漢方で85才女性の腎機能も改善!

今日の福島は昼間まだ暑いです!明日はもう十月なのに、、、、。

明日と言えば、増税の影響かな?我々は増税するのに純利益1兆円のソフトバンクの法人税はゼロ!関西電力の幹部に3.2億円の核電力工事費を還流、、、、納得できないでしょう!

 

今日の患者さんの事について、まず全国から鹿児島、広島、愛知、大分、千葉、東京などが多かったです。従って発送の漢方薬も多く、宅急便屋さんが二人がかりで運んでいました。

病気について、肺がん・胸水・抗がん剤治療を受けている87才の女性、肺線維症の70代女性、全身乾癬の70代女性、高血圧・腎機能異常の85才女性、脳動脈瘤・心房細動の70代女性、認知症の90才男性、糸球体腎炎で腎機能異常の60代女性、肝機能異常・糖尿病の60代男性、子宮筋腫の30代女性、統合失調症の20代男性、不妊症の40代女性、非結核性抗酸菌症の80才女性などなど。

 

様々な症状や検査結果が良くなった患者さんも多かったです。

例えば30代の卵巣腫れ・腰痛の30代女性は、5ヶ月間の漢方服用で卵巣の腫れが良くなり10年前からのほぼ毎日の腰痛も良くなりました。

もう一人の85才女性は、50代から高血圧・難聴・不眠などで9種類の薬を服用し腎機能が徐々に低下、血圧も高くなりました。例えば漢方服用前の昨年7月はクレアチニン0.96、今年の3月はさらに悪化し1.24、今日の最新の7/11の検査は0.78との正常値にまで改善、漢方服用前の血圧で上150~160台、下は80~90台でしたが、今朝の来局前の血圧は下70上137にまで改善し本人と娘さんはとても感謝してくれました。

今までも沢山の改善症例がありますが、今日は確実に漢方で80代の腎機能、肝機能、肺機能、心臓の機能が改善するという証明がされました!

 

再生不良性貧血の60代の女性の検査結果が改善

今日も昨日に引き続き増税前の影響で数ヶ月分の漢方薬を持って帰る方が多いです。数ヶ月分の漢方薬は結構重いです。石みたいな重さの牡蛎の殻や石決明・磁石などの生薬が入っているので、手で持って帰るのは大変かな・・。

今日も様々な難病の患者さんが多いです。10代のIgA腎症の男性、20代の緑内障の男性、30代の乾癬の女性、間質性肺炎の80代の男性、再生不良性貧血の60代の女性、突発性難聴の50代の女性など。

 

よくなった患者さんも沢山います。緑内障で眼圧が高く、平成22年に診断されてすぐ漢方薬を服用している当時20代の男性は、9年間漢方薬を服用しています。眼圧も正常になり、視野検査も正常で緑内障の進行はなく喜んでいます。今日、新患の7年前に緑内障と診断された同じく20代の男性は、○○大学病院の眼科の治療を受けて2種類の点眼薬を使用して、2年前と3年前に2回手術して眼圧は下がりましたが、視野が狭くなって進行していると言われました。肝臓・腎臓を強くして目の血流を良くする漢方薬を服用することにより、西洋医学では不可能と言われた視野を改善することが可能だと思います。

 

もう一人のよくなった難病の方の一人は、10年近く前に再生不良性貧血と診断されずっと大学病院の治療を受けていますがなかなか改善されず、平成28年から当薬局の漢方薬を服用しています。最初の2年間はなかなか効果が出ず、患者さんも漢方薬を続けるか悩んで私も自信が無くなりかけた頃、検査結果が見事に改善されました。例えば、漢方薬を服用する前は血小板2~3万台、赤血球は200~300万台、ヘモグロビンは5~6台でしたが、最新の8月8日の検査で血小板は9.5万、赤血球は386万、ヘモグロビンは8.9まで改善されています。ご本人とご主人から漢方を諦めないで続けて良かったと言われました。

 

明日は休みですが、昼は例の在日中国人の中秋節のパーティーがあり、開会の挨拶はなくなりましたが閉会の挨拶を頼まれて、受けたくなかったですが引き受けました。経験はありませんが、開会の挨拶よりさらに短い方が良いと思って、「皆様2時間立ちっぱなしで大変お疲れさまでした。早く帰宅して休んで下さい。閉会いたします・・・。」ぐらいにしゃべりたいです。

