9年間と8年間の漢方服用で50代の娘さんと80代のお母さんは共に元気

今日も全国からの患者さんの相談が多いです。山口県の血液の難病の10代男性、千葉の皮膚アレルギーの10代女性、北海道の精神疾患の40代男性など。

 

今日も家族共に漢方を服用している方が多い。40代のご夫婦、50代と80代の娘さんとお母さん、不妊症の30代のご夫婦(妊娠はまだ成功していませんが7月から漢方服用でご主人の不眠症は良くなっています。)

 

良くなった患者さんもたくさんいます。例えばH23年11月から漢方を服用している婦人科の病気・鬱など当時40代の女性は、手術一歩手前の婦人科の病気が良くなった後、当時70代のお母さんに漢方を勧めH24年11月から乳がん手術した後リンパ転移のお母さんも漢方を服用。その後8年間再発・転移もない。2人共に漢方を減量し服用を継続しています。今日50代の娘さんから、漢方のお陰で病気もなく90歳近い両親の面倒も見ることもできます、と言われました。転倒しやすい、日中も眠気が抜けない89歳のお父さんにも漢方を勧めたいと言われました。