漢方で40代の女性は自然妊娠・出産

今日は曇りで結構寒くて、初めて暖房を入れました。明日もまた大雨が降るみたいで、被害がないように祈ります。先週の台風の大雨の被害は想像より大きくて、みんな大変です。被災地の方と比べられない程小さい被害ですが、私が住んでいるマンションのエレベータは昨日から仮運転でしたが、これから本番の修理に莫大なお金がかかるみたい。どうするかこれからマンションの組合の理事会を開いて決める予定だそうです。ちなみに、いつも私はマンションの理事会を欠席しています。いつも土曜日でいつも仕事です。

 

今日の患者さんのことについて、まず唇のトラブルの方が多いです。一人の50代の女性は、しゃべる仕事なのに3~4年前から毎日唇が荒れて、割れて痛くて塗り薬を使っても良くならないそうです。もう一人の30代の女性は、5~6年前から毎年2~3月に唇にヘルペスが出て、来年はならないように今日から漢方薬を服用します。

 

その他に癌の患者さんと不妊症の患者さんが多いです。嬉しい患者さんのことも沢山あります。落ち着かない・集中できない・緊張しやすい・チックなどの症状があり今年の1月から以上の症状を改善する漢方薬を服用している小学生のお子さんは、3月から様々な症状が改善され集中力も高まりました。今日、お母さんが喜んで最近のテストの成績を見せてくれましたが、グラフが直線のように上がって、特に最新のテストでは上位に入る位の好成績だったそうです。もちろん、本人の努力が一番ですが漢方で落ち着く・集中力が高まったことも否定できないと思います。

 

一番嬉しい患者さんのことは、43歳の女性のことです。この女性は、アメリカでもすぐ体外受精をしないと妊娠出来ないと断言されましたが、当薬局の漢方薬を服用して体質改善して自然に妊娠に成功して8月に元気な3000gを超える女の子が産まれました。しかし、難産で36時間かかって1600cc以上の出血があり、その後体調が悪くなってまた当薬局の漢方薬を服用します。実はこの患者さんは当薬局と大変縁があり、平成20年に顔と首の湿疹やかゆみ・生理不順・便秘などの症状があり、約8月間当薬局の漢方薬を服用して湿疹も改善され生理も順調になりました。これからまた漢方薬を服用して、元気になって精神的な症状が改善されるだけではなく、足りない母乳も増えて娘さんにも良い影響があると思います。赤ちゃんはまだ小さくて一緒に来局できませんでしたが、元気な可愛い写真を見せてもらいました。元気で成長することを祈ります。

流産2回の女性は、漢方で元気な2人の女の子が産まれました

今日は忙しいです。月末と、増税前の駆け込み・・・。実はスタッフの一人は、2年前から高血圧等で「体質改善の漢方薬を服用したい!服用したい!」と言っていたのに、ずっと服用していませんでした。私は強要を一切していないのに、昨日「今日から漢方薬を服用したい」と言われて、「何故急に?」と聞いたら「10月からの増税前に」と言われました。

 

今日の患者さんのことについて、耳鳴りの50代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、脳腫瘍を手術後に再発してまた手術した60代女性、卵巣癌を手術後に腹膜転移の70代女性、十数年前から全身がかゆくて6ヶ所の皮膚科に通ってもよくならない70代女性、てんかんの10才の男の子、アトピー性皮膚炎の8才の女の子、先天的な心臓病で手術後にまた血液逆流の1才9ヶ月の男の子、緑内障と視神経異常の目の難病の50代女性、頭痛・めまい・吐き気・不眠の30代女性、肺癌を手術後に転移の50代女性などなど。

 

多数のよくなった方のことは全部省略しますが、6年ぶりに長女と来局した30代女性のことだけを書きます。この女性は、2回流産をして婦人科検査は正常でしたが、平成22年当時20代の時に流産予防の当薬局の漢方薬を服用し、平成23年に元気な2917gの女の子を出産されました。2年後の平成25年に第2子が欲しくてまた当薬局の漢方薬を服用し、2週間早く産まれましたが平成26年に元気な2600gの女の子が産まれました。

長女は緊張しやすいこと等があり、また体力免疫力を高めるために当薬局の漢方薬を服用します。妊娠中も当薬局の漢方薬を服用していたので、この7才の女の子は漢方薬に一切抵抗はないと思います。今日から当薬局の漢方薬を服用します。次女も当薬局の漢方薬と縁があり、時々少しでも良いので妹さんにも飲ませてみて下さいと言いました。

10代女性の全身症状、20代男性の精神的な症状等が共に改善!

