運動と呼吸法と食事で肺を強めましょう!

 昨日のブログにも書いた通り、最近毎日肺の病気の患者さんが多いです。肺の難病の間質性肺炎や、肺線維症や肺気腫の他に喘息、咳、痰、気管支炎など。たくさんの方は風邪を引いた後、咳や痰が長引いたり息苦しくなったり喘息の発作が起きたり・・・。例えば正月前に風邪を引いた40代の男性は、喘息の発作が起きて病院の治療をしても改善されなくて、夜眠れない、仕事が出来ない状態になって当薬局に来ました。肺を強くする漢方で著しく改善され、仕事に復帰出来ました。また、今日ひとりの肺の難病の60代の女性に、朝は寒いですが昼に外で運動して深呼吸をしてくださいと言ったら、ジムで運動していると言われました。残念ですが、肺にはキレイな空気と湿度が必要なので、ジムの中や部屋の中はたくさんの人がいるし、乾燥しているので肺にマイナスかと思います。またお金もかかります。

 ここで、肺の病気の方だけではなく、健康な皆さんにも運動と呼吸と食事で肺を強くする方法をお教えします。
①運動 
もちろん、有酸素運動。できれば空気がキレイな林や山の中での運動が一番理想です。もちろん冬は葉っぱが無いですが、春から秋までぜひ緑のある所で運動して下さい。冬に階段を上がることも肺を強める方法の一つです。できれば2段ずつ上がって(1段とばして)肺に負荷をかけた方が良いです。

②腹式深呼吸
多分皆さんご存知の呼吸法のひとつと思いますが、漢方からみると朝が一番効果的です。なぜなら一晩肺と体に廃ガスがいっぱい溜まっているので、朝外で空気がキレイな所で腹式で精一杯吸って精一杯吐ききってください。

③息を止める
これは多分日本ではあまり教えない方法と思いますが、精一杯できるだけ長く息を止めるのも肺を強くする方法のひとつです。息を止める時間が長ければ長い程肺が強くなります。毎日10回~20回くらい繰り返してください。

④食事療法
漢方では五臓は食べ物の五色にあてはめ、肺は白色にあたります。したがって白い物は肺によく肺を強める効果があり、漢方薬であり食べ物のユリ、バイモ、ソウハクヒ、白い大根、梨、白いキクラゲ、氷砂糖などがあります。
例えば、和梨と白キクラゲ(和梨は皮をむいてスライスします)と水を入れて20分煮出して、食べる前に氷砂糖を入れてデザートとして1日2~3回食事の間に食べたり飲んだりしてください。(※梨と白キクラゲ・水の量・氷砂糖の量は適当で良いです。)

やはり、これからは漢方の『気』が証明されるハズです!

 福島は雪が沢山積もっています。スタッフにまた雪が降ったのかを聞いたら「毎日、夜な夜な降っています」と言われました。まだ寒いですが、写真の通り福島市内の日当たりの良い早く咲く紅梅は蕾がだいぶ膨らみ、少しずつ確実に咲き始めています。薬局前の白梅、紅梅も蕾が少しずつ膨らみつつあります。

【福島市内の紅梅蕾】

【薬局前の紅梅蕾】

 今日は肺の難病の患者さんが多かったです。
 80代の咳・痰・胸苦しい男性や肺気腫と間質性肺炎の80代男性、5年前に結核性非抗酸菌症で息苦しく5年間で7キロ痩せてからは風邪をひき易い、咳、痰、息切れで毎年の検査で肺の影が大きくなっている60代新患女性など。

