招き猫を可愛い女の子にあげました

今日は台風の影響か天気が悪くて私の喉も疲れてカラカラになっています。昨日から新患の患者さんが多くていっぱい話をしました。今日も新患の患者さんが多いです。例えば、昔手術後に当薬局の漢方薬を服用して今は再発転移も無いお父さんからの紹介で、耳鳴り・難聴が4月から続いている息子さんが耳鼻科の治療をしても良くならず補聴器をつける予定でしたがこれから人生40~50年と考えると自然に治したくて当薬局に来ました。また、お父さん・お母さん・妹さんが当薬局の漢方薬を服用している40代の男性は、健康診断で脂肪肝・腎臓嚢胞・腎機能低下などがあり病気予防の為に漢方薬を服用することになりました。さらに、青森など他県からの患者さんやご家族4~5人で来局された方もいらっしゃって、これから癌手術の70代の女性は娘さんとお孫さん2人と来局。女のお孫さんから薬局に飾っている招き猫が欲しいと言われて、私は喜んで「どうぞ」とあげました。今まで、たくさんの子供達が来ていましたが誰も欲しいと言わなかったと思って「あなたは勇気がある!ハッキリ言う方が得ですよ」と女の子に言ったら、スタッフから実は他にも欲しいと言われたことがあると聞きました。最後に女の子は喜んで帰る前に「福は来ますか?」と聞かれたので、「必ず来ます!」と答えました。

 

よくなった患者さんもたくさんいますが、腎機能低下で透析と言われた50代の男性は、7月9日の検査でクレアチニンは4.92で8月10日から当薬局の漢方薬を服用しました。服用してから2ヶ月が経ちますが、とても残念なことに9月28日の検査でクレアチニンは5.56まで上がりました。とても残念で悲しく申し訳ない気持ちでいっぱいです。ご本人は漢方を止めて透析するしかないと言いましたが、もう1ヶ月だけ頑張って漢方薬を服用すると言われました。来月からクレアチニンが下がって透析を避けることを祈っています。ちなみにこの男性はまだ50代になったばかりです。したがって、今日のブログは短くします。

 

ところで、最後に昨日できあがった冊子が届きました。この冊子の中に私が書いた中国の水墨画のエッセイが載っていますので、字が小さいですがぜひご覧になってみて下さい。

(最後の校正をしていないので残念ですがその中に数ヶ所間違いがありました。例えば、37ページの「指名印は」というところが本当は「氏名印」だったり・・・。)

「川柳 宮城野10月号」

11年前から漢方薬を服用しているパーキンソン病の男性は元気

今日はとても良い天気。大変な患者さん、久しぶりの患者さん、遠くからの患者さんが多かったです。

大変な患者さんの一人の86歳女性は、なんと昭和51年から平成13年の車の運転を止めるまで10回交通事故に遭いました。幸い1回だけ足指の骨折があっただけでしたが、その後全身痛みがありずっと苦しんであちこちの病院治療を受けています。坐骨神経痛、手根管症候群、神経障害性疼痛症、脊柱管狭窄症、頸椎症などと診断され、多量の薬を服用して便秘や胃痛などさまざまな副作用が出て、当薬局の漢方薬を服用している友人からの紹介で今日から漢方薬を服用します。話によると、10回の交通事故は全て追突されたそうで、4台廃車にしました。

もう一人の大変な患者さんは40代女性で、内膜症、腸閉塞を繰り返して最近の6月の腸閉塞の手術は4回目だそうです。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。生理痛、吐き気、胃痛、動悸などの症状で電車に乗れず通勤できない30代女性は、7月から当薬局の漢方薬を服用し、今は生理痛の他全ての症状が改善され、電車通勤できるようになりました。

 

難病のパーキンソン病の当時50代男性は、平成19年12月からパーキンソン病と診断され、病院からの7種類の薬を服用して副作用が強く、歩くのも大変。両手が震えて仕事も大変な状態で、11年間ずっと漢方薬を服用しています。平成26年10月に退職後、再雇用になり昨年3月に完全に退職するまで、深夜の仕事や残業まで仕事ができました。本人の話によると、会社にとても貢献しました。その間に新築の家の工事の打ち合わせも出来て、また今日初めて聞いた話は、お父さんが残した200坪の庭の植木の剪定と草刈りを毎日楽しんでいます。「高い所に登る時は奥さんに手伝ってもらって下さい。」と言ったら、「奥さんは手伝ってくれないが大丈夫。」と言われました。でも、草や枝を捨てるのは奥さんがしてくれるそうです。