今日昼福島駅前桃取、今年最後桃美味。

何語?中国語!?実は写真の通り、昨日の新聞の「日本の偽中国語」の真似です!「日中韓外相夕食会、長城登山、深夜宿舎帰着」や「私食事減量中」や私の偽中国語も何となく分かるでしょう(笑)

意味は今日の昼に福島駅前で桃を収穫し、今年最後の桃は美味しかったです!(以下も偽中国語で書きたい!)

今日はとても忙しかったです!連休で月曜日が休みだったせいでしょう。

患者さんの事についてまず先週、妊娠成功した40代女性は今日の産婦人科の検査で妊娠5週目の順調です。ホントにホッとしました。

またIgA腎症の50代女性は3ヶ月前からの漢方服用で徐々に悪化した腎機能のクレアチニンが10数年ぶりに初めて下がりました。7月のクレアチニン値1.08から9月の先週には0.92にまで改善。

平成20年から脳腫瘍を手術後に再発して抗がん剤と放射線治療をした後、漢方服用を開始した当時40代男性は、もう10年以上の漢方服用で7月の脳CT、MRI検査は全て正常,腫瘍の再発や転移がありません。

また嬉しい事は精神疾患で悩んでいる20代男性は8/7から漢方服用していますが幻覚・幻聴、不安感、イライラ、不眠があり、現在は幻覚や幻聴がまだありますがイライラや不安感、頭痛、吐き気などの症状が殆ど良くなり、毎日散歩が出来る様になりました。

今年1月からの漢方服用している不安感、頭痛、吐き気、ゲップ、胃痛、腹痛の10代の女子高校生は朝起きれない、電車に乗れないで通学が大変、遅刻したり休んだりしていましたが、漢方服用で4月からは様々な症状が改善し、今では毎日通学ができる様になり8/26からの新学期後も今日まで毎日学校に行けています。この子はもし、漢方を服用しなければ心療内科の薬を飲んで、それでもたぶん良くならずに学校に行けなかったと思います。

今日最後の患者さんは9年半ぶりに来局した潰瘍性大腸炎の50代男性です。最初は3~4ヶ月の漢方服用でしたが、未だ効果が出なかった頃に主治医から漢方を止めるように言われて服用を止めました。それから10年近くも病院を変えたり薬を変えて今は大学病院の治療を受けても腸の炎症は悪化し、最初の大腸だけから今月の検査では腸全てに炎症がある、と言われたそうです。免疫抑制剤も効果が無くなり、他の薬7種類を服用していることにより肝機能や腎機能も悪化したので、また当薬局に来てくれました。漢方と食生活の改善により完治することを期待しています!

 

もう一つの忙しい理由は増税の影響です。10月1日から当薬局の漢方薬も仕方なく10%に適応します。従っていつも15日分の漢方薬を1ヶ月分にしたり、と2倍作りましたが、一番多い方は「4ヶ月分を作ってほしい」と依頼した方もいました。

 

半年間の漢方薬で30代の女性の子宮頸がんの検査結果が改善

今日は昨日より暑くて仕事も昨日より忙しかったです。でも、6時でも喉はカラカラになりませんでした。理由は、朝・昼食の他に時々タダの福島産の野生の梨を食べたからです。何個食べたかなあ。10個はいかないですが、7~8個かなあ(小さい梨です)。在庫はまだまだありますが、夜はもう食べないようにします。

 

