1ヶ月半の漢方薬で頑固な中耳炎の50代男性の聴力が回復

今日の仙台も暑い。33度だそうです。

患者さんのことについて、難病やさまざまな病気・症状の方が多いです。白斑の70代女性、今日の暑さでも下半身が氷のように冷える80代男性、5種類の糖尿病の薬を服用しても血糖値が下がらない40代男性(外国人なので日本の糖尿病の薬が合わないのかな?)、以前当薬局の漢方で婦人科の病気がよくなった50代女性は、10年ぶりに来局。当時は40代でした。他に、時々ご主人と喧嘩して、右腹が痛い30代女性など。

 

肝機能・腎機能・血小板など検査結果がよくなった方が沢山居ますが、一番嬉しい患者さんのことを書きます。十数年前から両耳の中耳炎を繰り返し、昨年末から今年2月まで左耳が化膿して2回切開手術をして3月にまた化膿してまた手術をしてもよくならなくて、多種類の薬を服用しても効果がなく、耳鳴り・聴力低下で特に左耳はほとんど聞こえません。実は彼は私の友人で、今年6月26日に私の勧めで腎臓を強めて血流をよくして炎症を抑える漢方薬を服用しました。1か月後7月31日来局の時、「聴力も耳鳴りも一切変わらない」と言われて、私はとても不安で動揺しました。友人なのに一切効果が無いとはどうしよう・・・ドキドキしながら処方を調整しました。今日本人から電話があり、お盆後から不思議と耳鳴りが軽くなり、聴力も徐々に回復。今、左耳は右と同じく聞こえるようになったそうです。最初から漢方に疑問があり、奥さんから「本当に?」「本当に聞こえるの?」と何度も聞かれたそうです。もちろん、本当です!