漢方で肥大型心筋症の60代女性の検査がまた正常!

お久しぶりでした!

今日の福島店はチョーチョー忙しかったです(汗)

まず今日の患者さんについて、妊娠16週目の40代女性は少し出血がありましたが乗り越えて順調です!また、不眠症の60代女性は漢方服用前の睡眠時間は平均2~3時間から5時間にまで改善されました。また、脳腫瘍を2回手術した40代男性も先月11月のMRI検査で再発・転移・異常なしです。また20代女性のお母さんからは電話があり「10月から漢方服用をしている娘は生理痛が著しく改善され大変楽になった」と言われ、お母さんは今年3回の頻脈や発作で病院での点滴を受けていました。特に「12月初めの発作は1分間に170回の頻脈で10分間続いた」と大変怖くて是非、当薬局の漢方薬を服用したいと申し出がありました。

 

実は今日、もう一人の心臓の難病の60代女性も来局し、今までもブログに書いていますが昨年6月から肥大型心筋症と心臓弁膜症と診断され、動悸・息苦しい等の症状がありました。心臓を強くする当薬局の漢方を服用して昨年のお盆と今年のお盆は2回続いて数年ぶりの親類の高台のお墓参りと草刈りもでき、お墓がキレイになったそうです。今日は10月の心臓の検査結果、血液検査を持って来て、なんと心臓は普通の大きさになり弁膜症も改善され「普通の様に心臓が働いている」と診断されたそうで、本人は大変安心して喜んでボランティア活動をしているそうです。元気になってあまり疲れないでほしいですが。。。

 

学会参加についての報告ですが、写真のように桜島は毎日活動していました。従って、鹿児島市内ではアチコチに粉じんがありましたが、鹿児島はとても良い印象を受けました。スタッフから毎日「お土産はイモ焼酎」とリクエストがありましたが、今日、違うものを渡すと、とても不機嫌になりました。。。

 

 

今年の学会は初めて日中ガンのシンポジウムを設け、中国の上海、忠西結合医学会から3人の教授が参加に来日しました。やはり、先進的な西洋のガン治療と免疫力・体力を高める漢方薬の併用は一番効果的なガン治療法です。

最後に、私が今回発表した不妊治療について、大変反応が良かったです。知事や有名な方も居た中で、特に産婦人科の病院の先生方から質問が相次ぎ、流産予防の漢方法や男性の不妊の漢方治療法について質問が多くされました。ちなみに、ある先生の今までの経験で最高齢の自然妊娠の年齢は45才だそうです。従って、今回発表した46才11ヶ月10日の自然妊娠・出産の女性の例は記録的と言えます。

4ヶ月間の漢方薬で20代女性の生理不順が改善

昨日の朝2時間と昨夜2時間かけて作成した、明後日の学会発表のスライドはほぼ完成したのですが、今朝急いでいて保存方法を間違えたのか内容が全部飛んでしまい、11月24日の内容に戻ってしまいました・・・悔しい悔しい・・・。これから重いPCを持って仙台から名古屋経由で鹿児島に行きます。今日の夜と明日の朝で出来上がるよう、またスライド作成します。

 

今日の患者さんのことについて、新患さんが多いです。自律神経失調症のほぼ引きこもりの40代男性、統合失調症の30代男性、不眠・不安・イライラ・だるい・生理痛等の症状で自律神経失調症と診断された40代女性など、精神疾患の方が多いです。半数以上は親や兄弟が代理で来局されました。

よくなった患者さんも沢山居ますが、一人の方について書きます。10代から生理不順、10年前から毎日ピルを服用して生理不順、多嚢胞卵巣、不妊症の20代後半の女性は、不妊治療を受けていますが2年前に多嚢胞卵巣と診断されました。手術しかないと言われ、将来の妊娠を考えて婦人科からの紹介で7月から当薬局の漢方薬を服用。7月以降に婦人科検査は受けていないため、多嚢胞卵巣の変化は分かりませんが、以前は半年に1回の生理が2ヶ月に1回になりました。例えば前々回の生理は6月中旬、前回は8月末、今回は11月29日。生理はまだ毎月ではなく順調とは言えませんが、以前よりよくなっています。ピルも止めて、今は病院治療はないので、間違いなく漢方薬効果と考えられます。来年春に間違いなく生理は順調になると思います。

 

これから空港へ行きます。鹿児島は初めてなので、学会発表と勉強の他に鹿児島の美味しい物を楽しみにしています。

漢方で4つの難病の60代女性の症状も肝機能も改善!

