漢方で40代女性妊娠成功!4歳の子と初対面!

昨日は誕生日なのに、夜は美味しい料理も食べていませんしお酒も飲んでいません・・・。普通の野菜中心の食事。写真は撮っていませんが、ほうれん草・きのこ2種類の炒め、キュウリのサラダ、ご飯の代わりにコーンスープ。5●歳の一日目の朝食も自然食。写真の通り、ただで採れた山形蔵王のニセアカシアと自宅近くの薄荷の葉、ニラの卵炒めはスーパーで買ったニラと卵で、産地は不明です。ご飯の代わりに豆乳を1杯飲みました。

 

 

今日の患者さんのことについて、やはり難病や癌の患者さんが多い。特に、夏なのに咳・痰が悪化して呼吸が苦しい非結核性抗酸菌症の女性が2人居ます(60代と80代)。

また、久しぶりの患者さんが多いです。16年前にうつ病で当薬局の漢方薬を1年位服用してよくなって、15年ぶりに再来局。心療内科の4種類の薬を服用してもよくならなくて、また当薬局の漢方薬を思い出しました。2年前に関西へ転勤してまた仙台に戻り、また当薬局の漢方薬を服用の30代女性。

 

よくなった患者さんは沢山いますが、一番嬉しいことは、不妊症の方の妊娠成功と産まれた子がとても元気に成長していること。不妊治療を繰返し失敗し、婦人科の手術もした40代女性は、平成30年2月から当薬局の漢方薬を服用。今、妊娠16週目です。これから流産予防の漢方薬を服用します。

また、不妊治療を繰返し失敗し多嚢胞卵巣と診断され、生理不順、流産2回の30代女性は、平成26年5月に妊娠成功。平成27年4月に無事元気な男の子が産まれて、また第2子が欲しくて当薬局の漢方薬を服用しています。今日初めて4歳の息子さんを連れて来て、私と初対面!本人は多分分かりませんが、お母さんは妊娠する前も妊娠中もずっと漢方薬を服用していました。元気に成長している様子を見ると、とても嬉しいです。

また、同じく不妊治療を繰り返し失敗し婦人科の内膜症やチョコレート嚢腫も繰返し手術した後、当薬局の漢方薬を服用している当時30代女性は、平成26年に元気な双子が産まれて、妊娠中も勿論ずっと流産予防の漢方薬を服用しました。この双子もしばらく会っていないので、どこまで成長したか久しぶりに会いたいです。

 

ブログに書いた妊娠成功して産まれた子以外、連絡がなくて知らなくて産まれた子も多数いると思います。今年9月に懐仁堂漢方薬局仙台店開業18周年になり、18年間どの位の子どもが産まれたか気になり、これから数えて統計したいと思います。何十人かな、100人超えているかな・・・。

 

 

漢方で出産した子は元気。妊娠6ヶ月も順調。

今日午後3時過ぎから大雨の天気予報通り、3時半位から急に雷雨になりました。今夜は間違いなく涼しいと思います。

今日の患者さんのことについて、新患さんが多く遠くから来局の患者さんも多いです。北海道や長崎の方、朝一番の新幹線で10時前に仙台に着いた方、いずれも皆、当薬局の漢方薬を服用して症状がよくなったご家族・親戚・友人からの紹介です。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。

例えば、今年1月から漢方薬を服用している慢性腎不全の60代男性は、高血圧・高尿酸などで6種類の病院の薬を服用していますが、腎機能がどんどん悪化。漢方薬を服用する直前の平成30年11月検査で、クレアチニン値2.06でしたが、最新の5月15日の検査で1.91まで改善されています。

また、子宮体がんを手術後に卵巣・リンパ転移で手術後、抗がん剤治療を受けてまた肺転移の50代女性は、平成26年から抗がん剤治療を受けながら漢方薬を併用し、半年後に漢方薬だけを服用。4月のCT検査では、新たな転移・再発もなく、肺の3ヶ所の転移も小さくなっています。

5歳の女の子とお母さんが来局。2年ぶりにお母さんは咳・喉痛・口臭・湿疹・不眠などでまた当薬局の漢方薬を服用します。実はお母さんはこの女の子を妊娠中に一生懸命漢方薬を服用していました。お母さんは以前体外受精を繰返し失敗し流産したことがあり、漢方薬を服用することにより妊娠中の出血や切迫流産を乗り越え、無事に出産できました。とても可愛い女の子です。私と漢方薬について色々と話をしました。