患者さんのことについて大変な病気の方が多いです。特に目の難病の患者さんが多いです。小学生の時から網膜色素変性症と診断され視野がだんだん狭くなっている20代の女性、ほとんど見えない加齢性黄斑変性の60代の女性など。その他に大変な若い方も多いです。10代から統合失調症と診断され、多量の薬を服用しても良くならない30代の男性、7年前にひどい交通事故に遭った30代の女性は右の腰から脚まで麻痺と痛み・しびれ・筋肉がどんどん弱くなって、触ってみたら左足より3分の1くらい細くなっています。

大変な猫も当薬局の漢方薬を服用。難病のIgA腎症の当時30代で当薬局の漢方薬を服用して、今は腎機能の検査と尿検査は全て正常ですが、飼っている猫が元気がなくて、感染症がなかなか良くならず検査したら猫エイズだったそうです。やはり、なかなか治療法がなく当薬局の漢方薬を思い出しました。

 

大変疲れたので一人の良くなった患者さんのことだけを書きます。2月15日から当薬局の漢方薬を服用している30代の女性は、20代から多嚢胞卵巣症候群と診断され、ずっと低用量のピルを服用して生理は順調になり、卵巣の腫れが良くなって昨年の秋にピルを止めました。その後また生理不順になって、また病院の検査で排卵障害と子宮頸癌の高度病変と診断されました。漢方薬を約半年服用後の7月30日の検査結果で高度病変から子宮頸がんの一番軽度の軽度異形成まで改善されました。今日ご本人の話によると8月中ごろから自然に生理が来ました。子宮頸がんの細胞検査の結果が良くなっただけではなく生理も自然に来て、ご本人もよろこんでいます。今はピルや病院の薬は一切飲んでいないので漢方薬の体質改善の効果と考えられます。

 

明日も暑いそうなので、ゆっくり休みたいです。

なお、昨日のブログに自閉症の症状が改善されたお子さんの症状を詳しく書きませんでしたので追加します。お母さんからのメールによると、以前に比べて感情が崩れにくく、大きな奇声をあげたりする事がかなり減って、知らないところへの外出時は不安や緊張が強かったそうですが、先日遊園地に行った時には自ら乗り物に乗りたがるなど、今までとは違う嬉しい変化があったそうです。このような変化からご家族も穏やかに過ごせる時間が増えたとのことで、私も本当に嬉しいです!

漢方で5歳の男の子の自閉症状が改善

今日はとても忙しかったです。新患さんが多く、話が多くて喉がカラカラです。病名からいうと、進行性肺癌の60代女性、乳癌を手術後に腫瘍マーカー値が上がっている70代女性、子宮筋腫の40代女性、流産で不眠症の20代女性、高尿酸・高血圧の60代男性、脳動脈瘤の60代女性、潰瘍性大腸炎と子宮筋腫の40代女性、2回手術してまた再発の扁桃周囲腫瘍の20代女性、子宮体癌を手術後に肺転移の50代女性、卵巣嚢腫・子宮筋腫の40代女性、肝臓癌再発の50代男性、耳鳴りの50代男性、再生不良性貧血の60代男性、脳部異形髄膜腫再発の60代女性、不妊症の30代女性、精子異常の40代男性、未分化多形肉腫を手術後の10代男の子など。

 

よくなった患者さんも沢山居ますので、簡単に書きます。

平成26年から漢方薬を服用している再生不良性貧血の60代男性は、病院の薬を全部止めてもほぼ正常値を維持しています。4月30日の検査で赤血球は4900、ヘモグロビン13.9、血小板15.4で正常値。赤血球は411万で少し低いだけです。

乳癌を手術後に腫瘍マーカー値が上がっている70代女性は、平成29年5月から当薬局の漢方薬を服用し、AMYは当時の332からどんどん下がり昨年8月の164まで改善。今日の最新の検査結果の121(正常値は132以下)まで改善されました。

 

