入院中の間質性肺炎の患者さんのために9連休前に特別対策

只今、やっと新年度1ヶ月目の仕事が終わり明日から当薬局は9連休になり、新元号の令和を迎えます。しかし、9連休の為連休前の疲れが溜まりました。また、10連休や9連休の間も疲れがあり、5月病が流行するかもしれません。したがって、調査によると国民の70%の方は旅行に行かないそうです。私は9連静養したいです。

 

今日の患者さんのことについてやはり関東から東北など遠くから相談の方が多いです。青森県の方の話によると桜が満開になっているのに今日は雪が降っているそうです。大変かなと言ったら、この方から逆に寒さで桜が長く見られると言われて素晴らしい考え方かなと思います。また、新年度の職場でご夫婦共に人間関係で悩んでいる方もいます。もともと体調があまり良くないのに、奥さんの新しく来た部下は仕事をしないことで職場では有名な方らしいです。また、ご主人の部下は隣の席で仕事をしている時も休憩の時も一日中貧乏ゆすりをするそうです。

 

連休の間に親孝行の方もいます。80代のお父さんと当薬局の漢方薬を服用している女性は、連休中にお父さんとお母さんと温泉に行くそうです・・・・。患者さんのことはもう終わりにします。これから急いで宅急便の営業所に行かなければなりません。実は5時過ぎに間質性肺炎と多臓器不全で関東の病院に入院している60代の女性の娘さんからお母さんの相談があり、急いで漢方薬を服用したいと言われてその後病気の経歴と検査結果を分析して肺を強めることをはじめ、食欲増進と肝臓・腎臓・心臓を強くする漢方薬を考えました。この女性は7年前に間質性肺炎と診断され今年に入って悪化して入退院を繰返しています。9連休を考えて1日も早く漢方薬を入院しながら服用した方が良いと思って、できるだけ早く漢方薬が届くように特別対策をとりました。まだ60代なので、同じ重症の肺炎で入院している北海道の70代の患者さんの肺機能の改善みると、十分に改善して元気になれると思います。一生懸命漢方薬を服用して欲しいです。

 

連休前の疲れで今日は早く寝たいです。皆さまも連休の間、安全第一で心身ともに休んで療養して楽しく過ごしてください。

肝臓・血流を改善する漢方で70代女性の肝機能も眼圧も湿疹も改善

只今18時近くで雨は止みましたが、ほぼ一日雨で寒くて、仕事をしながら早く暖かい布団に入りたいと思いました。それはできなくて、夜は早く寝たいです。

朝から雨の中、沢山の患者さんが遠方から来局されました。例えば、昨年夏から腹痛・下痢・血便と生理痛・生理不順・不眠・吐き気などの症状の高校生は、岩手からお母さんと新幹線で来局。体質が弱いだけではなく、不規則な睡眠や食生活、学校でのストレスも関係があると考えられます。

(不規則な睡眠や食生活といえば、最近話題になったコンビニの24時間営業の短縮について、私は大賛成です!できれば、夜8時に閉店して欲しいです。子供や学生たちの健康だけではなく、一般社会人や高齢者の健康にも良いと思います。)

学校のストレスについて聞いたら、やはり部活の人間関係が大きい原因と思います。先週、福島の不登校のさまざまな症状がある少女の最初の原因は、やはり部活でのトラブルだそうです。私からみると、日本の学校の部活は、勉強より力を入れているように見えます。監督の先生も大変、生徒達も大変。平日の授業の後だけではなく、折角の休みの土日や連休も部活。中国の学校のように、勉強のストレスや疲れを解消のための部活だと良いなと思います。

 

