肺癌の患者さんの胸水が漢方で減っています

 今日は旧暦の12月24日。あと1週間で中国の旧暦正月の春節です。日本の学校を定年後に中国の大学で日本語を教えている友人(80代のお母さんは以前心臓病で冬に時々入院していましたが、漢方薬を服用して今年の冬はとても体調がよく入院もないそうです。)も1ヶ月の休みがあり、日本に帰って来ました。また、漢方薬を服用している日本人のお嫁さんになった中国人女性に、「正月は帰りますか?」と聞いたら、本人は「帰らない。」と答え、ご主人が「帰らせない」と言いました。私に「侯先生は帰りますか?」と聞かれたので「最初は帰る予定でしたが、先日帰らないことにしました。」と答えました。帰らない理由は一身上の都合でしたが、結構周りにいろいろと迷惑をかけてしまいました・・・。

 今日は、10代の精神的疾患の患者さんから80代の湿疹の患者さんまで幅広く、病気もさまざま。印象深いことは、やはり癌の患者さんの症状や検査結果がよくなっていることです。

①昨年12月から漢方薬を服用している、進行性すい臓癌で手術ができない、腹水があり肝機能・腎機能異常の70代男性は、最新の今日の血液検査の肝機能・腎機能は1月より改善されています。
(例えば、1月結果:アルカリフォスファターゼ351、γGTP66、AST51、ALT62、乳酸脱水素酵素179、アミラーゼ75、尿素窒素23、クレアチニン0.95
2月結果:アルカリフォスファターゼ316、γGTP54、AST20、ALT14、乳酸脱水素酵素169、アミラーゼ71、尿素窒素18、クレアチニン0.89)
 もちろん、抗がん剤治療を続けているので、もし肝臓・腎臓などを強める漢方薬を服用しなければ、間違いなく更に悪化します。従って、抗がん剤治療を受けている患者さんは、漢方薬の併用によりさまざまな副作用が軽くなると思います。

②昨年6月に肺癌と診断され、手術をして抗がん剤治療を受ける予定でしたが、間質性肺炎も診断され、抗がん剤治療ができなくて肺に水も溜まり、また肺に影もある70代男性は、以前当薬局の漢方薬を服用したことがある奥さんの勧めで昨年7月から当薬局の漢方薬を服用しています。咳・痰・息切れなどの症状が改善されただけではなく、2月1日のCT検査では肺癌の再発・転移はありません。肺の影が薄くなり胸水も著しく減っています。半年後にまた検査をすると言われました。この患者さんの場合は、病院治療を一切受けていないので、肺を強める体質改善の漢方薬で胸水が減っています。

 何回か漢方薬の癌治療の優れたところを書きましたが、もう一度まとめて書くと、癌の漢方治療の特徴は、
1)体全体を考える。癌がある臓器や場所ではなく、癌は体全体の病気と考えて体質改善します。
2)癌を抑制する。癌が大きくならない、或いは小さくなる、がん細胞を抑制する漢方薬は実は沢山あります。もちろん、癌の種類・場所によって違います。
3)放射線治療と化学療法の副作用が軽くなり、治療効果が高まります。例えば、徳島大学の研究で進行性子宮頸癌(ステージⅣ)の抗がん剤だけで治療しているグループより抗がん剤治療と漢方薬を併用のグループは、15年後の生存率が約8倍高い(漢方を服用した患者は治療開始から15年後で16.7%が生存しているが、漢方薬を服用しない患者は2%に過ぎない)との結果があります。

 今日の漢方薬を服用している癌患者さんの2人は、やはり病院治療だけよりさまざまな症状が改善されています。従って、もし私が癌を診断された場合は、すぐ漢方薬を服用します!もちろん、癌にならないように日々食生活を管理し、予防の漢方薬も服用しています。