何より嬉しいことは、子ども達がよくなったこと。特に最近のニュースの、虐待で大事な子供の命がなくなったことがとても悲しいです。タイトルの通り、自閉症で発達障害の疑いと言われて、寝付きが悪い・不安・落ち着かない・発作・物を投げる等の症状があり、色んな漢方薬やサプリメントを服用してもよくならず、4月から当薬局の漢方薬を服用している5歳の男の子は、さまざまな症状の改善がみられました。今までよくなった発達障害や自閉症の子どものように、中学生、高校生、大学生まで続けて漢方薬を飲んで欲しいです。間違いなく、漢方で集中力を高めて脳の働きが良くなると思います。

 

最後になりますが、今日もう一つ嬉しいことは、肺癌で手術ができない60代女性は、抗がん剤治療で癌は小さくなっていますが、抗がん剤治療は終了。今後は経過観察と言われ、不安で〇〇大学病院の先生に「漢方薬を服用しながら定期的に検査を受けたい」と話をしたら、先生から当薬局を勧められて紹介状を持って来局しました。これからは、患者さんだけではなくお医者さん達が漢方を理解し認め、漢方と西洋の統合治療を理解できるよう努力したいと思います。実は、〇〇大学病院の入院患者さんやお医者さん本人やお医者さんの家族も多数当薬局の漢方薬を服用したことがあります。

皆様のおかげで薬局開業丸18年!

まず、皆様に感謝します。皆様のお蔭で2001年9月1日に仙台で懐仁堂漢方薬局がオープンしてからちょうど丸18年になります。明日から19年目に入り、懐仁堂の座右の銘『懐仁済世』を忘れずに効果日本一をずっと目標にして努力していきたいです。

 

今日の患者さんのことについて

①海外に住んでいる50代の女性と電話で話をしました。うつの薬は4分の3減って、朝8時くらいに起きられるようになりました。たまに朝10時頃起きる時があると言われて、「途中2~3時や4~5時に目が覚める時があるのでその時カーテンを開けて朝早く太陽を浴びて下さい、アメリカの研究では日が当たらない部屋で生活や仕事をしている方はうつになるリスクが高いです」と言ったら、残念ながら部屋は全然日が当たらないそうです。また、最近子どもの時の喘息が再発して自分では年のせいと考えているそうですが、年も当然関係ありますが、「予防の為に出かける時マスクを着けて下さい、乾燥すると肺が弱くなるのでマスクで水分の蒸発を防ぐと同時にほこりや排気ガスが入らない効果もあります」と言ったら、「オーストラリアでは絶対外でマスクを着けません。つけていると怪しい人・おかしい人と思われます」と言われました。また残念です。

 

②当薬局の漢方薬を服用して無事に元気な息子さんが産まれたご夫婦が来局。結婚8年、40代で元気なお子さんが産まれて大変喜んでいます。昨年8月7日に3ヶ月の時来局して抱っこした写真をいただきました。今1歳3か月になって、また抱っこしたら拒否反応がなくて私と大変仲良く、ずっと私の部屋で遊んで昨日採った野生の梨を3個あげてお父さんと外ですぐに1個食べたみたいで、おいしいと言われました。やはり、お母さんがずっと自然の漢方薬を服用していたので、野生の自然の物にすぐ慣れるのかなと考えられます。いまはときどきお母さんが漢方薬を服用していますが、2人目のお子さんの為かどうかは秘密にします。

 

③平成25年11月から漢方薬を服用している当時子宮体がん・リンパ転移で手術後抗がん剤治療を受けて、また肺転移と診断された当時50代の女性は、最初抗がん剤治療・放射線治療を受けながら漢方薬を併用して、半年後からは漢方薬だけを服用しました。がんは小さくなって、血液の検査結果の肝機能・腎機能・貧血は全て正常になって、今日最新の8月26日の検査結果とCTの検査結果を持って来ました。赤血球381万で少し低く、ナトリウム136で少し低い以外全ての項目が正常でした。また、CTの検査結果でも新しい転移・再発は一切無く大変喜んでいます。しかし、悩みが2つあり、1つは脳のCT検査の結果では放射線治療の影響で年齢より早く認知症になる可能性が高いと言われたこと、2つめは最初病気の進行度からみて、息子さんと娘さんの結婚式に出られないかもしれませんでしたが、無事に息子さんと娘さんの結婚式に出席できただけではなく、昨年末に息子さんと娘さんに1人ずつ男のお孫さんが産まれて、今2人の元気な男の子の面倒を見て毎日大変疲れていることです。今、ご本人は笑顔で間違いなく疲れても嬉しいと思います。