患者さんのことについて、一番印象深いことは、約3年前から両目の網膜静脈閉塞症の50代男性のことです。目の病気だけではなく、高血圧・肝機能異常・尿酸高い・皮膚の湿疹・肥満などもあり、やはり目だけではなく体質改善の漢方薬が一番良いと思います。昨年から疲れた時、両目共に物を見る時にぼやけて仕事にも生活にも影響があります。また、目の腫れが酷くて2~3年前から1~2ヶ月に一回目に注射をしていますが、よくなりません。ちなみに、一回の注射は5万円だそうで、何の注射でしょう・・・とても気になります。漢方で体質改善できるよう、目だけではなく様々な検査結果がよくなるよう期待しています。

実は、今日一人の70代女性は、肝機能異常・眼圧が高い(17~18)・顔と首と口の周りに湿疹があり病院の薬や皮膚科の薬を服用してもよくならなくて、昨年8月から当薬局の漢方薬を服用しています。最新の2月19日検査で、肝機能は全部正常値になり、中性脂肪も下がり、眼圧は13~14までに改善。また、顔の湿疹と痒みも随分軽くなったと言われました。ちなみに、この女性は50代から肝機能異常で加齢に従ってだんだん悪化しているのに20年ぶりに正常値になっていることは、漢方効果に驚いています。特に、この女性から「一つの処方で、肝機能も目も皮膚にも効くことは素晴らしい!これから周りの治らない病気で悩んでいる知人に勧めます。」と言われました。

 

その他に、やはり癌の患者さんが多いです。婦人科の癌を手術後に漢方薬を服用している40代女性は、ちょうど1年前から漢方薬を服用しています。最新検査で再発・転移は一切ありません。また、乳癌温存手術後の平成24年から漢方薬を服用している40代女性も、最近の検査で再発・転移はありません。

 

最近のスリランカのテロ事件を見ると、すぐ癌を連想します。やはり、テロ戦争はやればやる程テロリストが増え、テロ事件が拡大します。それと同じく強い抗がん剤で癌を殺せば殺すほど、癌は再発・転移しやすくなります。テロの原因、癌になる原因を考えて、予防・対策をとることが一番大事かなと思います。先程、とても面白い比較の記事を読みました。ご存知の通り、アメリカは一生懸命中国の通信企業ファーウェイの5Gを封鎖、批判、攻撃しています。この記事の中で、もし中国の医学研究で世界一効果が高い抗がん剤を開発して、世界の癌の患者さんに臨床治療をすると、アメリカはどう反応するでしょう?

半年間の漢方で潰瘍性大腸炎の20代女性の検査結果は全て正常

今日の山形は時々雨、涼しいです。

 

患者さんのことについて、やはり難病の患者さん多い。

肝機能異常・耳鳴り・難聴・乾癬の50代男性、膵臓・胆管腫瘍の40代女性、不妊症の40代女性、潰瘍性大腸炎の20代女性など。

 

良くなった患者さんもいます。

H21年2月から当時30代で不妊治療を9年間繰り返し失敗し、当薬局の漢方薬を服用して平成21年11月妊娠成功、平成22年7月に元気なお子さんをご出産。その後橋本病と貧血で今も当薬局の漢方薬を服用しています。当然今は40代になっています。

 

もう一人良くなった患者さんは、2、3年前に下痢・血便・腹痛で潰瘍性大腸炎と診断され病院の治療を受けていますが、下痢・腹痛の他に週に2~3回血便があり。特に生理前に血便が多くなる。去年10月から、当薬局の漢方を服用している友人の紹介で腸を強くする漢方薬の服用を開始。今日、本人の話によると便は1日2回で下痢・血便・腹痛がなくなっただけでなく、今年3月の血液検査・大腸検査で全部正常と言われたそうです。

これから子どもさんが欲しくて妊娠しやすい漢方薬を継続して服用しています。

潰瘍性大腸炎の再発もないので、早く妊娠できることをお祈りしております。

 

ちなみに今日は連休前最後の山形店出勤で、連休明けは12日ぶりの来月7日に出勤する予定です。

三ヵ月間の体質改善の漢方で10代少女の腹痛、胃痛、頭痛など全身の症状が改善

今日の福島は一日中、曇り空でした。朝一番からずっと超忙しくて、疲れました!連休のせい!

