2ヶ月間の漢方で両手足のひどい湿疹は著しく改善

今日は、仙台店で今年最後の仕事。一年間の忙しさ、一年間の疲れがあり、できるだけブログは短くして心身一新して新年を迎える気持ちです。

患者さんのことについて、やはり遠くからの患者さんが多いです。広島、三重、愛知、東京、茨木から北の青森、北海道の函館など。

一日も早く漢方薬を服用したくて車で日帰りで青森から来局された患者さんが2人居ます。この2人は共に心臓や肝臓・腎臓の病気で多量の薬を服用していますが、悪化する一方です。例えば、50代女性は昨年10月から腎機能異常を診断され、当時クレアチニン値2.5位でしたが3種類の薬を服用してもなかなかよくならず、今年8月に一気に薬が8種類まで増えたらまた急に悪化し、今クレアチニン値は5.7になりそろそろ透析と言われました。明確に、薬が増えたら悪化しました。

 

今日の患者さんのもう一つの特徴は、40代の不妊症の方が多い。47歳の方も居ますし、48歳、49歳の方も居ます。皆、西洋の不妊治療を諦めて漢方を選びました。来年皆が自然妊娠に成功することを祈ります。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。耳鳴り、不眠、腎臓の病気、肝臓の病気、癌など沢山の方がよくなって正月を迎えます。写真の通り、一番分かりやすいよくなった患者さんは、やはり皮膚の病気の60代女性です。2年前から両手足が割れ、かゆくて出血。3ヶ所の皮膚科を転々としてもよくならなくて、今年10月から当薬局の漢方薬を2ヶ月間服用し、まだ完治ではありませんが著しく改善されています。本人から湿疹もかゆみもよくなったと言われました。来年春は多分9割以上になると思います。本人の了解を頂いたので写真を載せます。

【症例写真】①10月17日

 

②12月26日