Posted in

17年前から統合失調と診断された40代の女性は、ほとんど症状が改善されました

 今日は車で山形に行きました。昼に用事があり、東根に行きました。写真の通り山形市内よりさらに雪が多いです。

【写真】

 今日の患者さんは、全身体調不良のろうあ者の70代の女性や、パーキンソン病の50代の男性、頭痛・めまい・吐き気の60代の女性、40代の統合失調症の女性など。新患の患者さんと、漢方を始めてから1~2ヶ月の方はまだあまり症状の改善は見られませんが、40代の統合失調症の女性は著しく症状が改善されています。
 この40代後半の女性は、平成13年に病院で統合失調症と診断され、そのあとずっと心療内科の治療を受けています。心療内科の7種類の薬の他に、婦人科からも4種類の薬を服用されていますが、イライラ・不安・息苦しい・不眠・幻覚・幻聴・生理不順・頭痛・耳鳴り・手足のしびれなどの症状があり、平成29年8月19日にお母さんと初めて来局しました。その時お母さんから、ほとんど家から出られなくなり、家事も料理も一切できない状態と話がありました。また座っている時に頭・首・上半身がずっと揺れるように動いていました。当薬局の漢方薬を服用すると同時に、仙台市内の薬を少なく処方してくれる心療内科を紹介して、その後全身の様々な症状が改善されました。今日は約6か月ぶりにお母さんと来局。今日の第一の印象は笑顔で私といろいろ話すことができるようになって、頭・首・上半身の動きもなくなっていました。お母さんの話によると大変よくなって今は料理も家事も手伝ってくれるし、ときどき一緒に外出して買い物をしたり外食もできるようになりました。特に、買い物の時はいつも重い荷物を持ってくれると言われました。最初に来たときのお母さんの涙の顔から、笑顔に変わりました。

 昨日、福島でも一人の40代のうつ病の男性患者さん(数年前から当薬局の漢方薬を服用して、全ての症状が改善され仕事にも復帰できました)から、弟さんが統合失調症でなかなか良くならなくて、漢方でよくなりますか?と聞かれました。今、どういう症状があるか、何種類の薬を服用しているか分かりませんが、今日の40代の女性のように体質改善すれば、全身の症状にしても精神的な症状にしても必ず症状が改善されたり、軽くなったり、また心療内科の薬の副作用が軽くすることが出来るはずです。気持ちとして、早く漢方薬を併用して様々な症状が改善すればよいなと思います。

無理矢理1.5歳の女児を抱っこ成功!

 今日も福島は大変良い天気でしたが、薬局の窓近くの梅の蕾の大きさはあまり変わっていません。

 今日は潰瘍性大腸炎、クローン病、腎臓がん、急性膵炎、黄斑変性などの難病の患者さんが多く、良くなった患者さんも多かったですが、一番嬉しかったのは当薬局の漢方服用で妊娠・出産に成功し、1才半の女の子を抱っこできたことです。
 30代のお母さんは、二回の流産で平成27年3月から当薬局の漢方薬を服用して冷えや不眠、足の浮腫み、生理不順などの症状を改善され、平成27年10月に自然妊娠成功し平成28年7月に体重3611gの元気な女の子が産まれました。今日は初めてこの女の子と会い、抱っこしたくて抱っこ成功しましたが…私の顔を見ずに姿をチラ見して泣きました。本当に申し訳なかったですが、大変嬉しかったです。お母さんによると、今は元気で母子共に病気はないですが何回も病院に行って予防注射をしたせいで…白衣を見ると泣くそうです。お母さんは冷え症や吹出物の症状も有り、今日からまた第二子のために漢方薬を服用開始しました。子供の成長と早目の妊娠を祈っています。早い第二子の抱っこを楽しみにしています!

三ヶ月間の漢方服用で70代女性の4年前からの舌痛が完治

 今日の福島店では医療従事者の患者さんが多かったです。
 昨年10月からご主人の病院でも良くならず、〇〇医大でも良くならないお医者さんの奥さんの4年前からの舌痛が三ヶ月間の漢方服用で今日、本人から「完治しました。舌の痛みだけではなく、口臭も逆流食道炎も胃痛も便秘も改善。感謝します!」と電話がありました。これは漢方の体質改善と西洋医学の対症療法の違い所です。
 もう一人のお医者さんの奥さんは、高血圧や橋本病もあり多量の薬を服用していて、最近夜はトイレが近く3~4回は起きていて、血圧も高くなり、病院からオシッコを減らす薬を処方されたので服用すると、確かに尿は減りましたが昼間も減り、両足がパンパンになり、筋トレジムのトレーナーのせいかな、と思ったそうなのでその旨をトレーナーに言うと「冤罪ですよ(笑)」と言われたそうです。すぐに尿を減らす薬を止めたら、だんだん両足の浮腫みはとれましたが、夜のオシッコは変わらないので当薬局に来ました(十数年前から、何か良くならない病気や症状がでると当薬局に来てくれます)。今日は本人が漢方煎じ薬を飲むつもりでしたが、まず「提肛」という肛門の体操を教えて「一日3セット、1セットは30~50回をまず一ヶ月続けて効果をみて下さい」と伝えました。話をしていると、もう昼になったので、さらに親子の様に一緒に外食をしてきました。

 新患は、肺の難病の十数年前からCOPDの70代男性や、30代から頭痛の70代女性など。

 ご存じの通り昨日は「立春」。やはり今日の福島は大変温かいです。外の紅梅・白梅の蕾が大きくなっただけではなく、牡丹の芽も雪柳の蕾も山茱萸の蕾もヒョウガミズキの芽も大きくなっています。※ヒョウガミズキは毎年名前を忘れられる木で、皆で覚えられずにいます。もう12、13年前からのことです。私だけではなく、若いスタッフ達も毎年思い出せません!
 まだ寒い日、また雪が降る日はありますが春はもう遠くない!春を楽しみにしてます!(昨日の各地の写真)