 

今日の患者さんについて

  1. 遠い患者さんが多かったです。福岡、愛知、茨木、東京などなど
  2. やはり難病の患者さんも多く、間質性肺炎の60代男性、非結核性抗酸菌症の50代と60代の女性、パーキンソン病の60代男性と70代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、肥大性心筋症の50代男性、網膜色素変性症の70代女性など
  3. 良くなった患者さんも沢山いました。例えば、十数年前から全身湿疹、痒みで3カ所の皮膚科を変えても良くならず、痒くて眠れない60代男性は、今年2/25から当薬局の漢方服用で本人によると「6~7割ほど痒みが改善し、夜は眠れるようになった」と言われました。また、十数年前から糖尿、痛風、耳鳴り、難聴、脊柱管狭窄症などで十数種類の薬を服用している70代男性は、糖尿、痛風が良くならないだけではなく腎機能も低下し、昨年11月から当薬局の腎臓強化の漢方服用で腎機能が改善。尿酸、糖尿も改善しています。例えば漢方服用前の昨年11/5の検査ではクレアチニン2.05、尿酸9.4、ヘモグロビンA1c7.9でしたが、最新の今月9日の検査ではクレアチニン1.71、尿酸6.8の正常値になりヘモグロビンA1c7.8にまで改善しました。他にも特に嬉しい事は、十代、二十代の夜尿症や円形脱毛症、潰瘍性大腸炎などが良くなっていることです。例えば昨年夏から腹痛や胃痛、下痢、便秘、ゲップ、味覚異常、不安、落ち込みなど病院で過敏性腸症候群と診断され薬でも良くならず心療内科を紹介されると、今年に入って更に悪化し、通学の電車でも腹痛や吐き気、時々学校を休んでいた十代少女は、今年1月末からの漢方服用で、今日のお母さんの話によると腹痛や胃痛、頭痛、下痢など全身の症状は9割以上改善、毎日元気で楽しく学校に行ってうるそうです!

 

次回、福島店への出勤は連休明けの5月8日に14日間ぶりになります!薬局を出る時、患者さんも含めて皆で「再会!!」と言いながら手を振って別れました。写真の通り、薬局前の牡丹はキレイに咲き始まっています…連休中には素晴らしく満開になるでしょう!

1ヶ月の漢方薬服用で病院の薬を7種類服用している肝機能・腎機能異常の60代女性の検査結果改善

今日の山形は夏みたいに暑い。

 

患者さんのことについて、大変忙しくやはり連休の影響かなと思います。

当薬局の漢方薬を服用している妊娠34週の30代女性は、今日の病院の結果も良く順調で5月7日に無痛分娩する予定です。

 

3月からご夫婦共に当薬局の漢方薬を服用している60代の女性は、7・8年前から浮腫み・排尿しにくい・足のしびれ・痛みなどで病院の利尿剤をはじめ7種類の薬を服用して様々な症状が改善されないだけでなく、2月21日の血液検査で肝機能・腎機能をはじめ13項目異常でした。しかし、3月から当薬局の肝機能・腎機能・血流を良くする漢方薬を服用して、4月18日の血液検査で肝機能・腎機能良くなり異常の項目は13から8まで減りました。また全身の症状も軽くなっていると実感しています。

これから3~4ヶ月漢方薬の服用を継続すれば、検査結果全てが正常、様々な症状が改善されると思います。今日から中性脂肪・コレステロール改善の内容に変わりました。本人は大変喜んで漢方薬を継続します。

漢方で子宮・卵巣の病気の40代女性が自然妊娠、出産!

今日の福島は暑いほど暖かく、いい天気でした!