 

他の患者さんのことを省略してブログを終わりにしようと思いましたが、不眠・元気がない・学校に行けない・2日間眠れずその後丸1日寝てしまうなどの症状がある高校3年生のお父さんが漢方薬を取りに来ました。7月頭から漢方薬を服用していかがですかと聞いたら、効果を感じているそうで、以前のように丸2日眠れない日は無くなって、夏休みに塾にも行けるようになりましたと言われました。その時、ちょうど同じ不眠・食欲不振・元気がないなどの高校3年生のお母さんが来局。心療内科の薬を服用していますが効果が無いだけではなく副作用も心配で当薬局の漢方薬を服用開始します。昼に元気が出る漢方薬と夜に睡眠改善の漢方薬を服用すれば、睡眠が改善され昼も元気になり勉強にも集中できると思います。2人とも目標の大学に合格することを祈っています!

 

実は、昨日から私も漢方薬を服用しています。夏バテか、毎日の疲れか2~3日前の朝だるくて、以前のように目が覚めて全然疲れがなくすぐに起きられず、スッキリ起きられませんでした。昨日、寝る前に漢方薬を服用して今日は本当に目が覚めてすぐに起きられました!疲れは全然ありません。やはり効果を感じています。19年目、懐仁堂の患者様の皆様のためにまだまだ頑張るために、これからしばらく漢方薬を服用します。写真の通り、18年間の感謝の気持ちをこめてスタッフ達に記念ケーキをごちそうしました。食べながらスタッフ達にあと何年この日にケーキを食べるかな?10年?15年?私が70歳までかな?」とブツブツ言いました。みんなの反応はありませんでした・・・。

【写真】記念のケーキ

【写真】お昼(私の)

話が多くて喉が痛くて、、、、、梨初収穫!

今日の福島は新患が多く、話しがいっぱいでした。また、うつ状態の患者さんと4回以上、長く話をして…喉が疲れています。。そして少し落ち込んでいます。

落ち込んでいる理由は、①6月から不妊で漢方服用している20代後半の女性は、予測より早く順調に8月中旬に妊娠成功しました。大変嬉しかったのですが、婦人科系の病気や薬歴、冷え、不安感、不眠、肩こり等の症状もあるので、すぐ流産予防の漢方服用を提案しましたが、結局、その予防の漢方は服用してくれませんでした。今日は残念な連絡があり、流産して手術をしたそうです。早目に流産予防の漢方を服用すれば、、、と思って落ち込んでいます。②十代の腕の腫瘍を手術した子のお母さんとお姉さんが来局しました。月に一度の検査だけが不安との事で、今日から再発予防の漢方薬を服用開始しました。まだ十代なのに、こんなに難しい病気になるというのは、ご家族だけでなく私も心配で、何とか大阪の少年の様に(手術後にすぐ漢方薬を服用し続けて3年間、再発がない)なれば一番嬉しいです。

 

患者さんのことは、ここまでにします。

 

今朝、高速バスで福島に来た時、福島中央郵便局のバス停で降りるボタンを押すのを忘れたので、一気に福島駅の東口まで運ばれました。。塞翁失馬(サイウンシツバ)の物語のように、駅から薬局に行く途中、春に見ていた梨の木は今、遠くからでも茶色の大きい実が見えたので興奮して近づいたら、木の根元には落ちた梨が写真の様に…収穫が遅かったです。