今日は予約があまり多くなかったのですが、予約のない新患やフリーの患者さんがどんどん来局して大変忙しかったです。

まず地域から言うと、福島県内各地はもちろんのこと東北、三重県、神奈川県、新潟、東京、静岡などです。

病名は網膜色素変性症、膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変、肝生検をしても肝機能異常の親子、パーキンソン病、IgA腎症などなど。

 

良くなった患者さんは沢山いますが、一人の60代女性は、十数年前から相次いで4種類の難病と診断され(11年前は膠原病、その後は間質性肺炎、そして原発性胆汁性肝硬変、最近は硬皮症と診断)、関節の痛みや耳鳴り、冷え等で5種類の薬を服用していますが徐々に悪化し、やがて肝機能も異常になりました。そこで、当薬局の漢方を服用して共に不妊症で共に子供を元気に出産した娘さん二人の紹介で平成29年4月から漢方を服用開始すると、現在は症状が全部改善、最新の8月の血液検査を持参したので見てみると肝機能、腎機能、貧血は全て正常になりました。今は一ヶ月分の漢方を三ヶ月かけて服用しています。

一つの袋に入る様々な生薬の組合せによる体質改善の漢方薬で、数種類の難病も改善できるという良い例です。

従って全国の様々な難病で苦しんでいる方々に漢方薬を強くお勧めしたいです!助けたいです!

 

ところで、今朝は福島に来るバスの中で年賀状の文章を考え、夕方に文章が上手なスタッフに2~3ヶ所のお直しをしてもらってから印刷屋さんにお願いしました。まだ非公開ですが、今年の二つの事を書きました。一つ目は不妊治療を諦めた後に当薬局の漢方薬を服用し46才で自然妊娠に成功し47才直前に元気な3000g以上の子供が産まれた事と、二つ目は山形蔵王の山で落ちていた漢方薬の「桑寄生」の実を発見し食べた時、木に寄生する為の種に付いている長い、細い、白い、ネッパリ、丈夫な糸が私の喉に入ると、なかなか取れずに半日ほど寄生されたこと(詳細は10月19日のブログを読んでください!)等々。

楽しい年賀状になるかな、と思います!

漢方薬の服用で腎機能が改善

今日は寒かった。忙しくて忙しくて、明日から正月の感じ。予約以外にもフリーの方の来局や電話やメール相談も多かったです。

 

患者さんのことについて、まず精神疾患の方が多いです。パニック障害の30代女性、統合失調症の20代女性、不眠・イライラ・てんかん・自閉症の13歳の男の子、不眠症の17歳の男の子など。

特にさまざまな病気で腎機能異常の患者さんが断トツに多いです。病院の薬を4種類服用していて高血圧・尿素窒素が高い新患の70代女性の他に、下記の2人は当薬局の漢方薬を2年から4~5ヶ月間の漢方薬で腎機能が全て改善されています。

①50代男性。平成29年8月18日から漢方薬を服用。病気は原発性高血圧。病院の血圧の薬2種類服用。

漢方薬を服用前の平成29年7月5日のクレアチニン値1.25、最新の今年7月5日の1.13まで改善。

②50代男性。令和5月25日から漢方薬を服用。病気は高尿酸、痛風。病院の薬6種類服用。

漢方薬を服用前の令和5月始めの検査でクレアチニン値2.89、最新の10月10日検査で2.51まで改善。

 

病院の薬を6種類服用していて腎機能低下の80代男性は、今年5月から2ヶ月間腎機能を強める漢方薬を服用しましたが、継続していなくて数ヶ月ぶりにまた来局。やはり多量の病院の薬を服用して更に腎機能が低下し肝機能低下。病院からこれ以上薬を処方できないと言われてまた当薬局の腎機能を強める漢方薬を服用します。5月の検査でeGFR40でしたが、最新の10月10日検査では、eGFR20まで腎機能低下しています。透析もそろそろと言われたそうです(eGFRの正常値は60以上)。今度こそ継続すれば良いなと思います。

とても嬉しいことは、今年11月始めから漢方薬を服用している30代女性が2日前に自然妊娠が判明。流産をしたことがあるので、今日から流産予防の漢方薬を服用します。無事な妊娠と出産を祈ります。

 

個人のことですが、一身上の都合で今年は年賀状を出さないかなと何回も考えましたが、やはり考えを撤回して年賀状を出します。できれば1~2日中に原稿を書きたいです。しかし、来週土曜日からの学会発表のスライドがまだできていません。でも、年賀状を先に考えます。

漢方で4歳から発症(現在30代男性)のアトピー性皮膚炎の湿疹、痒みが改善!

