6年間の腎臓を強くする漢方でIgA腎症60代の女性の人工透析を避けた

今日の山形は晴れでとてもいい天気。

患者さんの事について。10代から80代まで幅広く、病気もいろいろ。統合失調症、不妊症、脳梗塞の後遺症、大腸がん、IgA腎症、慢性腎不全など。

大腸がんリンパ転移、手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性は漢方の併用により10月7日の血液検査で肝機能、腎機能、貧血が良くなった。1日8回の下痢も2~3回まで改善。

9月15日から漢方服用の脳梗塞の後遺症で悩んでいる50代男性は手の痺れ、瞼の痙攣が改善されました。

平成26年3月からずっと漢方を服用しているIgA腎症の当時50代の女性は9月24日の血液検査で腎機能は更に良くなった。漢方を服用する前のクレアチニンはすでに3以上そろそろ透析と言われましたが、今年の5月の結果のクレアチニン1.35・7月1.29・9月24日1.26まで改善され安定しています。本人からもし漢方を服用していなければ、今99.99%透析をしていると冗談を言われました。