 

流産2回の女性は、漢方で元気な2人の女の子が産まれました

今日は忙しいです。月末と、増税前の駆け込み・・・。実はスタッフの一人は、2年前から高血圧等で「体質改善の漢方薬を服用したい!服用したい!」と言っていたのに、ずっと服用していませんでした。私は強要を一切していないのに、昨日「今日から漢方薬を服用したい」と言われて、「何故急に?」と聞いたら「10月からの増税前に」と言われました。

 

今日の患者さんのことについて、耳鳴りの50代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、脳腫瘍を手術後に再発してまた手術した60代女性、卵巣癌を手術後に腹膜転移の70代女性、十数年前から全身がかゆくて6ヶ所の皮膚科に通ってもよくならない70代女性、てんかんの10才の男の子、アトピー性皮膚炎の8才の女の子、先天的な心臓病で手術後にまた血液逆流の1才9ヶ月の男の子、緑内障と視神経異常の目の難病の50代女性、頭痛・めまい・吐き気・不眠の30代女性、肺癌を手術後に転移の50代女性などなど。

 

多数のよくなった方のことは全部省略しますが、6年ぶりに長女と来局した30代女性のことだけを書きます。この女性は、2回流産をして婦人科検査は正常でしたが、平成22年当時20代の時に流産予防の当薬局の漢方薬を服用し、平成23年に元気な2917gの女の子を出産されました。2年後の平成25年に第2子が欲しくてまた当薬局の漢方薬を服用し、2週間早く産まれましたが平成26年に元気な2600gの女の子が産まれました。

長女は緊張しやすいこと等があり、また体力免疫力を高めるために当薬局の漢方薬を服用します。妊娠中も当薬局の漢方薬を服用していたので、この7才の女の子は漢方薬に一切抵抗はないと思います。今日から当薬局の漢方薬を服用します。次女も当薬局の漢方薬と縁があり、時々少しでも良いので妹さんにも飲ませてみて下さいと言いました。

漢方で原発性アルドステロン症の20代学生で高血圧を改善

山形の日中は暑くて、まだ半袖で大丈夫です。

患者さんのことについて、やはり難病の患者さん多いです。目の難病の加齢黄斑変性症の60代女性、非結核性抗酸菌症の60代女性、間質性肺炎の60代女性、原発性アルドステロン症の40代女性と20代学生。

 

その中の一人の原発性アルドステロン症の20代男性は、平成29年夏に、病院で精密検査をしたら高血圧と診断され、同時に尿蛋白+1、尿酸は8.1と高く、病院から一生薬を服用しなくてはならないと言われました。小学生のとき夜尿症で漢方を服用して改善し、修学旅行に行ったことをお母さんが思い出し、平成29年9月から、また当薬局の腎臓を強くする、血圧を下げる漢方の服用を始めました。1ヶ月後、血圧は下がり、漢方薬を服用する前の血圧は上150台、下90台でしたが、10月下旬は上140台、下80台、さらに12月は上130~140台、下70~80台まで改善。平成30年4月は上130台、下70台の正常値まで改善。その後、漢方薬の服用は1日3回から2回までに減り、その後もずっと血圧正常です。去年8月は上120~130台、下60~70台です。

今年4月9日は130/70、6月18は129/74、今日は125/70の数値です。

実は、今年の8月から漢方薬を2/3減量し、朝だけの服用にしています。当然、ストレスがあるとき、テスト前や睡眠不足のとき上140台、下90台のときもありますが、基本的に安定し、来春からは完全に漢方をやめる予定です。ご存知の通り、血圧は腎臓と関係があり、小学校のときの夜尿症も腎臓を強くして改善されました。

 

今日は、家を朝早く出発して、いち早く山形蔵王の紅葉を見に行きました。写真の通り、白から黄色、赤色まで少しずつ紅葉しています。ちなみに朝8時の蔵王の気温は10度で、肌寒く半袖に長袖を羽織りました。

 

<写真>

10代女性の全身症状、20代男性の精神的な症状等が共に改善!