月曜日は連休だったので今日は大変忙しかったです(汗)

  1. 全国からのメール、電話の相談は多く鹿児島、山口、三重、大阪、静岡、東京、新潟など。
  2. 若い方も多かったです、4才、5才、14才、18才、19才。
  3. 病名はバセドウ病、非結核性抗酸菌症、アトピー性皮膚炎、複合型痙性対麻痺(遺伝性)、統合失調症、肺がん、末端肥大型手足指、痛風、腎炎、喘息、うつ病などなど。
  4. 40代の女性は妊娠順調で、11週目です。
  5. 今日は特にアトピー性皮膚炎の方が多く、4歳から18才、20代、30代。漢方薬を服用している4才の女の子は9月から苦い漢方薬を服用しています。今日のお父さんから送られてきた写真を見ると皮膚の湿疹と傷は無くなり、キレイになっていました。また3月から漢方薬を服用している18才の男子や昨年6月から漢方薬を服用している20代の男性も湿疹、痒みが著しく改善しています。皆から「数年間、十数年間の皮膚科の皮膚に塗る薬より体の中から改善の漢方薬の効果の方が良いと感じる」と言われます。ところで12月に行われる鹿児島市での学会の演題発表の採用の知らせが届きました!今回の演題は不妊症の漢方治療で47才近い自然妊娠の例をはじめ、30代の腎臓病の例と婦人科の病気を2回手術後の40代の例を発表する予定です。発表により、全国の不妊症の方に漢方治療が広がれば嬉しいし、同時に初めての鹿児島旅行を出来ることも嬉しい(楽しみ)です!

40代の女性は妊娠10週目で順調!

今日は全国的にとてもいい天気です!秋高気爽!

 

患者さんの事について、やはり全国からの電話、メール相談が多かったです(山口、三重、愛知、東京、茨木、兵庫、広島など)。病種はガンや間質性肺炎、IgA腎症、不眠症、うつ病、統合失調症、線維筋痛症、不妊症など。

 

患者さん達の嬉しい事は多かったです。

不妊治療を繰り替えし失敗していた女性は当薬局の漢方薬で自然妊娠成功、直ぐ流産予防の漢方薬を服用して47才近くで今年4月に元気な3000g以上の女の子を出産しています。今日の電話によると、間もなく7ヶ月になる娘さんはもう8㎏以上、とても元気だそうです。この女性は出産後もずっと漢方薬を服用しています。

また、不妊治療を失敗していた40代女性は今日も来局してくれ、今は妊娠順調で10週目です。この女性にも当薬局の体質を改善する漢方服用で妊娠に成功し、勿論、妊娠が判明した日からは流産予防の漢方薬を服用しています。今日は少しつわりの症状があり、漢方処方は変わりました。実はこの女性は不妊治療を連続失敗していたので、私の提案で1年間不妊治療を休んで一生懸命に腎臓を強め、子宮・卵巣の機能を高め、卵子の質を高める漢方薬を服用して、9月に妊娠成功しました。基本的に流産の心配は無いと思います。来年5月頃には母子共に無事に元気な、可愛い子供さんが産まれる事を祈ります!

 

4ヶ月の漢方で30代女性のチョコレート嚢腫が5.4cmから2.9cmになった

今朝は昨日の大雨から一転してとても良い天気。したがって予約以外に昨日だけではなく先週天気が悪くて来られなかった方がフリーで来局される方が多かったです。遠い福島や茨城県から来局の方もいらっしゃいます。一人の40~50代の女性から3週間連続の週末の台風や大雨の対応で、眠れなくて体も心も疲れたと言われました。この方は学校の関係者で、たくさんの生徒達の命を預かっているので我々より想像以上に大変かなと思います。昨夜も2~3時に突然たくさん汗をかいて目が覚めてその後眠れなかったそうです。今年の台風と大雨はもう来ないように祈ってお願いしたいです。

 

新患の患者さんも多いですが、よくなった患者さんも多いです。食欲不振・吐き気・めまい・朝起きられないなどの中学生の女の子は漢方薬を服用して2~3日後効果が現れて、胃痛・逆流・めまいの症状が軽くなりました。今日からお父さんとお母さんも当薬局の漢方薬を服用します。