よい天気のせいか?連休のせいか?午前も午後も超忙しかったです。午前中フリーの新患の一人はこんなに混んでいるとは思わなかったそうで、また午後の予約の一人は混むのを避けるために用事を済ませた後、夕方に再来局してくれました。途中にも、一度、散歩に行ってから再来局してくれる方が二名いました。

 

患者さんの事について

  1. やはり難病とがんの患者さんは多いです。潰瘍性大腸炎の30代男性、間質性肺炎の80代男性、手術できない胆管がんの70代男性、黄斑変性症の50代男性、骨髄異型性症候群の60代男性、手術できない40代男性などなど。
  2. 感激した患者さんの事は二つがあり、一つは腎機能異常で10年近く当薬局漢方煎じ薬を服用すると腎機能改善され、○○大学病院の医師から「80才で感染症で亡くなるまで透析しなくてすんだのは漢方の効果」と言われましたが、今日来局の奥さんはなんと5,6年も前から顔湿疹、痒みがあり、ずっと皮膚科の治療を受けってましたがどんどん悪しました。ちなみに今日の写真は公開ましせんが、顔全体に腫れや赤み、目、口、鼻以外にキレイな箇所はないです。自分ではなく、近所の人から「ご主人が以前に漢方薬を服用していた懐仁堂に行ってみたら」と言われて来てくれました。もう一つ感激したことは、50才女性の患者さんの浪人した息子さんは第一希望に合格しませんでしたが第二希望の薬学部に合格しました。「おめでとうございます」と言ったら息子さんの仲間の一人は8郎して希望の医学部に合格したそうです。本当に感激です。
  3. 良くなった患者さんも沢山いました。例えば平成30年11月から黄斑変性症で進行して肝機能も異常の50代男性は、一生懸命に漢方を服用して視力の0.3~0.5から、今年の二月の検査では右0.3左は1.0にまで改善され、今は「一年に一度の眼科検査で良い」と言われたそうです。他に、特に嬉しいことは平成30年6月から子宮筋腫、卵巣嚢胞などで手術後は生理不順などの症状で当薬局の漢方を服用していた42才の女性は3~4か月後に生理順調になり、自然妊娠に成功し、その後は流産予防・つわり予防を服用し、今月に入って約3000gの元気な男の子が産まれました。本当に嬉しく思います。おめでとうございます。この患者さんから、子供が少し大きくなったら私に抱っこさせてくれるとの事なので、今後いつの日か来局する予定です。元気な成長を祈ると共に抱っこを楽しみにしています。
  4. ところで、植木の新芽は大きくなりました。毎年、今ごろの季節に収穫するのですが、タイミングからみて今日は収穫に良いと思いました。ちなみに以前の記録を調べたら、だいたい4/20~4/25の収穫が一番タイミング良く、芽の大きさが丁度良いです。2015年は4/20に収穫しています。もちろん、スタッフや友人たちにも少しずつ分けます。

7年半漢方薬を服用している乳がん転移・間質性肺炎の60代の女性は、血液検査もCT検査もすべて正常

今日の患者さんのことについて一番印象が深いことは、青森からさらに北の患者さんが多いことです。青森の三沢市や弘前市、青森市、北海道など。病気について、やはり難病と癌の患者さんが多いです。骨髄異形成症候群の60代の女性、IgA腎症の20代の女性、同じくIgA腎症の30代の女性と40代の女性、多発性骨髄腫の60代の男性、肺癌手術後肺再発さらに肝臓転移の60代の女性、血小板減少性紫斑病の50代の女性、入院中の大葉性肺炎の70代の男性、大腸がん手術後肺・肝臓転移の60代の男性など。

 

朝7時から車で青森の弘前市から出発して来局した60代のご夫婦は、ともに当薬局の漢方薬を服用しています。最初は平成23年8月に当時50代の奥さんが乳がん手術後リンパ転移して抗がん剤治療をしている間に特発性間質性肺炎になって抗がん剤治療を中止して、当薬局の漢方薬を服用している友人の紹介で今日まで7年半当薬局の漢方薬を服用しています。最新の4月17日のCT検査と血液検査で、血液の結果は全て正常、CT検査では癌の再発・転移もなく、さらに肺のレントゲンでも異常は無く大丈夫と言われました。冬の間に風邪やインフルエンザも一切ありませんでした。実はこの患者さんは、漢方薬を服用して1年後検査結果がすべて正常になって、その後漢方薬を15日分の量を2ヶ月間で服用まで減量して、今は20日分の量の漢方薬を4~5ヶ月で服用しています。