久しぶりの患者さんが多い

 今日は一身上の都合で嬉しいことがあり、スタッフ達から「こんな日はケーキを買ってください!」と強要されました。また、今まで何回も鍋料理を勧誘された宅急便のお兄さんから、鍋を持っていないのに「鍋料理をぜひ買ってください!」と言われて、スタッフ達からもあわせて「今日は侯先生機嫌が良いから買いますよ!」と言われても固く断りました。鍋がないのに・・・。

 大変な患者さんがいます。2012年右肺がんと診断され、手術できなくてずっと抗がん剤治療を受けていましたが、1年後骨と脳に転移、その後また左肺に転移して、同じく抗がん剤治療を受けていますが、がんが良くならないだけではなく以前右肺に水が溜まって全然機能していませんでしたが、昨年冬から左肺にも水が溜まるようになって先週400cc水を抜きましたが歩けない程息苦しくて苦しんでいます。また、12種類の薬を服用しているので、検査結果は持って来ませんでしたが肝機能・腎機能も結構低下していると思います。ご夫婦で当薬局の漢方薬を服用している方の紹介で、今日から肺と肝臓・腎臓を強め、肺の水を減らす漢方薬を服用することになりました。一日も早く肺の水が減って呼吸が楽になることを祈っています。

 今日は久しぶりの患者さんが多いです。平成25年11月に蕁麻疹・不眠・不安・イライラ・頭痛・耳鳴りなど様々な症状で悩んで当薬局の漢方薬を3ヶ月服用した当時20代の女性が4年ぶりに来局。当時の蕁麻疹・不眠・頭痛・耳鳴りはすべて改善され、今30代になって結婚して子どもが欲しいですがなかなかできなくて、今日からまた当薬局の漢方薬を服用します。以前の病気・症状は改善され、再発も無いことが嬉しいですし、また当薬局を思い出してくれたことも嬉しいです。

 もう一人の久しぶりの患者さんは、1年半ぶりに再会したら、一気にキレイな中国語で挨拶してくれて大変ビックリしています。話によると仕事上で中国の留学生との交流が多く、昨年からアプリで中国語を勉強しているそうです。昨年一人で台湾に旅行にも行きましたし、パンダが大好きでこれから一人で中国の四川省に行きたいそうです。この患者さんももちろん以前の両手の湿疹・円形脱毛が改善され、昨年の婦人科の検査で子宮筋腫が以前より大きくなって当薬局の漢方薬で子宮筋腫を小さくしたくて来局しました。
 実はこの患者さんは十数年前に実家のお父さん・お母さん・妹さんも当薬局の漢方薬を服用したことがあります。お父さん・お母さんはお元気ですかと聞いたら、お父さん・お母さんの話の他に、自慢の元気なおじいちゃんの話もしてくれました。なんと、今101歳でとても元気で足腰も耳も丈夫で、一人で生活もすべてできると言われて、大変感激しています!いつか岩手県に行って長寿の秘訣を聞きに行きたいと思います。

40代のパーキンソン病の症状が改善

 今日は特に個人的なことや面白いことや感想などはありません。
 患者さんのことについて、やはり癌と難病の患者さんが多い。子どもの患者さんも居ますし、高齢の90代の患者さんも居ます。
 難病の一人のパーキンソン病の40代男性は、平成25年から病院の薬を併用しながら当薬局の漢方薬を併用し、手の震えや手足のしびれの症状が改善され、病院の薬を3種類全部やめて今は漢方薬1ヶ月分を2ヶ月で服用しながら元気に仕事もできます。「5年前の症状はほとんど改善されている」と、本人と病院の主治医からも言われています。
 また、3回膀胱癌を再発・転移手術をして平成24年から漢方薬を服用している60代男性も漢方薬を3分の1量まで減量し、1月の1年ぶりのCT検査と細胞検査では、再発・転移は一切ないと診断されました。この患者さんは、手術後にすぐ漢方薬を服用したタイミングがとても良かったと思います。