また、30代の時から腎硬化症で病院の薬を4種類ずっと服用してもどんどん腎機能が低下して、今年5月の検査でクレアチニンは3.56だった50代の男性は、6月から腎臓を強くする漢方薬を服用開始しました。2ヶ月後の8月の検査でクレアチニンは3.24まで改善され、今日最新の10月の検査結果でさらに改善されクレアチニンは2.74まで下がりました。ご本人の話によるとクレアチニンが2台になるのは2年ぶりだそうです。ご本人から漢方薬がこんなに効果があるとは思わなかったと言われました。間違いなくお医者さんも驚いているはずです。

もう一人の30代の女性も著しく改善されてご本人もご主人もお医者さんも驚いています。この30代の女性は不妊治療を繰返し失敗した後、今年6月に右卵巣のチョコレート嚢腫5.4cmと診断され(私から見ると不妊治療の排卵誘発剤やストレスが原因と考えられます)、婦人科では手術しかないと言われて、妊娠を考えて当薬局の漢方薬を選んで6月から漢方薬を服用開始しました。ご本人とご主人は最初は半信半疑だったはずですが、今日ご本人とご主人が喜んで来局。漢方薬を4ヶ月服用して10月17日の検査で、チョコレート嚢腫は2.9cmまで小さくなりました。また、むくみ・頭痛・胃痛・腹痛・冷え・低体温などの症状も軽くなっています。この女性は私の意見を受けてしばらく不妊治療を休んで一生懸命漢方薬を服用して、来年春に自然妊娠を目指しています。今日、私が手の指を計算機を打つように動かしてご主人に「自然妊娠に成功した時ぜひ不妊治療でかかった費用と漢方薬の代金を何分の一かを計算して下さい」と冗談を言いました。

その他に、癌や難病などよくなった患者さんは沢山いますが省略します。

 

明日も良い天気みたいで紅葉も見ごろなので、皆さんもぜひ大自然の中に出かけてください!

血液難病の83才女性の検査結果が更に改善

今日は天気予報通り一日雨。被災地の方は、更に大変かなと思います。明日から台風・大雨が無いように祈ります。

 

今日の患者さんのことについて、難病の患者さんが多いです。多系統委縮症の60代女性(3年前の50代の時から当薬局の漢方薬を服用)、血液難病の再生不良性貧血の80代女性(平成27年から当薬局の漢方薬を服用)、肝硬変の60代女性(平成29年から当薬局の漢方薬を服用)、アトピー性皮膚炎の40代女性(平成25年当時30代の時から服用)、7年前の酷い交通事故により多発骨折で腰から足まで麻痺して感覚がない筋肉委縮の30代女性、IgA腎症の30代女性(平成28年から服用)、その他に癌の患者さんや婦人科の病気・不妊症の患者さんも多いです。

皆、長い期間当薬局の漢方薬を服用していることは、間違いなく効果が著しくあり、さまざまな症状がよくなっているか、血液検査結果がよくなっているはずです。

例えば、9月7日から当薬局の漢方薬を服用している酷い交通事故の後遺症が沢山ある30代女性は、約1ヶ月半で手のむくみ、目の疲れ、耳鳴り、足がつる、ゲップ、便秘、生理痛の症状の改善を感じています。これから数ヶ月後、半年後、1年後に更に改善されると思います。

 

今日は生後10ヶ月8㎏以上かな、重くて元気な男の子を抱っこしました。薬局の奥にまで連れて行きスタッフ達に挨拶をした時、全然不安もなく泣きませんでした。私だけではなく皆と親しく見えます。様子を見ていたお母さんは、自分のお腹を指差して「お腹に居た時から漢方薬を服用したお蔭です。」と言われました。実は、この女性は30代の時に全身ひどいアトピーで、特に手足顔がひどくて平成25年から当薬局の漢方薬を服用し、顔に少し赤みがある以外は著しく改善されています。結婚後に不妊治療をしましたが失敗し、縁がありまた当薬局の妊娠しやすい漢方薬を服用して見事に妊娠成功。もう40歳を過ぎていたので、その間も流産予防・つわり予防の漢方薬を服用し、昨年11月に元気な男の子が産まれました。やはり、また縁があり、産まれた後のひどい乳児湿疹があり今年7月に7ヶ月で当薬局の漢方薬を服用し、今日顔を見たらほとんど湿疹と赤みは改善されました。お母さんと体質が似ているので、今日から親子で湿疹とかゆみ予防の漢方薬を服用します。

 