取りあえず、低い枝の梨を3個採ってカバンに入れて、近くの公園の花桃も、そろそろ収穫の時期なので3~4個採りました。

薬局に着いたら我慢できず、まずスタッフに1個の梨を1/4に切ってもらい、皆で試食したら3人が「美味しい」、一人は「梨の味がする」とだけ言いました。桃も美味しいですが、まだ収穫は早そうです。昼休みにはビニール袋をもって収穫に行ったら、写真の通り木が高くて届かないので、予想より少なく採れました。

 

でも今年の大発見で大変嬉しいです。これから毎年採れることを楽しみにしています!昼休みから帰る時、後ろを見たら更に近くにもっと大きい梨の木があり、梨も落ちている梨も沢山ありました。しかし、高すぎてとてもとても手が届きません。。。

福島市民は誰も食べない、採らないハズ…熟して根元に落ちて、ゴミになることを考えると残念に思います。

あぁ、また落ち込む、、、やっぱり今日は落ち込む日かな。。。

漢方で血液や腸や心臓、腎臓など難病の子供の人生が変わった!

 

 

今日の福島は風があり、確実に涼しくなっていす。

 

患者さんの事について

  1. 土曜日のブログに書いた3ヶ月の漢方薬を服用して血小板数は3倍増えた関東圏の10才の血小板減少性紫斑病の女の子のお母さんからまた御礼のメ一ルがあり「2年前に病気を診断され、初めて入院してからずっと辛い日を過ごしていた。初めて良い結果になり、、、、これから予約して仙台店に来る予定です。(勿論、会うことは楽しみにしてます!その時、間違いなく必ず食生活、睡眠、スマホなどについて「説教」します。)
  2. 3年前に脳腫瘍、一年前に脳積水、歩けない、尿失禁、認知機能低下、数字を覚えない、読めない、字を書けない、不眠などの70代の男性は昨年10月に初期の胃がん手術やお姉さんの死で認知機能等が更に悪化して、昨年12月から当薬局の漢方薬を服用している奥さんの紹介で腎臓、肝臓を強く、脳の血流を良くする漢方薬を服用開始。その後、夜尿は4回から2回まで改善、認知機能も改善、今日来局の奥さんの話によると最近更に様々な症状が改善して、6月から本を読むになり、8月にまた1冊を読めはじめた。また時々、本の感想の日記も書いています。何の本ですか、厚い本ですかと聞いたら、本の名前は「昭和・・・・」みたい、中位の厚さだそうです。
  3. 小学生の時から発達症障害と診断され、11才からずっと当薬局の漢方薬を服用している、今大学3年生の男の子のお母さんが来局。今夏休みですが今日も朝から大学で勉強、国家資格を取る予定で、大変元気そうです。今まで何回もブログに書きましたが小学生の時から漢方薬を服用して普通の中学校に進学でき、また3年間の漢方薬を服用して、見事に福島の進学高に合格。また3年間漢方薬を服用して平成29年3月に見事に国立大学に合格。大学でも勉強の他に昨年の大学祭の実行委員長を務めて大活躍しています。

 

土日の夜に少し24時間テレビを見ました。

やはり一番感動したのは障害の子供達のチャレンジ精神、心の強さ、失敗でも努力することです。一つの事で子供、少年少女の人生を変えることに感心、感動、感激!漢方で様々な難病の子供達は病気が良くなり、元気になり、将来の夢を実現する、人生を変えることは私に対して一番嬉しいことです。従って、10才の血小板減少性紫斑病の子供のお母さんから「何と御礼を申し上げたらよいか」と言われたがメ一ルで「私は子供が大好き、娘さんと会うことは大変嬉しい、楽しみにしています!可能だったら、原因不明の病気や様々な治療法がない難病の子供達に優れた効果の漢方薬を紹介することが一番嬉しいです。因みに只今、夜尿症の子供、クーロン病の子供、てんかんの子供、重症筋無力症の子供、網膜色素変性症の子供、腎臓・心臓の難病の子供、、、、、

 

ただ今17時半過ぎ。

12年前に皮膚の難病で両手両足の皮膚はぼろぼろ、出血、痛くて漢方薬を約1年半服用して完治した当時高校生のお母さんが来局。頸と手が痺れ、痛くて漢方薬を服用します。息子さんの事を聞いたら、いま手足の皮膚はキレイで再発はなく、大学を卒業して福島に就職し、結婚して2ヶ月前に元気な男の子が産まれたそうです。赤ちゃんと息子さんの写真を見せてもらいました。大変可愛い赤ちゃんです!一日の最後に癒やしてくれて、うれしかったです!

