3年間の漢方でパーキンソン病の60代男性の症状は著しく改善

今日の山形はとてもいい天気です。

一身上の都合でブログ短くします。

 

良くなった患者さんの1人は、10数年前にパーキンソン病と診断され専門の病院の治療を受けていますが治療効果なく症状悪化。両手、両足の震えの他に身体の動き、足の歩きが遅くなった。友人の紹介でH29年9月から当店の腎臓・肝臓を強くする、血流を良くする漢方を服用。3カ月後効果があらわれ、本人と奥さんの話によると手足の震えが軽くなり歩くのも早くなった。その後も漢方の服用を継続。今日奥さんの話では今はほとんど症状がない。毎日夕方18時に1時間の散歩をしていて近所の人から、以前より歩くのが早くなり腰も真っすぐになったと言われたそうです。もし漢方を服用していなかったら車椅子か寝たきりだったかもしてないと奥さんが話されました。

 

新患の1人の70代男性は大きな病気はないがなんと9種類の薬を服用。多いですね、と言ったら薬の副作用で両足が内出血で紫色でした。本人から妻はさらに多く私の3倍以上の薬を服用していると言われました。奥さんは何の病気でしょうか?何種類の病気なのでしょうか?