また30代女性は、20代の時にひどいアトピーで結婚式前にどうしても皮膚を治して綺麗になりたくて、当薬局の漢方薬を服用し、見事に結婚式までに綺麗になりました。結婚した後はなかなか妊娠ができなくて、昨年3月からまた当薬局の腎臓を強めて血流を良くし、卵子の質を高めて妊娠しやすくする漢方薬を服用し、今年2月に自然妊娠に成功。すぐ流産予防・つわり予防・皮膚悪化予防の漢方薬に変わり、今は妊娠6ヶ月目。つわりの症状もよくなり、皮膚も悪化していません。妊娠順調で10月に出産予定です。無事に元気な子どもの出産を祈ります。

 

ところで、今朝、山形産のニセアカシアの花の料理を食べながら新聞を見ると、ショックな記事がありました。写真の通り気仙沼・内湾地区の東日本大震災の津波に耐えた3本のニセアカシアの花が今見頃ですが、今年は最後の一花で、今夏にすべて伐採される予定だそうです。伐採理由は、外来種で繁殖力が強いため、住民団体が今年3月に公園を管理する県に申し入れて伐採が決まったそうです。大震災に耐えた7~8mの高さの大きい木で、綺麗な白い花が沢山咲き、香りも良い、蜂が花粉を食べて美味しいハチミツも作れます。また、来年私も採りに行きたいし(実は、取りに行かないです。遠いので、近い仙台の西道路や北環状線、愛子、塩竈、松島、奥松島などニセアカシアの木は沢山あります。)・・・とても残念で悲しいです。

外来種で繁殖力が強いという理由ですが、写真を見た限り周りに草が生えないコンクリートブロックの公園なので、繁殖はできないでしょう。また火曜日のブログの写真の通り、山形の山・村・川沿いも全部ニセアカシアの木がありますが、伐採運動はしていません。山形の人はニセアカシアを食べる(山形のスーパーで売っています)、宮城の人は食べない、という県民性の違いにより、伐採するかしないか、かな。外国籍の宮城県民として、伐採に反対です!スタッフからの提案は、夏までまだ時間があるので署名運動をした方が良いとのことでした。やりましょう!!

 

【本日の河北新報より抜粋】

漢方で60代のIgA腎症の患者さんの腎機能は改善

今日は遠方から来局の患者さん多い。

朝5時に車で出発の皮膚病と婦人科の40代のご夫婦や、車で3時間掛け秋田から来局のうつ・前立腺炎・舌痛症の30代の男性など。

みんな当薬局の漢方薬を服用して改善されている家族や友人の紹介です。

 

また統合失調症の30代の女性や、不眠、不安の50代の男性など精神疾患の患者さんが多いです。

良くなった患者さんも多くいます。

IgA腎症の60代の女性は、病院の治療を受けても腎機能低下。平成26年3月から腎臓を強くする漢方薬を服用し腎機能がだんだん改善された。服用する5年前の腎機能のクレアチニン1.23でしたが、6年間経過して自然老化もあるのに腎臓は強くなっています。今の検査では1.1~1.2で安定しています。今日、ご主人から「もし漢方薬を服用していなかったらもう人工透析になっていたかもしれない」と言われました。そのご主人は今日、イライラ・不安・冷え・頭痛・めまい・動悸・腰痛などの症状で、10年近く病院の治療を受けても良くならない30代の息子さんと来局。大変優秀で、才能があり優しい息子さんです。是非、当薬局の体質改善の漢方薬を服用して、1日でも早く改善し仕事復帰できることを祈っています。

 

ところで朝の散歩のとき、公園で大きくきれいな牡丹の花びらが落ちていて、手で拾い歩きながら何か使おうかなと思い写真を撮りました。バラのお茶の飲み方があることを参考にして、花びらをお碗に入れお湯を入れ、まず観察したら一瞬の間にピンクの花びらの色が薄くなってお湯に溶けました。飲んだらとても甘くていい香りで飲みやすかったです。どういう効能があるかは分かりませんが、まず只今午後まで中毒症状がないので、安全宣言(食用)できると思います。

 

<写真>

 

 

20代の骨髄異型性症候群の男性は赤血球や血小板など増加!

