怖くて今日のテレビを見たくない

今日は一日仕事をしながらドキドキ、ワクワク。原因は、先日の仙台放送の取材が今日の18時からのニュースで放送されるためです。実は今朝、仙台放送から連絡があり、特別な大きいニュースが入らなければ予定通り放送されると言われ、朝からドキドキ心配していました。今日は心配症、不安症。

 

患者さんのことについて、やはり全国から難病の方が多いです。大阪の40代と70代の女性親子や、神奈川の20代男性、埼玉の30代女性、青森の70代男性など。目の網膜色素変性症、血液難病の血小板減少性紫斑病、腎臓難病のIgA腎症、骨髄変性症の70代女性、その他に30代~50代の癌の患者さんが多いです。

よくなって喜んでいる患者さんも沢山居ます。例えば、5~6年前から味覚異常で舌の痛みとしびれ、鼻詰まり、痰が多くてなかなか取れない、低体温などの症状で悩んでいる60代女性は、昨年9月から当薬局の漢方薬を服用し、最初はなかなか効果を感じませんでしたが、今日は本人が笑顔で来局。舌の痛みとしびれが軽くなっただけではなく、正月後にすっかり痰は出なくなりました。喉の違和感も気持ちもよくなったと言われました。また、体温は35.5度以下から今35.8~36度まで上がりました。

また、抗がん剤治療を受けている50代女性は、抗がん剤の副作用で白血球・赤血球・ヘモグロビン・肝機能・腎機能異常を心配していましたが、昨年6月から当薬局の造血機能と肝機能を強める漢方薬を服用し、2月5日の検査では白血球・赤血球・ヘモグロビン・血小板・肝機能・腎機能は全部正常。漢方薬を服用前の赤血球・ヘモグロビン・肝機能異常が正常になり喜んでいます。