漢方で目の難病の50代男性の視力が改善

今日は都道府県をまたいでの自粛解除から2日目で、やはり朝から仙台市内も車が多い気がします。患者さんのことについて、不妊症や目の難病・肝臓の難病・癌の方が多いです。

例えば、網膜前膜黄斑の50代の男性は手術を勧められましたが、昨年5月から肝臓・腎臓を強め目の血流を良くする漢方薬を服用して、昨年11月の検査で右目の矯正視力が0.3から0.5まで改善、今年5月16日は0.6まで改善されています。仕事でパソコンなども使うそうですが、目の疲れも軽くなり仕事への支障も軽減されています。また、今年の検査結果はまだありませんが、肝機能・腎機能の異常も改善されています。例えば昨年9月30日の健診で肝機能のγGPTは一昨年の11月の健診の53から正常値の34まで改善、腎機能のeGFRは52.2から56.7まで改善、正常値の60以上に近づいています。もし、今検査したら腎機能も正常値になっていると思います。

 

よくなった患者さんのもう一人の50代の女性は、20年前からお酒を飲まないし病気も無いのに肝機能がずっと異常で、さらに2~3年前から顔の湿疹・赤み・かゆみもあり、病院のいろいろな薬を服用してもよくならなくて、昨年1月から当薬局の漢方薬を服用しています。今日、4月の検査結果を持って来局。ご本人の話によると、湿疹・赤み・かゆみがよくなって以前の生理後の不正出血も今年1月からなくなりました。また、二十数年以来肝機能が一番良い数値と病院の先生から言われたそうで大変喜んでいます。ご本人は癌になったことがあり、今日から癌予防・再発転移予防中心の処方に変わりました。

 

写真の通り、持参の昼弁当を電子レンジでいつもの1分30秒温めました。食べたら、野菜は少し温かいのに、黒豆は熱くなっていてやけどしました。黒いし丸いし、温まりやすいかなと人体実験で分かりました。ちなみに、赤いナツメは豆と野菜の中間の温かさ、白い肉まんは一番冷たかったです。ビワは朝イチで市内の公園で採った物です。新鮮で水分がいっぱいで甘みも酸味もあり、買ったオレンジよりずっと美味しかったです。誰も採らないし食べませんが、いつも私より早起きのカラスたちと競争しています。明日も負けないように早起きして収穫したいです!実はこの近くに桑の木もありますが、実はもうほとんどありません。絶対、カラスに食べられたはずと思います。

 

【写真】