今は病院の薬を2種類服用していて、血圧も安定しています。今日見た顔色もとても良いし、元気です。この患者さんの症状は完治していませんが、11年間体質改善の漢方薬を服用し、進行せずに日常生活を全部できることは、副作用が強い西洋薬より漢方薬の効果が著しいといえるでしょう。

体質改善の漢方薬で不安・手の震え・吐き気・胃痛などが改善

今日も山形は雨ですが沢山の患者さんが来局しました。不眠症・めまいの70代の女性。高血圧・肥満の50代の男性。糖尿病・高血圧の60代の男性。不妊症の40代のご夫婦など。

 

よくなった患者さんも多くいます。例えば60代の糖尿病の男性は、HbA1c9.3でしたが2月末から漢方薬を服用して徐々に下がりました。4月3日は8.0、5月10日は6.7、6月21日は6.0、7月31日は5.9でした。

 

また20代から不安・不眠・手の震え・胃痛・吐き気などの症状がある女性は、病院で不安症・パニック障害と診断されたそうです。薬もいろいろ服用しましたが良くならず、今年1月から漢方薬を服用し、今は不眠以外の症状が改善され、毎日休まず仕事ができるようになりました。このまま良くなって欲しいです。双子の姉にも当薬局の漢方薬を勧めて姉妹で服用しています。

 

今日は双子の患者さんが多いです。30代と70代それぞれの双子の姉妹が、当薬局の漢方薬を服用しています。70代の双子のお一人は、ご自身の娘さんがなんと三つ子をご出産されました。

肝臓・腎臓を強める漢方で、肝機能・腎機能・尿酸が改善

月曜日が祝日だったので、今日の福島店は忙しかったです。新患も多く(腎機能低下、高血圧、耳鳴り、膝痛、飛蚊症、脳腫瘍など)、よくなった患者さんも沢山居ます。

例えば40代の時から脳腫瘍を2回手術し、漢方薬を服用して10年間再発していない男性や、生理不順・生理痛・不眠・イライラの30代女性は、不眠・むくみ・生理不順・生理痛など全部よくなりました。また、7月30日から漢方薬を服用している腎機能低下の80代男性は、漢方薬を服用前の7月25日のクレアチニン値2.64から8月20日の2.55、更に9月19日の2.45まで改善されました。(10種類の薬を服用していますが、まだ漢方薬を服用のことは主治医に話していません。残念です。)

平成11年の当時60代の時、痛風、肝機能・腎機能異常(クレアチニン値1.2、尿酸8.9)で漢方薬を服用し、今は痛風の発作もありません。肝機能・腎機能の検査も全部正常値になりました。ところで、この患者さんが平成25年から不眠・不安・動悸で漢方薬を服用している女性と仲良く話をしているところを見て、不思議に思って聞いたら、なんと男性はこの女性のお兄さん!初めて聞いてビックリしました。

 

写真の通り、今朝早く福島に来て、最後の桃を収穫しました。食べながら収穫して本当に美味しかったです。残念ですが収穫が遅くなり数もあまり多くないし、悪くなっているのも多いので誰にもあげませんでした。珍しく1本の桃の木に一つの綺麗な桃の花が咲いていました。この桃はいつ成長かな、冬に桃の収穫ができるのかなと思います。秋の風物詩の赤い花も見つけました。今年の桃の収穫終了を宣言します。来年また楽しみにしています。

 

5ヶ月の漢方で20代の女性の頭痛・めまいと様々な精神的な症状が改善

今日の山形はずっと雨。14~15℃くらいの気温で大変肌寒かったです。今日は、顔の神経痛、腎機能低下、全身湿疹などの患者さんが改善されています。例えば医療従事者の30代の男性は、尿酸も高く腎機能が低下して自分が勤めている病院から様子を見る以外治療方法はないと言われて、透析を心配して2ヶ月前から当薬局の漢方薬を服用しています。漢方薬を服用前の6月末の検査のクレアチニン1.23から9月の検査で1.02まで改善され大変喜んで、これからひきつづきクレアチニン正常値まで、尿酸値とコレステロールを改善されるまで漢方薬を継続する予定です。

