1週間の漢方薬で糖尿病Ⅰ型の女の子の血糖値が下がった

昨日のブログに書いた、8月25日に漢方で妊娠成功した30代女性について、出産した元気な男の子が4000gを超えたことは、大き過ぎてあまりよくないかなと思っています。10月17日出産予定の女性の赤ちゃんは、今の体重はどの位かな?出産の時に何千gになるかとても気にしています。もし、今日のブログを見ていたら、是非3500g以内でコントロールして下さい(スタッフからは「難しいでしょう!」と言われました・・・)。

患者さんのことについて、全国のさまざまな病気の方が多いです。青森の80代女性と娘さんとお孫さん、青森の肺の難病の60代女性、茨木の40代女性とお母さん、千葉の30代女性と8歳の女の子、神奈川の60代男性、東京の60代女性、三重の肺の難病の40代女性など。

よくなった患者さんも沢山居ます。千葉の糖尿病Ⅰ型と診断された8歳の女の子のお父さんから連絡があり、1週間前から漢方薬を服用していますが、もう効果が出て、毎日の血糖値検査で血糖値が下がり正常値近くなっています。お父さんは、漢方効果にとても驚いています。ちなみに、8月に診断された時、主治医からすぐインスリン注射の治療を受けて下さいと言われたそうです。漢方治療を選んだことは正しいと思います。

また、9月5日から漢方薬を服用している高校生の女の子は、イライラ・不安・不眠・頭痛・めまい・瞼の痙攣・喉つまる・舌が痛くしびれ・手足しびれ・足つる・息切れ・動悸・圧迫感・不整脈・息苦しい等の沢山の症状がありましたが、今日の本人とお母さんの話によると、落ち着いてイライラも不眠・頭痛・めまい・手足のしびれ・動悸・息切れ等の症状が改善され、来週から勉強に復帰する予定です。

 

今日のブログは終わりにします。最近、日本の政治のことをあまりブログに書いていませんが、菅さんは99代首相に就任おめでとうございます!日本国民のために頑張って欲しいです。できれば、日中関係が更に良くなることを期待しています。

朝にネットニュースを見たら、何か安倍元首相の潰瘍性大腸炎の悪化は嘘みたい!?根拠は、とても元気、ネットニュースの写真の通り、頻繁に会食・ワインを飲む・・・・私から見ると、頻繁の外食や肉食は、潰瘍性大腸炎をはじめ腸の病気にはよくありません。くれぐれも注意した方が良いでしょう。