今日の福島はとても良い天気で朝から忙しかったです。

まず患者さんについて、当薬局の漢方を服用して妊娠・出産した30代の女性は生後9ヶ月の元気な赤ちゃんと一緒に、ガンの義父について祖母とお母さんと一緒に来局しました。

また、頭痛、眩暈、怠い、吐気、不眠、朝起きられない等で学校を時々休んでいた女子中学生は(一年間の漢方服用)一年ぶりに来局しました。今では当時の症状を全て完治させています。今回は5日前に風邪を引いて咳や喉痛がずっと治らないので病院でもなく薬局でもなく当薬局に来てくれました。このような若い子や赤ちゃんから元気を貰いました。

 

元気になった患者さんもいます。

9ヶ月の赤ちゃんの祖父はすい臓がんですが今では顔色も良く、生活に支障なく元気に過ごせています。

5/8のブログに書いたと思いますが肺がん、転移で手術できず抗がん剤や放射線治療をして先月には間質性肺炎になった入院中の50代男性は、5月9日から当薬局の漢方服用で前回の抗がん剤の副作用と違い、殆ど副作用が無く、食欲や頭痛、吐き気、しゃっくりも改善・良くなり奥さんは2日に一回の看病で病院に通っています。

また、9年前から(十代の時)骨髄異型性症候群と診断され、病院の薬5種類を服用して治療していますが検査結果は良くならず、今年2/18から当薬局の漢方薬服用している20代男性は、今日はお母さんから最新の検査結果を教えてもらうと5/10の血液検査では赤血球は225万、ヘモグロビンは8.1で血小板は3万です。服用前2/15の検査では赤血球212万、ヘモグロビン7.7、血小板2.4万で特に血小板は「数年ぶりに3万になった」と言われました。正常値までは最初に伝えた通り三ヶ月間で漢方薬の効果がでました。正常値までは遠いですが20代の若い青年に対して少しは希望が持てたかと思います。これからは更に改善する事を祈ります!

漢方で自然妊娠・出産した30代後半の女性の娘さんは1歳9ヶ月

 

今山形は晴れていますが、写真の通り仙台と同じ昨夜結構な雪が降りました。

写真は今朝仙台の自宅マンションから見えた柳と桜、広瀬川と青葉山が見える景色です。

季節的に変ですが、桜満開なのに雪が降るのはなかなか珍しいです。

 

今日の患者さんについて

まず大変忙しかったです。お昼12時半に予約の患者さんもいました。

 

新患の90代の認知症・暴言・暴力・幻覚・幻聴のご夫婦の他に、みんな漢方薬を服用し様々な症状や検査結果が良くなっています。

例えば、30代の男性は2月から当薬局の漢方薬を服用。服用前の血糖値は250台・ヘモグロビンは10,5でしたが、3月末の最新の検査結果では血糖値は130台・ヘモグロビンは9台まで改善。歯茎の腫れ・出血・口内炎・頭痛・便秘の40代の女性は、当薬局の漢方薬を1ヶ月服用し、やはりすべての症状が軽くなったと感じています。

 

第二子を希望し、また当薬局の漢方薬を服用する30代後半の女性も来局。この女性は不妊治療を繰り返し、うまくいかず卵巣が腫れ・生理不順・頭痛・腰痛・便秘などの症状があり。H28年に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの紹介で、最初は体質改善の漢方薬を服用しながら不妊治療を続けるつもりでした。しかし私から「半年ぐらい不妊治療を休んで体質改善の漢方薬を服用してください。その間に自然妊娠する可能性がある。」女性は私の勧めを受け不妊治療を休み、漢方薬を服用し4カ月後に見事に自然妊娠に成功し無事に元気な女の子を出産しました。今1歳9ヶ月でとても元気でかわいいそうです。

今日からまた第二子妊娠のために当薬局の漢方薬を服用します。40代近くになったので早く妊娠できることを祈っています。

 

<写真>

 

 

 

 

漢方で自然妊娠の47才女性が元気な女の子を出産!!