結構長くなりましたが、もう一人の患者さんのことを書きます。

以前ブログにも書いたことがありますが、今日娘さんが83歳のお母さんの9月の血液検査結果を持って来ました。やはり検査結果は更によくなりました。この83歳女性は、5年前に再生不良性貧血を診断され、平成27年2月の検査で白血球2000、赤血球217万、ヘモグロビン7.9、血小板4.1万でしたが、その後はだんだん効果が現れて検査結果も徐々によくなりました。今日持って来た9月27日の最新検査結果は、白血球4200(正常値)、赤血球351万(正常値は386万~)、ヘモグロビン11.9(正常)、血小板は13.3万(正常値は15.8万~)。正常値ではない赤血球と血小板も正常値近くになり、80歳以上の年齢からみると、正常値にならなくても心配はありません。本人と娘さんは漢方効果に驚いているだけではなく、主治医も漢方効果に感心しています。

 

最後になりますが、「人身事故(?)」が起きました。原因は写真の通り。最初は名前不明、その後にスタッフからヤドリギの実と教えてもらい、更に調べたら漢字が出て来て「桑寄生(そうきせい)」が出ました。なに!漢方薬の実!

この漢方薬の実は、先週蔵王に紅葉を見に行った時、強風で落ちた枝を見つけて少し実を食べたら、リュウガンニクのように透明で白っぽく柔らかくて甘みがあり、とても美味しかった。もちろん、今日までも元気なので毒は無いと思い、ネットで調べても食べられると書いてありました。しかし、スタッフ3人に勧めても皆は興味がないので、私が一気に全部食べました。種と皮は食べていませんが、最後に写真の通り、口からどんどん細くて強い粘りのある糸が出ました。それを捕りながら、もしかしたらもう私の胃腸に寄生したかなとドキドキしながら考えました。

しばらく何も異常はありませんでしたが、午後2~3時頃から喉に何か引っ張られている感じがあり、指を口の奥に入れて取ろうとしても何をしても取れません。その後、至急に酢を飲んで溶かせるかなと思いましたが取れません。その後、チョコレートを食べました。チョコレート効果か酢の効果か自分の消化液の効果か、只今17時半に細い糸が無くなって喉がスッキリしています。従って、もし皆さんが私を真似してヤドリギの実を食べる時、糸は食べないで下さい。実はこの糸の粘りは、写真の通り種に着いていて、大きい木に寄生する時に落ちないような働きがあると考えられます。

 

ところで、この種が寄生する木によって漢方薬名が違います。桑の木に寄生したものは「桑寄生」、その他に柳、桃、李、松、ライチの木等にも寄生します。このヤドリギの枝と葉が漢方薬です。味は苦くて甘い。肝臓と腎臓を強める。筋肉と骨を強める。流産予防と母乳が増える効果があります。葉一枚を食べてみました。やはり味は苦かったです。

今日のブログは以上で、大変大変大変長くなり申し訳ありません。

【写真】

寄生木(ヤドリギ)

 

 

漢方で40代の女性は自然妊娠・出産

今日は曇りで結構寒くて、初めて暖房を入れました。明日もまた大雨が降るみたいで、被害がないように祈ります。先週の台風の大雨の被害は想像より大きくて、みんな大変です。被災地の方と比べられない程小さい被害ですが、私が住んでいるマンションのエレベータは昨日から仮運転でしたが、これから本番の修理に莫大なお金がかかるみたい。どうするかこれからマンションの組合の理事会を開いて決める予定だそうです。ちなみに、いつも私はマンションの理事会を欠席しています。いつも土曜日でいつも仕事です。

 

今日の患者さんのことについて、まず唇のトラブルの方が多いです。一人の50代の女性は、しゃべる仕事なのに3~4年前から毎日唇が荒れて、割れて痛くて塗り薬を使っても良くならないそうです。もう一人の30代の女性は、5~6年前から毎年2~3月に唇にヘルペスが出て、来年はならないように今日から漢方薬を服用します。

 

その他に癌の患者さんと不妊症の患者さんが多いです。嬉しい患者さんのことも沢山あります。落ち着かない・集中できない・緊張しやすい・チックなどの症状があり今年の1月から以上の症状を改善する漢方薬を服用している小学生のお子さんは、3月から様々な症状が改善され集中力も高まりました。今日、お母さんが喜んで最近のテストの成績を見せてくれましたが、グラフが直線のように上がって、特に最新のテストでは上位に入る位の好成績だったそうです。もちろん、本人の努力が一番ですが漢方で落ち着く・集中力が高まったことも否定できないと思います。

 

