5ヶ月間の漢方薬服用で腰痛・足痛の70代の女性の痛みが9割改善

今日も様々な病気の新患の方が多いです。一番印象的なことは、緑内障の方が多いということです。30代の男性、50代の男性、40代の女性など。実は、ストレスの影響で視力や眼圧をはじめ様々な目の病気が悪化しやすくなります。当然、最近のコロナウィルスの影響もありますし、あまり外出しないでテレビやスマートフォンなどを観すぎていることも目に影響していると考えられます。

もう一つ印象深いことは、口コミで来局された方が多いことです。血液の難病の再生不良性貧血の薬の副作用で肝機能・腎機能が悪化し、輸血が必要だった当時50代の男性は平成26年2月から肝臓・腎臓・造血機能を高める漢方薬を服用しています。何度もブログに書きましたが、今は検査が全て正常値になって、この方の紹介で沢山の方が漢方薬を服用して、さらにまた知人を紹介してくださるという方が多いです。今日もこの男性から紹介された方が来局し、その方がさらに親戚の方を2人連れて来局されました。

 

よくなった患者さんがたくさんいます。例えば平成22年9月に顔の湿疹・かゆみがあり皮膚科で良くならなくて、当薬局の漢方薬を服用して改善された30代の女性が8年ぶりに来局。両腕の湿疹・かゆみが上半身に広がって4月10日からまた漢方薬を服用しています。今日、来局の時両腕を見たら湿疹も改善されかゆみも軽くなり喜んでいます。

また、昨年12月から腰痛・足の痛みでなかなか歩くことが出来ない・高血圧・逆流性食道炎で病院の薬を5種類服用しても症状が改善されない70代の女性は、今日喜んで来局。話によると腰痛と足の痛みは9割改善、階段を上るときに少し痛みを感じるだけだそうです。さらに逆流性食道炎の症状も著しく改善されて、血圧も漢方薬を服用する前の140/90台から今朝は130/80台まで改善されています。実はこの女性は、夜に痛みで2~3回目が覚めて熟睡できなかったので、薬を服用しても血圧が下がらなかったはずです。今は痛みや胃の症状が改善されただけではなく熟睡もできるようになって血圧も下がりました。今日から漢方薬を減量して続けて服用します。

 

明日は日曜日で休みです。母の日なのですべての母にあたる女性に感謝します。今は中国に帰国できないので、直接母に感謝の言葉を言いたくて朝に電話したら留守みたいで、夜か明日の朝にでももう一度電話したいと思います。