≪漢方で網膜色素変性症の70代女性の視力が更に改善!≫

実は上のようなタイトルを書きたかったのですが、夕方ちかくにスタッフが嬉しそうに興奮した大きい声で私に「早く!〇〇さんが出産したので電話を待っています!電話をしてください!」と福島弁で言いました。〇〇さんとは、以前何度もブログに書いた不妊治療を繰返し失敗し(一度の流産もあり)、婦人科の病気もありました。42才の時から当薬局の漢方薬を服用して昨年6月に自然妊娠に成功、すぐに流産予防の漢方薬を服用しました。予定日より一週間早い4月8日に3176g身長49.8センチの元気な女の子が産まれたそうです。電話で聞いたら「子供のお乳の吸い方が上手なのと母乳も足りていますが、手元に残った漢方薬を早速服用したい」と聞かれたので「大丈夫!母乳も増えるので飲んで下さい」と言いました。また、すぐに抱っこしたいのですが…ご主人の転勤で関東圏にいるのでなかなかすぐには実現しませんが、「いつか必ず、子供を連れて会いに行きます」と言われました。楽しみにしています。元気に成長することを祈ります!!

ちなみに、厳密にいえば予定より少し早く生まれたのでまだ47才になっていません。しかし、四カ所の産婦人科の出産記録による44才が最高齢とのことなので、間違いなく記録的です!!本当に嬉しくてスタッフ達も喜んでいます!

 

実は、今日の患者さんには目の難病が改善した他に、痛風の発作がなく血液検査の数値もずっと安定している60代男性や半年間の漢方服用で皮膚が著しく改善された30代女性、潰瘍性大腸炎の症状が完全に改善した30代女性などもいました。

 

ところで、写真のとおり昼休みに福島の中心部にある、間もなく満開になる古い大きい梨の木と小さい木を見ました(大きい方は昨年ブログに書いています)。大きい木の下には記念の木の看板があり、みると間違いなく梨。小さい木は、観察したら花と葉っぱの特徴から見て、ほぼ間違いなく梨の木です。

しかし、福島に仕事に来て十数年間、何回もこの二ヵ所を通ったことがありましたが、梨は一つも一回も見たことがないです。どういうことか??花だけ咲く梨かな。

もし、大きな木の花が全て梨になったら、秋にトラックで(スタッフ総出で)梨を収穫に来なければならないか、とニヤニヤ妄想しています。いずれにせよ、秋まで深く深く観察して注目、視察します!本当に梨が一個もない、のかなぁ。

 

 

 

 

漢方薬で女性の様々な症状と病気を改善

朝に、当薬局の漢方薬を服用している患者さんの息子は、見事に山形県県議会議員当選と聞きお祝いの電話をしました。息子さんのお母様は以前ブログにも書きました90歳手前の方で、選挙の時は選挙カーに乗って演説するかもしれません、、と前に冗談で話をしていました。お祝の電話をしたときに、「選挙カーに乗って演説しましたか?」と聞いたら大笑いしていました。ご自宅でお孫さんと選挙のお手伝いをしていたとのことです。

 

見事にご当選され本当におめでとうございます!

お昼休みに、なんと当選したご本人がわざわざ薬局までご挨拶にいらしてくださいました。

山形県の為に4年間頑張って頂きたいと思います。

 

患者さんについて。今日の患者さんは、一人の男性以外9割は女性の方です。

不妊の40代のご夫婦は、共に当薬局の体質改善の漢方薬を服用し様々な症状が改善されています。これから早く妊娠できるよう祈ります。

 

更年期とうつ病の50代の女性は、大変良くなりました。が、先日駐車場で足の指を骨折して松葉杖を使って来局されました。

 

生理不順・生理痛の20代の女性は、久しぶりの来局でした。もう30代になっていました。漢方薬を服用しなくても生理痛は大丈夫でしたが、30代になってから生理前後に眠いそうです。また当薬局の漢方薬を服用することにしました。

 

写真の通り、福島の春の景色(昨日のブログ)とは違い、今朝の山形の山は真っ白の冬景色です。

<写真>

 

 

漢方薬で多嚢胞卵巣・流産経験のある20代後半の女性が自然妊娠成功

まず、昨日ブログに書いた体質改善の漢方でさまざまな症状が改善され、希望の高校に合格した少年が昼休みにお父さんと挨拶に来てくれました。本人もご両親も高校3年間も継続服用する予定で、次の目標は大学受験だそうです。実は毎年様々な病気や症状を持っている小学生から大学生までの方が漢方薬を服用してよくなって進学や就職が決まっています。例えば、発達障害の少年やパニック障害の大学生、てんかんの少女などが無事に高校や大学に合格しました。授業中に倒れたり、電車に乗れないなどの症状があるパニック障害の東京の女子大学生は無事に卒業して就職したとお母さんから報告をいただきました。本当におめでとうございます!漢方で少年少女や青年たちの運命が変わることが大変嬉しいです。