今日昼福島駅前桃取、今年最後桃美味。

何語?中国語!?実は写真の通り、昨日の新聞の「日本の偽中国語」の真似です!「日中韓外相夕食会、長城登山、深夜宿舎帰着」や「私食事減量中」や私の偽中国語も何となく分かるでしょう(笑)

意味は今日の昼に福島駅前で桃を収穫し、今年最後の桃は美味しかったです!(以下も偽中国語で書きたい!)

今日はとても忙しかったです!連休で月曜日が休みだったせいでしょう。

患者さんの事についてまず先週、妊娠成功した40代女性は今日の産婦人科の検査で妊娠5週目の順調です。ホントにホッとしました。

またIgA腎症の50代女性は3ヶ月前からの漢方服用で徐々に悪化した腎機能のクレアチニンが10数年ぶりに初めて下がりました。7月のクレアチニン値1.08から9月の先週には0.92にまで改善。

平成20年から脳腫瘍を手術後に再発して抗がん剤と放射線治療をした後、漢方服用を開始した当時40代男性は、もう10年以上の漢方服用で7月の脳CT、MRI検査は全て正常,腫瘍の再発や転移がありません。

また嬉しい事は精神疾患で悩んでいる20代男性は8/7から漢方服用していますが幻覚・幻聴、不安感、イライラ、不眠があり、現在は幻覚や幻聴がまだありますがイライラや不安感、頭痛、吐き気などの症状が殆ど良くなり、毎日散歩が出来る様になりました。

今年1月からの漢方服用している不安感、頭痛、吐き気、ゲップ、胃痛、腹痛の10代の女子高校生は朝起きれない、電車に乗れないで通学が大変、遅刻したり休んだりしていましたが、漢方服用で4月からは様々な症状が改善し、今では毎日通学ができる様になり8/26からの新学期後も今日まで毎日学校に行けています。この子はもし、漢方を服用しなければ心療内科の薬を飲んで、それでもたぶん良くならずに学校に行けなかったと思います。

今日最後の患者さんは9年半ぶりに来局した潰瘍性大腸炎の50代男性です。最初は3~4ヶ月の漢方服用でしたが、未だ効果が出なかった頃に主治医から漢方を止めるように言われて服用を止めました。それから10年近くも病院を変えたり薬を変えて今は大学病院の治療を受けても腸の炎症は悪化し、最初の大腸だけから今月の検査では腸全てに炎症がある、と言われたそうです。免疫抑制剤も効果が無くなり、他の薬7種類を服用していることにより肝機能や腎機能も悪化したので、また当薬局に来てくれました。漢方と食生活の改善により完治することを期待しています!

 

もう一つの忙しい理由は増税の影響です。10月1日から当薬局の漢方薬も仕方なく10%に適応します。従っていつも15日分の漢方薬を1ヶ月分にしたり、と2倍作りましたが、一番多い方は「4ヶ月分を作ってほしい」と依頼した方もいました。

 

漢方で30代女性の潰瘍性大腸炎の症状改善!妊娠も可能!

今日は晴れて涼しいので、半袖のままです。

1日山形で仕事ですが、やはり難病とがんの患者さんが多いです。非結核性抗酸菌症の40代の女性、潰瘍性大腸炎の30代の女性、網膜色素変性症の20代の女性、乳がん手術できない80代の女性、前立線がん治療後に、腫瘍マーカーがまた高くなった60代の男性など。

 

新患のほかに、みなさん体質改善の漢方で、症状も検査結果も良くなっています。例えば、手術できない、抗がん剤治療を拒否した乳がんの80代の女性は、半年間がん抑制の漢方薬を服用し、先週の病院のCT検査で、がんは大きくなってない、転移もありませんでした。漢方が、がんの抑制に効果があると考えられます。

また昨年から、肺を強める漢方薬を服用している非結核性抗酸菌症の40代の女性は、先週のCT検査で肺の影はなくなっていました。

 

30代の潰瘍性大腸炎の女性も喜んでいます。第一子出産後、腹痛・下痢・血便があり、2年前に、潰瘍性大腸炎と診断され、6種類の薬を服用していましたが、改善されるだけでなく逆に悪化。最初は軽度でしたが、昨年の5月に中度と診断され、下痢も血便も増え、イライラ・不安・頭痛・めまいも悪化しました。昨年10月から当薬局の漢方薬を服用し、今年1月には、毎日3回の下痢は1日2回の普通の便になり、週2~3回の血便は月に2回、少量になり改善されました。その後も続けて漢方を服用し、今日の本人の話によると、先月の大腸の検査で潰瘍は完治、血便・下痢・腹痛も完全になく。イライラ・不安・頭痛・めまい・生理痛も良くなり、病院の医師から、第二子の妊娠も可能!と言われ大変喜んでいます。早く、第二子の妊娠成功を祈ります!