 

もうひとり著しく改善された20代の女性は、数年前から頭痛・めまい・食欲不振・胃痛・耳鳴り・イライラ・不安・不眠・生理痛など様々な症状で悩んでいました。特に頭痛は一回発作があると3~4日間痛くて寝込んでいました。また、なかなか眠れなくて夜2~3時にやっと眠れて昼にならないと起きられませんでした。さらに20代なのに耳鳴りがあり、耳鼻科で検査しても異常がないと言われご家族も大変心配で、友人の紹介で今年4月から当薬局の肝臓・腎臓を強くする、胃腸・消化機能を高め、血流を良くする体質改善の漢方薬を服用開始しました。5ヶ月服用して、今日ご本人とお母さんに漢方薬を服用する前の症状を確認したら、耳鳴り・頭痛・めまいは完全に改善され、イライラ・不安は9割以上改善されています。また、不眠・生理痛・立ちくらみも軽くなって、睡眠も今は3分の1の日は1時には眠れるようになりました。その他に、昼にならないと起きられませんでしたが、今は朝9~10時には起きられるようになりました。胃痛は時々夕方だけ痛い時があるくらいまでに改善され、ご本人とお母さんは大変喜んでいます。以前私が犬が好きだと言ったので今日はわざわざ中型の愛犬を連れて来てくれました。とても可愛かったです。いろいろな病院の治療を受けても、いろいろな薬を飲んでもなかなか良くならなかった20代の女性は5ヶ月の体質改善の漢方薬で確実に改善されています。これから好きな事や仕事もできて社会に貢献できると思います。

 

ところで、23日に行われた第4回仙台中秋祭は130名以上の中国人と日本人が集まって、宮城県の副知事や仙台市長と副市長も出席して、月餅と料理を食べながら日中の舞踊や歌を鑑賞して最後に大抽選会も行って大成功とは言いませんが円満に終わりました。中国人の友人を連れて参加してくれた仙台の患者さんもいますし、一家三代で漢方薬を服用している山形の50代と80代の女性も山形から参加してくれました。大変嬉しく感謝しています。この50代の山形の女性は今日も山形に来局して、少し雑談したら昔から中国と中国人が好きで、一人娘で親の看病もありなかなか中国に行く事ができなかったそうですが、本当は中国人の男性と結婚したかったそうです。出会いがなくて本当に残念と私に言いました。じゃあ、私が中国の彼氏を探すツアーを組んで案内しましょう、と言ったら笑いながら「是非!」と言われてみんなで大笑いしました。もちろん、この女性は幸せな家庭があって娘さんも息子さんも当薬局の漢方薬を服用して喘息や夜尿症・皮膚病などが改善されました。

3ヶ月の漢方薬を服用して間質性肺炎の60代の女性の様々な症状が改善

昨夜からの雨は朝も強くて昼まで続きましたが、午後はやんで晴れました。明日は、仙台市内で中国人が主催する第4回仙台中秋明月祭が開催される予定で、市内・県内の日中の関係者だけではなく新潟や山形などの他県からの参加者もいます。明日は良い天気になることを祈っています!主催者の代表としてまた挨拶をしなくてはなりません。最終回にしようと決意しました。みんなを笑わせるために明日の挨拶に乾杯の音頭は二人にしました。また、私は4年連続で挨拶をしていてもう絶対面白くないと思うので、来年の挨拶は身長170cm以上の美人に変える予定と冗談を言うつもりです。

 

今日は雨の中、秋田や福島の相馬、石巻などからの患者さんが多かったです。新患の患者さんは数十年前から毎日頭痛で、多い時は1日10錠以上の鎮痛剤を飲む50代の女性や、喘息・緑内障・肝機能異常の50代の男性、生理不順・不安の20代の女性、慢性腎不全の10代の女性など。

 