 

今日の天気はとても悪いです。時々雨や雪が降ったりして寒かったです。患者さんのことについて二つの事を書きます。

①癌の患者さんのなかで、一人の新患の60代の男性は2014年に食道がんと診断され、○○がんセンターから他の病院では手術出来るが当病院ではできないと言われて、放射線と抗がん剤治療を勧められてそのまま治療を受けました。しかし、放射線治療の後の抗がん剤治療を2回目まで受けたら様々な副作用で腎機能も低下、抗がん剤治療を中止しましたが、2015年の検査で癌が無くなって経過観察と言われました。抗がん剤治療時に同時に漢方エキス剤を服用しましたが、友人から癌が小さくなる水を勧められ、その水を飲むときは漢方薬を止めなくてはならないと言われ漢方薬を中止しました。昨年3月に癌が咽頭に転移し、その時も手術できると言われましたが、手術しないでまた抗がん剤治療をうけました。癌はさらに転移して昨年末に喉頭癌と診断され手術も出来ない、残った治療薬はオプジーボだけと言われ、昨年胃ろうと器官も切開しました。この患者さんの治療について、とても残念なことがあります。まず一つは、手術できるのに他の手術出来る病院に行かなかった事で、セカンドオピニオンは必要だったかなと思います。二つ目は、抗がん剤治療の時漢方薬を選んだのに水を飲むために漢方薬を止めた事です。ただの水で癌が小さくなるのだったらなぜ厚生労働省が毎年癌の研究費を300億円以上使っているのに、この水を治療薬に認定しないのでしょうか。三つ目は、昨年3月に咽頭癌転移した時も手術できたのに手術法を選ばなかったこと。奥さんから言われた理由は、ご本人は話をする仕事なので声が出なくなる手術を選ばなかったそうです。私から見ると命の方が大事かなと思います。

 

②生理不順で多嚢胞卵巣症候群と診断され、不妊治療を受けて一度流産したことがある20代後半の女性は、昨年6月から腎臓を強くして血流を良くする体質改善の漢方薬を服用して昨年末に生理も順調になって、婦人科の検査でチョコレート嚢胞も小さくなって、耳鳴り・頭痛・冷えなどの症状も改善されました。昨年12月からは卵巣の機能と卵子の質を高める漢方薬に変えて、今日ご本人が喜んで来局。昨日の病院の検査で自然妊娠5週目と分かって、今日から流産予防の漢方薬に変わりました。実は、この女性が当薬局の漢方薬を服用するきっかけは、癌で当薬局の漢方薬を服用しているお父さんの勧めでした。お父さんは末期癌で一生懸命漢方薬を服用していましたが、大変残念ですが昨年夏に亡くなりました。お母さんに妊娠の報告をしたら、お母さんは涙ぐんでいたそうです。順調の妊娠と無事の出産を心から祈ります。(まったく同じ年齢、同じ多嚢胞卵巣症候群の不妊相談の女性が今日来局。妊娠成功した女性のように一生懸命漢方薬を服用すれば、近い内に妊娠できると思います)

 

長くなりましたが、今日は今年度最後のブログです。来年度も皆様のご健康のお手伝いをするためにスタッフと共に頑張りたいと思います。

 

個人の事について、

①昼に最後の1枚の500円の食事券を使ってラーメンを食べました。もちろん、水と氷をいっぱい入れて薄めました。実は、ラーメンを食べながら昔からずっと気にしていることはお椀の半分以上の汁・水は結局全部捨てることで大変無駄かなと思います。来年度からラーメン屋さんはみんな汁や水を少なめにすることを希望します。

②4月18日から東京の上野の東京都立美術館での展示会の出品のために、顔写真を撮りました。今年度最後の顔写真で、とても良い記念になると思いますが、表情が厳しかったので公表を控えます。

③いよいよ月曜日に新元号が発表される予定で、いち早く知るために早々に明日東京に行って情報を収集します。ついでに、八王子の大学に小学生の時は夜尿症で、中学生の時にはアトピー性皮膚炎と喘息、大学1年生の時に遺伝性副腎ホルモン異常の高血圧で今まで当薬局の漢方薬を服用して全ての症状が改善されている大学4年生の男の子の案内で、大学の中国の元首相周恩来夫妻の桜を見に行きます。(これが本当の目的です。大学の中国語サークルの同級生も一緒に案内してくれるそうで楽しみにしています。)

