半年間の漢方薬で40代女性の子宮頸がん中度異形成から正常になった

結局昨日の仙台の夜は雨ではなく時々晴れて旧暦の8月15日の月を見ました。今日も晴れるみたいで、昨日に続き16日の満月も見たいです。実は、中国では16日の月の方が15日より丸いと言われています。

 

今日は大変忙しかったです。仙台店の予約の方の他に、千葉や東京の遠方の方や1年ぶり2年ぶりの方もいます。当薬局の漢方薬を服用して自然に妊娠して元気な息子さんが生まれた40代の女性は、1年ぶりに漢方薬を服用します。ずっと元気でしたが、最近仕事が変わって大変ストレスがあり、胃痛・胃もたれ・吐き気・胃酸の逆流などの症状があり、病院の薬を服用しても良くならずまた当薬局の漢方薬を服用します。

 

ところで、私の今日の胃の調子もあまりよくないので、ブログを短くします。最後に、よくなった患者さんの一人の方のことを書きます。お母さんもご兄弟も当薬局の漢方薬を服用している40代の女性は、結婚してお子さんも欲しいですが子宮頸がんの検査で数年前から軽度から中度異形成になって、今年3月から当薬局の免疫力を高めるがん予防の漢方薬を服用しています。6月の検査で、中度異形成から正常になりましたが、ご本人もお医者さんも半信半疑で、3か月後もう一度検査して正常だったら納得しますと言われました。今日ご本人からの連絡によると1週間前の細胞の検査で細胞は正常で、ご本人もお医者さんも納得しました。特にご本人はこれから妊娠を希望されているので、大変喜んでいます。これから子宮がんは半年に1回の検査をする予定です。漢方も継続して1日も早く妊娠することを祈ります。