一番嬉しい患者さんのことは、43歳の女性のことです。この女性は、アメリカでもすぐ体外受精をしないと妊娠出来ないと断言されましたが、当薬局の漢方薬を服用して体質改善して自然に妊娠に成功して8月に元気な3000gを超える女の子が産まれました。しかし、難産で36時間かかって1600cc以上の出血があり、その後体調が悪くなってまた当薬局の漢方薬を服用します。実はこの患者さんは当薬局と大変縁があり、平成20年に顔と首の湿疹やかゆみ・生理不順・便秘などの症状があり、約8月間当薬局の漢方薬を服用して湿疹も改善され生理も順調になりました。これからまた漢方薬を服用して、元気になって精神的な症状が改善されるだけではなく、足りない母乳も増えて娘さんにも良い影響があると思います。赤ちゃんはまだ小さくて一緒に来局できませんでしたが、元気な可愛い写真を見せてもらいました。元気で成長することを祈ります。

3ヶ月の漢方で60代男性の肝機能が改善!

月曜日の連休、台風の影響で今日は大変忙しかったです。

今日の患者さんの事について、まず全国から難病の方が多く東京、埼玉、愛知、北海道など。IgA腎症、間質性肺炎、乾癬、再生不良性貧血等などなど。

 

他にも患者さんの事は色々です。

例えば90才近い女性は7年ぶり来局しました。最初に当薬局の漢方を服用したのは平成16年に半年間の漢方煎じ薬を服用して頭痛と不整脈が完全に改善。また平成24年に3ヶ月の漢方薬を服用して手足の湿疹痒みを改善させ、今日は7年ぶりの来局で両足膝に水が溜まっていると言われたので今回も漢方で改善したいそうです。

 

一人の70代のお医者さんの奥さんは、当薬局の漢方を服用して心配していた腎機能は改善しましたが、昨年12月から足の一本の指が腫れて痛くて、福島のあちこちの整形外科で検査しても分からず、、、先月やっと最後の一カ所の病院で指の骨が脱臼していたのが分かったそうです。この奥さんの家族にはお医者さんが4人いますが、いつもお医者さんに文句はいっぱいです。

 

現在、妊娠8週目で順調の40代女性は病院の帰りに来局し、本日も妊娠順調です!

 

平成28年から漢方を服用している(ネフローゼ症候群で7種類の薬を服用していて腎機能がどんどん悪化していた)60代男性は、更に腎機能が改善し基本的には透析を避けられます。漢方服用前はクレアチニン3以上でしたが、今年8/2の検査では2.35、最新の9/30の検査では2.31にまで改善しています。

 

糖尿病、尿酸が高い、肝機能異常などの60代男性は約3ヶ月前の7月から当薬局の肝機能・腎機能を強くする漢方で今日は喜んで10/7検査結果を持参しました。やはり肝機能・腎機能だけではなく、糖尿病も改善されています。例えば漢方服用前の今年5/10の検査では肝機能のGOT50、GPT50以上でしたが、今月の検査では33、33ですべて正常になり、尿酸は8から正常値の6.8にまで改善、ヘモグロビンA1cは7から6.2にまで改善、本人は大変喜んで主治医から「同じ4種類の薬なのに何を飲んでいるのか」と聞かれたので正直に当薬局の肝臓・腎臓を強くする漢方を服用していると言うと「ぜひ続けて」と言われたそうです。

一つの漢方で肝臓や腎臓など様々な症状、数値も改善できるのは、やはり絶対に西洋の薬ではできないと思います。

 

ところで写真の通り先日、福島の民友新聞社のインタビューを受けた記事を載せます!短いですが、すぐに役立つと思います。やはり自然食が一番健康的!

 

従って昼に写真の通り最後の桃を収穫しました(スタッフには大きめのビニール袋を持たされましたが…)。

実は先週の水曜日に収穫した時、3個の青い硬い桃を残しておきました。すると…やはり台風で1個影響を受け無くなっていたので、2個しか収穫できませんでした。この2個は大事に大事に食べたいので、小さいのに一週間に一個か、二週間で1個か…とりあえず本当に大事に大事に食べたいです。たぶん日本一遅い桃かな、と自慢します!

 

最後の写真の通り実は私の故郷、山東省青洲市の名物の果物は実は桃です。千年近くの栽培歴史があり、皇帝に献上した事もあります。硬めですが、甘くて大変美味しくて、この桃は葉が全て落ちた冬に収穫できる桃です(冬の桃、という名もあります)。故郷の桃を食べたいな。今日の桃より美味しいかな。