漢方薬で30代後半の女性、第二子も妊娠順調

今日の山形は大変良い天気で晴れ暖かいです。

朝バスを降り細い近道を通って薬局に行く途中に、マスクをかけた高校生みたいな若い女性から声を掛けられました。びっくりしてパッと見たら、いつも行く500円ランチのお店の店員さんでした。昨日福島で2、3人の高校生の女の子が来局し、見た感じから今日の女性は高校生かな?と思いました。話によると、今日はいつも行くお店でなく他のお店だそうです。木曜日は、500円ランチのお店にいるそうなので行く約束をしました。また街で会ったら、お店のいつもの掛け声“YES!”の合図を言ってくださいと約束しました。

 

患者さんについて

1、やはり遠方の患者さん多い。

東京の患者さん二人。(共に良くなっている)北海道の入院中の患者さんは、昨日から入院しながら漢方薬の服用を始めました。

 

2、病気について、

IgA腎症、電磁波過敏症、てんかん、更年期障害、認知症、アトピー、過敏性大腸炎、先天性アルドステロン症など。

 

3、患者さんの年齢について、

9ヶ月、10代~82歳。9ヶ月のお子さんは当然妊娠中のお母さんのお腹の赤ちゃんのことです。もちろん妊娠中ずっと漢方薬を服用しています。この女性はH27年7月の結婚前から子宮内膜症、子宮筋腫、チョコレート膿腫、過敏性大腸炎、腰痛、頭痛、腹痛、不安、冷えなどで当薬局の漢方薬を服用。半年後に結婚してH28年に元気な第一子を出産しました。第二子は自然妊娠しましたが、今年1月のときに出血があり、切迫流産の可能性があると言われてすぐに漢方薬を服用。今は順調で5月19日に出産予定です。

無事のご出産をお祈りいたします。

 

最後に今日のお昼休みは時間がなく近くに幸○苑のラーメン屋さんはないし、コンビニでサラダと肉まんにしました。

 

①3ヶ月の漢方で30代半ばの男性の精子の質と量が改善、奥さんが自然妊娠成功

今日はとても寒いです。冬に戻ったみたい。朝、車のエンジンをかけたらフロントの温度計は2℃の表示でした。また、仙台の北の患者さんからは車に雪が積もっていたと言われました。日曜日に車の冬タイヤの交換の予約をしていましたが、急きょキャンセルして1週間延期しました。来週火曜日にどうしても車で山形に行かなければならなくて、天気予報を見ると雪ですが突然大雪になる可能性もあるでしょう。

今日のブログを短く見せるために、①②③に細かくします。実は、今日よくなった患者さんがたくさんいて、嬉しくて書きたいことがいっぱいあります。

 

まず、ブログの①は3ヶ月の漢方で30代半ばの男性の精子の質と量が改善され、奥さんが自然妊娠成功の事を書きます。奥さんが子どもの時からひどいアトピーがあり、皮膚科の治療を受けたり民間療法や鍼灸治療をしたりしましたが、なかなか良くならなくて平成28年9月から仕事のストレスで悪化しました。皮膚の他にイライラ・不安・不眠・吐き気・生理不順・生理痛などの症状もあり、平成29年4月から当薬局の漢方薬を服用して全身の症状と皮膚・生理も改善されました。しかし、なかなか妊娠しなくてご本人にご主人の精子の検査をしてみてくださいと言いました。平成30年11月の精子の検査結果を見ると、質と量ともに悪くて11月末からご主人も当薬局の漢方薬を服用開始しました。今日、奥さんとご主人が喜んで来局。2月に自然妊娠に成功して、今妊娠10週目だそうです。漢方で精子の質と量が改善されました。最初にご主人が漢方を飲み始める時、私は今までの経験で3~4ヶ月漢方を服用して皆さん精子の質と量が改善されていると言ったはずです。ちょうど、漢方薬を服用して3ヶ月で妊娠成功して私の言葉は嘘ではなくホッとしています。順調な妊娠と無事の出産を祈っています。2人目3人目のお子さんが欲しい時、またご主人が3~4ヶ月間漢方薬を服用すればいいなと思います。