 

昼休に、先週残ったわずかな桃を収穫に行きました。木には3個しか残っていないので、全部収穫しました。また、ついでに棗の成長を見に行きました。写真の通り、少し赤く色がついていましたが、収穫はまだまだです!赤みのある棗を1つ試食しましたが、棗の味はありますが、しばらくは我慢して待ちます!!

 

<写真>

漢方でパニック障害の大学生の症状が改善、無事に卒業

今日も半袖で、歩いて通勤しました。毎年ではありませんが、結構ブログに秋と春に合わせた養生法を書いたことがあると思います。「春捂秋凍」の通り、春になってもできるだけすぐ薄着にしないで厚い服をしばらく着たままにした方が良く、逆に秋はすぐ厚い服にしないで薄着をしばらく続けたほうが皮膚の機能だけではなく、体の防衛機能に良いと考えられています。皆さんもぜひやってみてください。当然、絶対無理はしないで下さい!

 

今日の患者さんのことについて、まず遠方の方が多いです。頭で統計すると大阪2名、北海道1名、東京1名、福島2名、岩手1名、青森3名・・・。他には思い出せません。病気といえばやはり癌や難病、精神疾患、婦人科の病気、不妊症の方が多いです。

特に不妊症の方の中に十数年間不妊治療を繰返し、2年前に不妊治療を諦めましたが友人から当薬局の不妊治療の実績の話を聞いて、3ヶ月前から当薬局の漢方薬を服用している女性や、婦人科の病気がある方や腎臓の難病がある40代の女性2名など。その中に一人の方のご主人は5年前の精子の検査で質と量があまり良くありませんでしたが、その後検査していません。もう一人の方のご主人はこれから漢方薬を服用することはまだ話していないと聞き、お子さんが欲しければご主人の理解と協力が絶対必要かなと思います。女性の妊娠は体だけではなく、精神的な事やストレスも影響を受けます。

 

実は、昨日からパニック障害や統合失調症、うつ病などの精神疾患の患者さんが多く、今日も不眠・不安・朝起きられない・だるい・やる気がでないといった症状の10代の学生から、不眠・不安・動悸・めまいなどの20代の方や、幻覚・幻聴・妄想などの30~40代の方がいらっしゃいます。

新患の方の他に、体質改善の漢方薬で皆さん様々な症状が改善されています。例えば、不眠・だるい・イライラ・うつと起立性障害と診断され安定剤を服用している10代の高校生の女の子は7月から漢方薬を服用して、今日お父さんとお母さんの話によると睡眠だけではなく、イライラ・腹痛などの症状も改善され、朝起きられるようになって勉強も毎日できるようになりました。また、何回もブログに書いたことがありますが、平成27年に授業中にパニック発作が起きて、心療内科の薬を服用しましたがだんだん悪化して電車に乗れなくなって大学も時々休むようになった20代の大学生は、平成29年10月から当薬局の漢方薬を服用して不安・不眠・めまい・立ちくらみ・吐き気・生理痛などの症状が改善されました。授業やゼミも休まず出席出来て、電車にも乗れるようになって今年3月無事に大学を卒業し就職も決まりました。今は半月分の漢方薬を2ヶ月ぐらいかけて服用しています。今日お母さんの話によると、朝9時から夜6時までの仕事の疲れがあり、帰宅した後20~30分横になって休んだりしますが、それ以外は一切症状がなく元気で楽しく仕事をしているほかに、友人と外出したり旅行などにも出かけているそうです。もし、2年前に漢方薬を服用していなかったら、たぶん卒業もできなかったかもしれませんとお母さんから言われました。