 

今日はとても良い天気、朝早く起きて松島の桜の名所西行戻しの松公園に行きました。6時前に行ったのに、花見の人とカメラマンがいっぱいで多分みんな日の出を見ながら花見をするかなと思います。6時前でも写真の通りすでに日が昇っていました。明日、もし今日よりもっと早く起きたら、日の出と桜を見に行きたいです。松島の今の日の出の時間は一体何時でしょうか?

 

【写真】

Posted in

漢方で難聴の30代男性の聴力悪化が止まっている

昨日はとても疲れました。日帰りで東京出張、仙台に戻り夜7時に仙台空港へ中国の友人を迎えに行き、夜9時に山形蔵王の温泉に泊まって、朝7時に朝食を摂り8時に山形市内に友人を送り、その後は仙台に戻り10時から仕事をしました。折角温泉に泊まったのに、夜1回しか温泉に入れなかったし、朝食の山形産のイナゴは3匹しか食べられませんでした。それから、山を下りた時にふきのとうを沢山見付けたのに、5個しか取れませんでした・・・。

昨夜12時まで友人と話しをして、その後はすぐ寝たのに、友人の強いイビキで目が覚めたり、大雨の音で目が覚めたりしました・・・。

 

患者さんのことについて、やはり連休前で大変忙しかったです。

①遠くからの患者さんが多い。

岐阜、静岡、三重、大阪、東京、千葉、長崎など。

 

②難病の患者さんが多い。

血小板減少性紫斑病の30代男性、骨髄異形成症候群の60代女性、非結核性抗酸菌症の70代男性、突発性難聴の30代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、間質性肺炎の70代男性など。

 

③病院の薬を飲み過ぎの患者さんが多い。

さまざまな慢性疾患の高齢者の他に、精神疾患の若い患者さんも多いです。

例えば10年前から統合失調症の40代女性は、9種類の薬を服用しています。自律神経失調症・不安症・不眠症の50代女性は8種類の薬を服用しています。

9種類の薬を服用している女性は、薬を服用して以来、どんどん体重が増えて今は80㎏を超えています。一番の原因は間違いなく薬の副作用と考えられます。

 

④久しぶりの患者さんが多い。

16年ぶりに来局の不眠症の70代女性は、平成15年当時50代の時に統合失調症で当薬局の漢方薬を服用してよくなりました。今は、糖尿、高血圧、心療内科の薬3種類を服用していて不眠がだんだん悪化し、また来局されました。

腎臓の病気で当時40代の女性は、平成19年から25年まで当薬局の漢方薬を服用し、腎臓の検査結果が全部よくなり漢方薬を卒業しましたが、不整脈・胃の逆流・肩こりなどの症状があり、今日は6年ぶりに相談に来局されました。

 

⑤よくなった患者さんも沢山います。

食欲不振・腹痛があり、演奏の時に下痢と腹痛がひどい演奏家の30代男性は、大変症状がよくなり、今は演奏がある時だけ1週間分の漢方薬を服用しています。ちなみに、この男性は国際コンクールで入賞しました。

また、肺の難病の80代男性は、肺を強める漢方薬と消化機能を高める漢方薬を服用し、食欲が改善。漢方薬を服用前はどんどん体重が減りましたが、漢方薬を1ヶ月服用して体重は1.5キロ増えました。3ヶ月ぶりの肺の検査で、肺の白い影は始めて大きくなっていません。

 

 

さまざまな病気の患者さんは、自分の体質や病気に合わせて調合した漢方薬を継続して服用すれば、症状が改善したり検査結果がよくなることが可能です。

 

