肺を強くする漢方で間質性肺炎、肺気腫、非結核性抗酸菌症の方々の症状が皆さん改善!

今日の福島は午後から時々雨が降ってきて涼しく、やっと福島の夏の終わりを感じました。

患者さんについて短く書きます。

今日、印象深いのは、やはり家族ぐるみの服用が多かったです。

ご両親や伯父さんも服用している4歳男児、一ヶ月間の漢方服用で全身の症状が軽くなり元気になった40代娘さんと70代のお父さん、自己免疫性肝炎の母娘さんと姉妹の女性、皮膚湿疹のお母さんと自閉症の息子さん等々。

良くなった患者さんも多かったです。

80代でも腎機能が改善した男性、肝機能も良くなった20代女性、肺を強くする漢方で肺気腫が改善している70代男性、80代の間質性肺炎の男性も非結核性抗酸菌症の60代女性も自覚症状が皆さん改善しています。

例えば、数十年前からの肺気腫で病院で治療をしていましたが症状が徐々に悪化し、ほとんど歩けなかった80代男性は、今年2/17から当薬局の漢方を服用開始しました。奥さんによると、今では効果が確実に表れ咳や痰、息切れが軽くなって歩けるようになったそうです。

ところで8年前に浜通りから福島市に避難で移り住んでいた男性は現在88才になり、間質性肺炎の症状が検査結果も症状も改善していましたが、今年4月に喜びの浜通りでの自宅に引っ越すと、今はとても寂しく、体調はイマイチだそうです。原因はせっかく帰ってきたのに自宅の周りには買い物をする店も少なく、買いたい物が買えない、また、昔の知人がいなく、少し遠くに同級生が住んでいますがお互い高齢の為になかなか会えないそうです。それらのストレスが肺にも影響しているようで、とても残念です。これからは一生懸命に漢方を服用して肺をはじめ心も元気になることを祈ります。