性紫斑病、網膜色素変性症、電磁波過敏症など。電磁波過敏症の10代の大学生は、全ての電気製品、スマートフォンに過敏で頭痛・めまい・吐き気・などの症状があり、やむをえなく7月から大学を休んでいます。漢方で過敏の体質を改善し、大学に復帰することができればうれしいです。

 

ガンの患者さんも多いです。甲状腺癌の手術後、放射線治療を受けリンパ線に転移の70代女性は、義理の妹さんの紹介で来局。義理の妹さんも癌の手術後、腫瘍マーカーはだんだん高くなり、昨年9月の検査でCA19-9 54(正常値は37以下)病院から様子を見ると言われましたが、昨年11月から友人の紹介で当薬局の免疫力を高める、ガンを抑制する漢方を服用開始。その後の検査で腫瘍マーカーの数値がだんだん下り、今年の3月の検査で50、最新の10月の検査で正常値以下の36まで改善。本人はとても安心し不眠・不安症などの症状もよくなりました。

実は、一人一人の患者さんに合わせ調合できる癌治療の漢方薬は、手術後早めに服用することが再発・予防の一番理想だと思います。

 

【写真】

 

漢方で乳がん・悪性リンパ腫の40代女性は4年間の漢方服用で再発・転移なし!

今日は写真の通り、山形の山は真っ白の雪景色ですが、山形市内はとてもいい天気です。

 

患者さんのことについて。10代の中学生や高校生の様々な体調不良で学校へ行けないお子さんの相談が多かったです。こういったことは学校の人間関係、受験のストレス、不規則な生活習慣、スマートフォン、テレビ、ゲーム依存の他に、やはり元々心身共に弱いところがあるからだと思います。漢方で心身共に強くし、頭痛・めまい・吐き気・腹痛・生理痛・下痢・イライラ・不安・不眠などの様々な症状が改善できます。

 

良くなった患者さんの一人は、乳がん・悪性リンパ腫で手術した後、抗がん剤治療を受けていましたが骨に転移の40代女性。H27年11月から当薬局の漢方を服用しています。今日、本人と会いまして手術と抗がん剤治療のときに再発・転移しましたが、漢方を服用してからちょうど4年間。先日全身の検査・血液検査・腫瘍マーカーは全て正常で大変喜んでいます。漢方のお陰で、と言われました。今後も漢方を継続しますが、1年前から徐々に漢方を減量しています。本人は大変漢方薬の効果を感じて、ご主人、姉妹に当薬局の漢方を紹介し、みなさん当薬局の漢方を服用し、いずれも症状や検査結果が良くなっています。

 

昼休みに山形市内のもみじ公園に紅葉を見に行きました。見頃でとても綺麗です。

〚写真〛

 

漢方で70代女性の腎機能と甲状腺が改善!

今日も全国の沢山の方々から相談がありました(高知、三重、広島、神奈川、東京、千葉、青森など)。

病気について、やはりガン、精神疾患、難病が多いです。

今年4月に肺がんと診断され、まだ治療をしていない70代男性、いじめを受けて中学生の時から心療内科の薬を服用して不眠・パニック障害・強迫性障害・発達障害などと診断され、20数年間の治療、今4種類の薬を服用しても良くならない40代女性、非結核性抗酸菌症の80代女性、間質性肺炎の60代男性、自閉症の5歳男の子など。

 

良くなった方も沢山います。

例えば、漢方薬で腎機能と甲状腺ホルモン共に良くなった7種類の薬を服用しているお医者さんの奥さんの70代女性は、半年間ぐらい漢方薬を中止すると腎機能と甲状腺ホルモンの結果が悪化したので、10月から心を入れ替えて漢方薬を再開し服用しています。今日は最新の11/11の検査結果を持ってくると、やはり腎機能も甲状腺ホルモンも改善していました。例えば今年2月から漢方薬を服用してクレアチニン1.09甲状腺ホルモンTSH33.9から5月の検査ではクレアチニン0.89同じくTSHは3.41にまで改善しましたが、その後半年漢方を服用しなかったら10月にはクレアチニン1.00、TSHは7.54にまで悪化しました。10/16から漢方薬を一ヶ月服用すると11月の検査結果はクレアチニン0.91、TSHは1.83にまで改善で共に良く、やはりお医者さんのご家族(ご主人や子供さん達)や主治医、本人も病院の薬を変えていなのに改善していること(漢方の効果)に驚いています。くれぐれも、これからは勝手に漢方薬を中断しないよう伝えました。

また、悪性リンパ腫の80代男性は、平成23年から手術、抗がん剤治療の後からずっと漢方薬を服用していますが、悪性リンパ腫の再発・転移もなく、貧血も改善されています。例えば7月の検査で赤血球は384万、ヘモグロビン11.9から、9/30検査では赤血球426万、ヘモグロビン13.3にまで改善し正常値まであと一歩です。

良くなった方はまだまだありますが省略します!

 

実は今日、一人の精神疾患の40代女性と縁がありました。

私の言ったことが全て当たっていたので大声で泣きましたが、私からお母さんに「泣いた方が良い。泣かせてください」と言い、その後は笑顔で私とタッチしたり握手して今日から心身一新で漢方薬を服用し料理を作ったり運動も努力すると約束しました。そして、このご両親には私が「38才に見える」「45才に見える」とそれぞれ言われました!もぉー、眠れない程うれしいです!!

一日も早く良くなり改善することを祈ります。