 良くなった患者さんも沢山います。
平成26年1月から肺気腫、間質性肺炎を患っている80代男性は、3年間の漢方服用で息切れ、胸苦しい、動悸の症状が改善され、今月10日の病院での検査で肺の硬化は一切進行していないと言われたそうです。今は漢方薬を半量に減量して服用しています。
また、12/4のブログに書いた目の網膜中央静脈閉窄症、眼底出血で3年前から視力が徐々に低下しレーザー治療を二回しても効果なく、1m先の文字は見えない、目が眩しい、物を見ると歪んで見えていましたが、今日本人によると視力は大変改善していることを感じ眩しさ、歪みも改善、また胃痛や吐き気も良くなり冷え症も大変改善されていました。待っている間に沢山の患者さんにその効果を説明してくれていました。

 ところで、漢方医学では『気』が大事と考えます。
 『気』は生命力、エネルギーだけではなく、意識、思想、感情などの様に見えないことです。さきほどネットで中国の物理化学者が書いた文章を読みました。概ねは、最新の「量子力学」でこれから漢方医学の『気』の存在は解明、確認されると予測しています。また、人間が死んだ後の魂・意識は宇宙のどこかに飛んで存在することも証明できるそうで、従って仏教の輪廻転生も実際に存在することも説明できるそうです。両方の解明を楽しみにしています。

初めての乾杯の挨拶を経験

 昨日の深夜から大変でした。今日の昼に宮城県・福島県・山形県3県の華僑華人留学生と、3県の日本の関係部門団体による中国の旧暦の正月を祝う会がありました。昨日の深夜12時に熟睡している最中に電話が鳴り、主催者の大使館側が受付用の貼り紙4枚を準備するのを忘れていたので、赤い紙に黒い文字で書いて明日9時までに書いて欲しいと言われました。その後、しばらく眠れませんでした。朝7時に薬局に来てみたら幸い赤い紙がありすぐ書きました。もし、赤い紙がなければ10時以降に紙を買いに行かなくてはなりませんでした。
 もちろん、今日も週末なのでたくさんの患者さんの予約がありました。今日は11時30分~13時30分を空き時間にしてこの祝う会に参加する予定でしたが、大使館から協力者として14時15分からの記念撮影が終わるまで会場にいて欲しいと言われて、14時と14時30分の予約の患者さんに止むを得ず15時以降に移動して頂きました。大変ご迷惑をおかけして申し訳なかったです。おかげで、おおむね仕事に影響は出ませんでした。
 患者さんのことについて、新患の患者さんが多いです。毎日夜尿で病院の漢方エキス剤を服用しても効果が無く、その後漢方専門薬局の漢方エキス剤を半年服用しましたが効果が無い10代の男の子や、数年前から頭の湿疹・かゆみで昨年からだんだん全身に広がって皮膚科を2ヶ所変わって塗り薬と口服薬を服用しても効果が無い60代の女性など。

 もちろん、よくなった患者さんもたくさんいます。一番嬉しい患者さんのことは1年以上ぶりに来局した20代の女性のことです。この女性は、不眠・不安・咳・食欲不振・胃痛・生理痛・吐き気・口内炎などの症状で心療内科の睡眠薬・抗不安薬などを服用してもよくならず、平成27年9月から当薬局の漢方薬を服用しました。半年後の平成28年4月からすべての症状が改善され、病院の薬も止めて漢方薬を半量にしても症状の再発がなく6月に漢方薬も止めました。その後、平成28年11月に食欲不振・途中で目が覚めるなどの症状でまた漢方薬を15日分服用しましたが、その後は漢方も病院の薬も飲まずに一切症状がありませんでした。1年以上ぶりに来局したのはたぶんまた体調が悪くなったかなと思いましたが、ご本人から最近ストレスが多く睡眠時間が短くてちょっと胃が痛い時があり、また半月分の漢方薬を服用した方がよいかなと言われました。大変ホッとして嬉しいです。もちろん、今も心療内科の薬は一切服用していません。

 人生で初めて、今日の祝いの会で乾杯の挨拶を頼まれました。昨日、スタッフ達に初めてなので乾杯の挨拶のポイントを聞いたら、一人のスタッフからは「とにかく短くする!」もう一人からは「できるだけ短く!!」と言われ、今日はそのまま実行して大成功でした。