高校生の時から耳鳴りで平成25年から難聴でどんどん聴力低下した30代男性は、平成29年10月から当薬局の腎臓・肝臓を強めて聴力を高める漢方薬を服用して、約1年半経ちました。本人はあまり効果を感じていないそうですが、4月11日の3年ぶりの聴力検査で、聴力は少しずつ改善されています。結果に出ているので、本人は漢方効果に納得しています。もし、1ヶ月半分以上の夜勤が無くて、もっと漢方薬を多めに服用すれば、もっと効果が出るはずです。

ちなみに、この患者さんは1ヶ月分の漢方薬を約2ヶ月間で服用しています。単純な考え方ですが、半分の漢方薬量で効果も半分でしょう。

 

 

昨日の昼、東京での交流会で食べ過ぎ・・・昨夜遅くに食べ過ぎ・・・今朝の朝食は食べ早過ぎ・・・昼も食べ早過ぎ(昼寝のため)。従って、今日の夕食は休食します。

漢方で抗がん剤治療を受けている患者さんの副作用軽減と治療効果が高まる!

今日の福島は暑いほど暖かく、特に昼は食事に行ってけっこう汗をかきました。

新年度の忙しさか今日の暑さか、午後からは気分が悪く吐気があり、仕事の合間に隣の〇〇銀行のトイレで20分治療をしたら(治療法は静かに便座に座って、朝の残物を排泄)、今日の効果は薄く、6割は良くなりましたが4割は吐き気の症状が残っています。次の治療法は、やはり横になって寝る事です。早く家に帰って横になって完治させたいです。でもなかなか仕事は終わらない、、、、、、

 

今日の患者さんについて、いつもよりもっと遠くからの患者さんがいました。タイから一時帰国した心臓の心房細動の50代男性をはじめ、岐阜県の40代女性や広島の60代女性、県内各地、など。

病気については色々で、脳腫瘍の50代女性、悪性リンパ腫・骨転移の60代女性、大腸がん・リンパ転移手術後に抗がん剤治療を受けてまた腫瘍マーカーが上がっている40代女性、十年前から全身湿疹痒みの40代女性、不妊症の30代女性と40代女性、パニック障害の60代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山います。

例えば昨年7月から漢方薬を服用している40代女性は、十数年前から全身湿疹の痒みでずっと皮膚科の治療を受けていましたが良くならず、加えて蕁麻疹も出たので当薬局の漢方薬を服用すると昨年11月の時は6割改善し、今日の本人の皮膚をみると、湿疹の跡だけが残り、全身の湿疹や痒みは良くなっていました。

また、悪性リンパ種・骨転移の60代女性は平成28年2月から、福島県内の親戚の当薬局の漢方薬を服用して良くなった患者さんからの紹介で漢方服用を開始しました。抗がん剤治療と漢方薬との併用により体調が良く、先週には抗がん剤治療が終わり、CT検査では「ガンが小さくなって新しい転移がない」と言われたそうです。特に主治医から「他の同じ抗がん剤治療を受けている同じ病気の患者さんと全然違う。ほとんど副作用が見られない」と言われたそうで、本人からは「漢方薬の効果を感じている」と言われました。この患者さんは今15日分の漢方薬を3~4ヶ月かけて服用しています。

ところが残念なことは、この患者さんは漢方薬を服用していることは一切、主治医に伝えていない事です。本当はすぐに言ってほしいです。実はなぜならば、抗がん剤治療と同時に漢方薬の併用は一番の理想で、体力や免疫力を高め胃腸機能、内臓機能、造血機能を高めることにより抗がん力がUPし、様々な効果が出ることに加え、抗がん剤の効果も著しく高まります。

例えば徳島大学病院の15年間の研究では、進行性子宮がんの患者さんは、【抗がん剤と漢方薬の併用する組】は【抗がん剤だけの組】より15年後の生存率が16.7%に対して、【抗がん剤だけの組】患者さんは2%にすぎませんでした。