また、吐き気・動悸・息苦しい・めまい・不安・だるいなどで突然発作があり救急搬送されましたが検査はすべて正常と言われた20代の女性は、1ヶ月前から当薬局の体質改善の漢方薬を服用して、今日ご本人の話によると漢方薬を服用する前の症状はほとんどなくなりました。やはり、この方は若いし症状が出たばかりですぐ体質改善の漢方薬を服用して早く改善されたと考えられます。心療内科の薬を服用していなかったことも漢方薬の効果が早く現れたと思います。

 

明日から2連休、1日目は日帰り東京、2日目はゆっくり休んで11月に開催される年に一度の仙台医師会の芸術祭の出品作品を考える予定です。この1週間、一番印象に残ったことは、9歳の男の子が亡くなった事件のことです。昼休みにスタッフ達と集中して議論した結果は、まず報道された義理の父のことですが全然どういう関係か私は分からなくて、2~3日悩みました。幸い今日人生経験豊富なスタッフに教えて貰う前に、お母さんの再婚相手と分かりました。この義理の父について、スタッフAはたぶんお母さんの元教え子ではないかと言いましたが、スタッフBはたぶんネットで知り合ったのではないかと言いました。スタッフCは最近の結婚している夫婦の中に男性の無職が多いみたいと言いました。本当に9歳という将来のある大事な命が失われたことに大変悲しく怒りを感じます。報道のように息子さんから本当の父ではないと言われたら、義理の父が何か言葉と行動や愛が足りなかったのではないでしょうか。努力して改善すれば良かったのに・・・。

漢方で60代男性の腎機能のクレアチニン値も尿酸値も改善

今日の仙台は涼しい。でも、まだ私は半袖のままです。何故まだ半袖を続けるかを患者さんに説明しました。今年の夏はとても暑くて長くて、急に涼しくなっているため毛穴がまだきちんと閉じていません。毛穴がきちんと閉じると体内の熱が逃げないので、保温効果を高め冬の冷え性や風邪予防になると考えられます。従って、しばらく半袖生活を続けます。

 

今日の患者さんのことについて、難病と癌の患者さんが多いです。

関東のIgA腎症の40代女性をはじめ、9歳からネフローゼの60代男性、14歳からネフローゼの20代の大学生、乳癌と卵巣嚢腫を手術後に骨転移の60代女性、乳癌と腎臓ネフローゼの50代女性、卵巣癌を手術後にリンパ転移し抗がん剤治療をしている40代女性、食道癌を手術後に放射線・抗がん剤治療を受けて肺転移の60代男性など。

腎臓の病気の患者さんが多いです。ネフローゼ、IgA腎症の他に15年前から高尿酸症、腎臓血液、腎機能がだんだん異常の60代男性、三十数年前から高血圧・高尿酸・多発性腎嚢胞で病院の薬を5種類服用していますが十数年前から腎機能がだんだん低下している60代男性は、昨年5月から当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用し、腎機能のクレアチニン値だけではなく尿酸値も血圧も改善されています。例えば、漢方薬を服用前の4月検査ではクレアチニン値2.49、尿酸値7.8でしたが、最新の8月検査では、クレアチニン値2.26、尿酸5.6まで改善されています。

 

今日も大変忙しく、明日も予約がいっぱいなので、今晩は早く休みたいです。

血小板減少の10代の青年は漢方で血小板11.8万まで改善

今日は、1日山形で仕事です。患者さんのことについて、やはり難病の患者さんが多いです。ネフローゼで5種類の薬を服用している60代女性、IgA腎症・高血圧・血尿の70代の女性、間質性肺炎・肺気腫の60代の男性、突発性血小板減少紫斑病の10代の青年など。

 

検査結果良くなった方の一人は、突発性血小板減少紫斑病の10代の青年。何度もブログに書いていますが、12歳のときに病気と診断され、入退院を繰り返し一時的に血小板が上がりますが、それからだんだん下がり血小板は数千~3、4万台でした。H25年8月から当薬局の漢方薬を服用し、陸上の練習や、受験などを無事に乗り越えただけでなく、血小板は最初の数年間は10万を越えなかったが、H29年から10~13万台に安定しています。

例えば、H29年8月は10.6万、H30年2月は10.5万、8月は9.1万、今年2月は9.2万、3月は13.6万、最新の9月13日は11.8万です。お母さんの話によると、夏休みにバイトのやりすぎと言いましたが、夏バテも関係あると思います。血小板の数字だけでなく質も大事だと思います。従って、この青年の血小板は、正常値の15万以上になっていませんが、出血や疲れなどの症状がなく元気です。