約10年間、漢方を服用した少女と5年半ぶりに会った!!

今日の福島もサウナみたい!暑いです!

七月の低温のあと急に暑い日が続いている事で、8年前からガン手術後漢方薬を服用している85才男性の畑の野菜は全部質が悪く量が少ない、値段は三分の一だそうで、、、悲しい!

でも7月の検査結果は全部正常、嬉しい!

 

更に嬉しい事は今日、5才の時から中学生までの約10年間、漢方薬を服用していた女の子と5年半ぶり会いました。子供、少女から今の背が高くスレンダーな美女になっていて、その姿を見たスタッフは懐かしさから泣いて喜んでいました。元気な女子大学生になっても以前の症状は全て改善され、検査は全て正常、本当に嬉しいです。本人に確認したら(本人は忘れていましたが)、ご両親が当時大変心配していて、時々涙が出るほど娘さんの将来を心配し、私からは仙台の小児科まで紹介しました。

今はニキビや婦人科系の事もあり、当薬局の漢方薬で改善したいと言ってくれました。とてもキレイだったので、正面からの写真を撮ろうと思いましたが私から遠慮しました(記念撮影に応じてくれたので談笑姿でパチリ)。写真の通り身長はお母さんを越えたそうです。今日はご両親の代わりに生活習慣を整え早く寝るように、守ってほしいと“説教”しました。最後に「もし福島や仙台の街で会ったら手を振って挨拶をしても良いですか」と確認をしました。今は大学2年生で、勉強も部活も楽しく頑張っている様なので、来年の就活も始まる事から、元気にこれからも頑張ってほしいです!

 

ところで、久しぶりに朝食を掲載します!

写真1の通り、自分で買った野菜や果物の他に、昨日山形の80代女性の患者さんからもらったキュウリと今朝、自宅前の道路脇で取った薄荷は無料です。しかし、薄荷はこれから花咲く季節に入るので若い葉を採っても、けっこう固くて水分が少ない感じで、先月より美味しくないです。緑豆のお粥、豆乳と牛乳のミックスの他に写真2の胡麻一口、クルミ、桃の種、小魚、棗など間違いなく20種類以上を食べ、写真3の様に結構食べました。

朝食は一番大事!従って今日の福島の暑さに体力的・精神的に負けなかったです!

写真1

写真2

写真3

漢方を服用して、てんかんの20代女性2ヶ月発作なし!

今日の山形は、曇りの仙台と全然違って、晴れ、暑いです。

 

患者さんのことについて。新患の方はいませんが、患者さん方の検査結果や症状が良くなっています。

めまいの60代女性は、漢方を服用して症状がなくなり。蕁麻疹の80代女性も漢方を服用する前は、時々蕁麻疹が出ていましたが4月から出ていません。

3月から漢方を服用している口内炎・頭痛・歯の出血の40代女性は、症状が8割改善しているそうです。また、9歳のときに、てんかんで漢方を服用したことがある今は20代の女性は、病院の薬を服用しても月に1~2回のてんかんの発作があり、昨年5月から10数年ぶりに当薬局の漢方を服用開始。その後、徐々に効果が出てきて発作の時間が短くなり、発作の回数も減りました。例えば今年の発作は1月6日、2月4日、3月3日、4月3日、5月4日、5月24日、月に1回発作がありましたが、5月25日以降から今日まで、お母さんの記録をみると発作がなく。9歳のときに、てんかんの発作が分かってから、初めて2ヶ月発作がありませんでした。やはり病院の治療より、漢方の効果を感じています。