よくなった患者さんも沢山います。20代から緑内障・不安神経症の30代の男性や、子宮内膜症の40代の女性、慢性腎不全・高尿酸・尿結石の80代の男性など。十代からパニック障害・恐怖性障害・統合失調症など様々な病名を診断され、5種類の心療内科の薬を服用してもイライラ・不安・不眠・幻聴などの症状がある30代の男性は6月16日から当薬局の漢方薬を3ヶ月服用して、今日ご本人の話によると精神的な症状や睡眠は5割以上改善され、光がまぶしい症状だけが残っていると言われました。ご本人に最初に「診断された統合失調症ではなく病名も関係ないし、体質を改善して症状が改善されれば良いと言ったでしょう」と言ったら、ご本人は今まで病名にばかりこだわって10年間次々に心療内科を変えてもよくならなかったと言われました。体質改善の漢方はずっと体に合うし、効果を感じると言われました。来年春まで漢方薬を続け服用すれば、すべての症状が改善されると思います。

 

難病の間質性肺炎の60代の女性も効果を感じています。この女性は昔から後鼻漏で、昨年3月にインフルエンザにかかった後長く咳があり、病院の検査で間質性肺炎と診断され3種類の薬を服用していますが咳・痰が改善されず、徐々に進行して息苦しくなりました。今年の6月23日から当薬局の肺を強くする漢方を服用して3ヶ月経って、今日ご本人に以前の症状を確認したら、7月から病院の薬を全部やめましたが、間質性肺炎の症状の咳・痰・息苦しいなどの症状が軽くなっただけではなく、後鼻漏も2~3年前からあった毎日の寝汗も完全に改善されたと言われました。漢方では、汗の異常(寝汗)の原因は肺が弱いことと関係があると考えられています。この患者さんの毎日の寝汗の改善でこの考え方が証明されました。

 

今日も多種類の薬を服用している患者さんが数人います。頭痛・不眠・めまい・手足のむくみ・腰痛・手足の湿疹などで4ヶ所の病院に通って十数種類の薬を服用している50代の女性は、結局どこも良くならず当薬局の漢方薬を服用して血液の難病が改善されて検査結果がすべて正常になった方の紹介で当薬局に来ました。残念ですが20年近くずっと苦しんでいます。多量の薬を服用してもよくならず、医療費が無駄かなと思います。厚生労働省は21日、2017年度の全国の医療機関に支払われた医療費の概算を公開しました。前年度より2.3%増の42兆2千億円だそうで、国民一人あたりでは前年度より8千円増の33万3千円だそうです。その中に入院・外来・調剤・歯科など詳しく書いていますが、意味もないし興味もないので省略します。国民の皆さん、もっと早く漢方薬を服用・併用すれば医療費は絶対減るはずと思います。

 

今晩、引き続き明日の挨拶をおもしろくするために暗記します!!

大変な症状の患者さんが多い

今日は大変な患者さんが多いです。皆さん雨の中を来局下さり信頼頂き、嬉しいと同時に責任を感じています。

大変な患者さんの中に、一人の40代女性は8年ぶりに来局。今、心療内科をはじめ3ヶ所の病院に通院していて、10種類以上の薬を服用してもよくなりません。また、東京の漢方薬局の高額の漢方薬を2年半服用してもよくなっていません。やはり、当薬局の漢方薬を服用していた時は体調が良かったと言われました。

お母さんが亡くなり半年間遺産相続の清算、13年間飼っていた犬が亡くなる、仕事のパソコンが3ヶ月間故障して通信会社と交渉しても問題なく自己責任、家は地盤が弱く役所から崩壊の可能性があると判断されて売れなくなった・・・などなどが重なり、昨年9月から不眠・不安・耳鳴り・難聴・動悸・息切れで心療内科の薬を服用してもよくならなず、目はどんどん見えなくなり視力は1.2なのにメガネをかけても2~3重に見えるそうです。知人からの紹介で当薬局に来局されました。肝臓と腎臓を強める漢方薬を服用し、新しい犬と仲良く散歩し、毎日起きてから寝るまでの細かい日記を止める、ことを提案し、必ずよくなると思います。最初来局の時は暗く無表情でしたが、最後には笑顔いっぱいで帰りました。