3ヶ月の漢方で1年ぶりに生理が来ました

 今日は仙台も山形も晴れて暖かいです。新患の患者さんはいませんが、先天的な高血圧の学生や19歳から膠原病の30代の女性、IgA腎症の60代の女性など難病の患者さんが多いです。みなさんそれぞれ症状が改善されたり、検査結果が良くなって喜んでいます。
 一番印象が深い患者さんのことは、20歳の時から2年間の間に内膜症で3回手術をしてその後生理不順で毎月薬を注射と服用して生理が来ていましたが、1年前の検査で卵巣チョコレート嚢腫もあり、ホルモン剤の注射と服用をやめましたがずっと生理がなく、また不整脈・冷え・不眠・むくみなど全身の症状もあり、婦人科の病気を繰り返さない為と妊娠出産のために友人の紹介で昨年11月から当薬局の体質改善の漢方薬を服用開始しました。今日は昨年12月末の○○大学病院の婦人科の検査結果を持ってきて、チョコレート嚢腫はまだ変わっていませんが、1年ぶりに先月自然に生理が来たと言われ、大変喜んでいます。今日は、検査結果とこれから妊娠のために新しい漢方薬を調合しました。無事に早めの妊娠を祈ります。

 その時ちょうど2年ぶりの患者さんから連絡があり、山形から仙台に転居したそうでこれから仙台でまた漢方薬を服用する予定です。この女性は以前山形で当薬局の漢方薬を約3年間服用して無事に元気な男の子が生まれました。生まれた日を考えると今はもう2歳半で大きくなったかなと思います。当時山形で何回も抱っこしました。とても重かったと覚えています。実はこの女性は、10代・20代・30代の時婦人科の病気で繰り返し手術して最後に婦人科から癌になるリスクも高いので定期的に検査が必要、妊娠は諦めて下さいと言われて、平成25年1月から当薬局の漢方薬を服用開始しました。半年後自然に生理が来てその時私からもし子どもが欲しければ妊娠も可能だと思いますと言って、平成27年に妊娠成功!元気なお子さんが産まれました。2年ぶりの再会、元気なお子さんを抱っこしたくて楽しみにしています。もう大きくなって重くて抱っこできないかな、と心配しています。

昨日からホームページを一新しましたが…

 長い期間を得てプロのホームページ制作会社に依頼し、昨日から新しいホームページへと一新しました。
実は、あまり満足していないため、ここで、ぜひ皆さんのご意見を聞きたいと思いますので教えて下さい。心よりお願い申し上げます。

 以上、今日はホームページのことで大変心が疲れたので患者さんのことについては省略します。

運動と呼吸法と食事で肺を強めましょう!

 昨日のブログにも書いた通り、最近毎日肺の病気の患者さんが多いです。肺の難病の間質性肺炎や、肺線維症や肺気腫の他に喘息、咳、痰、気管支炎など。たくさんの方は風邪を引いた後、咳や痰が長引いたり息苦しくなったり喘息の発作が起きたり・・・。例えば正月前に風邪を引いた40代の男性は、喘息の発作が起きて病院の治療をしても改善されなくて、夜眠れない、仕事が出来ない状態になって当薬局に来ました。肺を強くする漢方で著しく改善され、仕事に復帰出来ました。また、今日ひとりの肺の難病の60代の女性に、朝は寒いですが昼に外で運動して深呼吸をしてくださいと言ったら、ジムで運動していると言われました。残念ですが、肺にはキレイな空気と湿度が必要なので、ジムの中や部屋の中はたくさんの人がいるし、乾燥しているので肺にマイナスかと思います。またお金もかかります。

 ここで、肺の病気の方だけではなく、健康な皆さんにも運動と呼吸と食事で肺を強くする方法をお教えします。
①運動 
もちろん、有酸素運動。できれば空気がキレイな林や山の中での運動が一番理想です。もちろん冬は葉っぱが無いですが、春から秋までぜひ緑のある所で運動して下さい。冬に階段を上がることも肺を強める方法の一つです。できれば2段ずつ上がって(1段とばして)肺に負荷をかけた方が良いです。

②腹式深呼吸
多分皆さんご存知の呼吸法のひとつと思いますが、漢方からみると朝が一番効果的です。なぜなら一晩肺と体に廃ガスがいっぱい溜まっているので、朝外で空気がキレイな所で腹式で精一杯吸って精一杯吐ききってください。

③息を止める
これは多分日本ではあまり教えない方法と思いますが、精一杯できるだけ長く息を止めるのも肺を強くする方法のひとつです。息を止める時間が長ければ長い程肺が強くなります。毎日10回~20回くらい繰り返してください。

④食事療法
漢方では五臓は食べ物の五色にあてはめ、肺は白色にあたります。したがって白い物は肺によく肺を強める効果があり、漢方薬であり食べ物のユリ、バイモ、ソウハクヒ、白い大根、梨、白いキクラゲ、氷砂糖などがあります。
例えば、和梨と白キクラゲ(和梨は皮をむいてスライスします)と水を入れて20分煮出して、食べる前に氷砂糖を入れてデザートとして1日2~3回食事の間に食べたり飲んだりしてください。(※梨と白キクラゲ・水の量・氷砂糖の量は適当で良いです。)