 

今日も山形で桃を収穫しました。1週間前に、公園の1本の桃の木に残っていた5~6個の桃は今日見たらゼロでした。間違いなく誰かがとりました。場所を移動して、誰も見つけていない駐車場の奥の桃には写真の通り、地面には2/3落ちていました。残った1/3の8割を一気にとれました。昨日の細長い傘入れのビニールを反省して、きちんとダンボールを持っていきました。薬局まで歩いて帰りましたが桃には当然傷もなく、多分仙台まで持ち帰っても大丈夫でしょう。しかし食べてみたところ、昨日の福島の桃よりあまりおいしくなかったです。やはり山形はさくらんぼ、福島は桃。

<写真>

 

40代女性が妊娠判明!おめでとう!

今日の福島店では患者さんの事が色々とあり、基本的に良いことが多かったです。

 

まず、良くないニュースから書くと…

先週のブログに書いたエイズキャリアの猫ちゃんがその後は一時的に元気になり食欲も出ましたが、今日の昼にお母さんから電話があり、昨日、穏やかに亡くなったそうです。。亡くなる人間と同じく心からご冥福を祈ります。

次に今日、看護師の女性が二人来局しました。

一人は2年ぶりの50代女性は、平成27年の40代からの眩暈や動悸が完全に良くなりましたが、今年の夏から足がつり、腰痛、冷え等の症状があり2年ぶりに当薬局の漢方薬を服用開始しました。以前も夜勤がありましたが今年から50代になってやっと夜勤が無くなったそうです。もう一人の看護師40代女性は相変わらず夜勤があり、話によると午後4時半から翌朝9時まで、休憩と仮眠の1時間を除いてなんと16時間近い勤務で当然、身体は大変だと思いました。

次に、眩暈、動悸、不眠などの症状でせっかく良くなった60代女性は、今年5月に定年退職したご主人が毎日家にいる事になり「以前の症状が再発して頭痛、夜は気分が悪くなった」と言われたので本人に「ご主人は家から出ないので、自分が毎日家から出て下さい。図書館やデパートなど。。」と言ったら「家から出ると、主人は家の中のアチコチを物色するので外にいても気になって不安です」と言いました。…どうしようもないかなぁ。。。

 

ところで、とても嬉しいニュースがあります!

平成26年5月の当時30代から不妊治療を繰返し失敗し生理痛、卵巣の腫れ、頭痛などの症状があり不妊治療しながら当薬局の漢方薬を服用していましたが、何回良い卵子が採れて受精が出来ても、その後はなかなか着床しなくて、妊娠成功せず、繰り返し失敗し本人は大変精神的に落ち込み不安感や不眠などがあったので、私をはじめスタッフ達も大変気にかけていました。ちょうど一年前から私の提案で「不妊治療はしばらく休んできちんと体質改善をした方が良い」との話し合いで本人も納得し、本人は一生懸命に体質改善の漢方薬を真面目に服用し続け、今月7日に移植、今日の午前中に妊娠が判明しました。大変、時間がかかりましたが諦めずに成功し、本当におめでたい気持ちです!!本当に嬉しいです。今日から当然、流産予防の漢方薬に変えて一生懸命に服用するだけではなく、できるだけ毎日、トレイ以外は横になって安静にするように伝えました。もちろん、家事や料理はできるだけご主人がするようにも提案しました。無事に順調な妊娠を心から祈ります!

 

私は写真の通り、今朝から自然食です。自宅近くの広瀬川のヨモギ、薄荷、駐車場脇にある今年最後のひょう、を収穫して肉と炒めて朝食としました。

先週の水曜日に収穫した桃の在庫がそろそろ無くなるので、今日の昼には駅前に桃を収穫に行きました。袋はスーパーの傘入れのビニール袋を3枚借りました。大変良い桃で形も色、大きさ、味も良かったですが、細長いビニール袋のせいで薬局に着いた時には上の桃の重力で下の桃が傷んだのは大変残念です。しかし右手に2袋、左手に1袋を持った矯正治療で私の左肩の下がりが少し治ったかな。。当然、桃はとても美味しかったです!!