よくなった患者さんは沢山居ますが、用事があり省略します。

漢方で自然妊娠の30代の女性2人がともに無事出産

今日は仙台の一番南の市民センターで60人以上の高齢の方に対して漢方の講話を行いました。この市民センターでの講話は初めてですが、入った瞬間以前別の市民センターに勤めていて講演を依頼されたことがある2人の職員とバッタリ会いました。1人は1年ぶり、もう一人は十数年ぶりだそうです。来年はまたどこかの市民センターに移動してまた会える可能性は十分にあります。したがって、今日は山形店に行きませんでした。しかし、午後に山形店から大変嬉しい連絡があり、ひとりの慢性すい臓炎で癌の家系の60代の男性は今日の検査ですい臓の機能・肝機能・貧血がともに改善され、尿酸値も6月21日の検査の8.1から7.4まで改善され、これから引き続き癌予防の漢方薬を服用する予定です。

 

もうひとつの嬉しい連絡は、不妊治療を繰り返し失敗し平成29年11月から当薬局の漢方薬を服用してすぐに妊娠した30代後半の女性は、妊娠中もつわり予防・流産予防の漢方薬を服用して、9月17日に元気な3000gを超える女の子が生まれました。しかし、痔がひどくて母乳もほとんど出ないそうで、まだ入院していますが今日から母乳が増え痔を改善する漢方薬を服用します。間違いなく母乳は増えるはずです。

また、昨日も当薬局の漢方薬を服用している30代の女性が自然妊娠・出産して元気な女の子が生まれました。体重は分かりませんが、ともに女の子でともに元気な成長を祈ります!

肝臓や腎臓を強くする漢方で目の難病の80代女性の視力が改善!

実は昨日、山形店では大変忙しく、良くなった患者さんも多かったのですが不幸があり、ブログを書けませんでした。亡くなった方は友人でもあり、当薬局の漢方を服用したこともあります。約二年前に間質性肺炎の後に肺がんになり抗がん剤治療が出来ずに、漢方薬と食事療法を一生懸命に取り入れていました。ちょうど70歳で早すぎかな、と残念に思います。この方は実は留学生の時に大変お世話になった方で、夜にこの方の針灸治療院から車で出て直ぐに車のタイヤがパンクしました。どうすればいいか一切分からず、電話をしたら来てくれて手作業で予備のタイヤを交換し付けてくれました。ずっと忘れられない事です。

 

今日の福島はとてもいい天気で、沢山の患者さんが来ています。

やはり月曜日の休みの分が、今日に集中したようです。

妄想、幻覚、幻聴の統合失調症の30代女性は漢方薬を服用して二週間で先週より落ち着いていました。うつ病の30代女性はお母さんが来局し、様々な症状が改善され5月からの契約社員だったのが昨日から正社員になったと喜んでいました。

 

もちろん、大変な患者さんもいます。

肺ガン、胸水と診断され10月から抗がん剤治療を受ける予定の70代男性は、早目に抗がん剤の副作用が軽くなる処方の為に来局しました。

また、昨年末に肺がんでステージ4と診断され、今抗がん剤治療を受けていて食欲がなく、味覚障害、咳や痰、息切れ、心機能低下の60代男性も頑張って当薬局の漢方薬を服用中です。

 

良くなった患者さんの一人は、80代の女性で1.5m以外の物がほとんど見えず20数年前から左目の網膜の中央静脈閉鎖症、眼底出血でずっと病院の眼科での治療を受けていましたがどんどん悪化し、3~4年前からは殆ど見えなくなり右目も歪んで見えるようになりました。昨年12月から当薬局の漢方薬を服用して、3か月後には目の眩しさや歪んで見えることが改善。車も運転できるようになり、今日の話によると眼科の検査では眼圧は正常、視野も問題なし。視力は裸眼で0.4~0.5で日常生活では一切影響していません。もちろん、今日も車を運転して今日も来局しました。今まで当薬局では黄斑変性症、網膜色素変性症等の目の難病をはじめ、先天的な目の遺伝病(姉妹三人)の視力も改善された例が沢山あります。従って眼科で治らない目の病気や症状も、ぜひ肝臓や腎臓を強くする、目の血流を良くする漢方薬の服用を勧めます。

 

ところで、連休の17日は15,6年ぶりに岩手の小岩井農場に行き、素晴らしい写真が撮れました!大雨の後で緑の草原、青い空、白い雲、赤いヤマボウシも発見!赤い鶏頭も鑑賞しました!