漢方で50代の女性の湿疹・耳鳴りなどが改善

今日の仙台は一日中雨で寒いです。大阪の40代の男性からも寒い、東京の60代の女性からも寒いと言われました。青森の80代のご夫婦からは仙台より更に寒いと言われました。

 

患者さんのことについて、雨の影響でキャンセルの方が多かったですが、突然来局の方も多いです。例えば、昨年11月から湿疹・かゆみで漢方薬を服用したことがある50代の男性は、今年1月まで漢方薬を服用して皮膚の症状が完全に改善され再発もなく約9か月ぶりに来局。コロナのテレワークの影響で体重が80kgまで増え、先月末から喘息の症状も出て呼吸器科の薬を服用していますが、なかなか良くならなくてまた当薬局に来ました。

 

久しぶりの患者さんのもう一人は、数十年前から逆流性食道炎で昼も夜も胃酸が逆流してもやもやして夜何回も目が覚めていろいろな病院・親戚の病院(親戚の中に4人お医者さんがいる)に行っても良くならなくて、平成29年の10月から当薬局の漢方薬を服用してすっかり改善されました。その後は漢方薬を減らして、今日久しぶりに来局。今年の3月から兄弟3人、親戚2人、近所の親しい方2人が相次いで亡くなったそうで、血圧も高くなってめまい・食欲不振などの症状が出ました。今日からまた漢方薬を服用します。

 

もう一人久しぶりに来局の50代の女性は、平成26年5月から顔の湿疹・かゆみで漢方薬を服用して平成27年7月に完全に改善されて漢方薬を中止しました。その2年後の平成29年9月に頭痛・耳鳴り・息切れ・動悸・不整脈・便秘などの症状が出てまた漢方薬を2か月間服用してまた改善されました。今日は3年ぶりにまた来局して、仕事が忙しくてストレスで1週間前からめまい・耳鳴り・動悸・息切れ・不眠などの症状が出て、病院ではなく当薬局に来ました。間違いなくまたよくなると思います。

 

ところで、十数年前からお母さんが時々当薬局の漢方薬を服用していた時、幼稚園の時と小学生の時に連れてきたことがあるお子さんは今大学生になって、久しぶりにお母さんと来局。身長がずいぶん伸びましたが顔は子供の時と変わりません。大変懐かしく親しいと感じました。この女性は中学生の時にアトピー性皮膚炎になってずっと症状は落ち着いていましたが、今年4月に大学生になって入学式も出来なくて、今日まで1回も大学に行ったことが無くてずっとオンライン授業で8月から全身の皮膚が悪化して、湿疹とかゆみで今日から当薬局の漢方薬を服用します。一番の原因は間違いなくストレスでしょう。