漢方で妊娠し元気なお子さんが生まれた女性のお父さんもお母さんも当薬局の漢方を服用

今日は昨日の寒さから一転、暖かくて晴れてとても良い天気です。

したがって遠方からの方や新患の方が多かったです。山形から来た方もいますし、盛岡から来た方もいます。遠くは横浜から来た方もいます。難病や新患の方は、ALSの疑いの女性、間質性肺炎の男性、骨髄腫の男性、不整脈の男性、子宮筋腫の女性、糖尿病の男性2名。

 

今日もご家族で漢方薬を服用している方が多いです。平成28年から漢方薬を服用している60代の女性は甲状腺の病気が改善されて、血圧の薬を飲んでも血圧が180台のご主人を連れて来局。ご主人は病院の薬を飲みたくなくて今日から漢方薬を服用します。

また、精神不安・不眠・うつの50代の男性は、平成24年から漢方薬を服用してその間にすい臓がんのお父さんも漢方薬を服用し、最近は心臓肥大のお母さんも漢方薬を服用しています。この男性は大変優しくて親孝行で、自分の漢方薬にプラスお母さんの心臓改善の漢方薬が欲しいと言われて、自分が煎じて親子で一緒に飲んでいます。

 

今日遠くから来局の不整脈の60代の男性は、実は以前のブログにも書きましたが子宮内膜症・チョコレート膿腫・生理不順・生理痛など婦人科の病気があり、不妊治療も繰り返してもなかなか妊娠しない30代の女性は、昨年4月に仙台に転勤で来たことがきっかけで当薬局の漢方薬を服用開始しました。4か月間漢方薬を服用して、昨年10月17日の検査でチョコレート膿腫は5.4cmから2.9cmまで小さくなって、子宮内膜症も生理不順も生理痛も冷え性も改善されました。その後、妊娠しやすい漢方薬に変わって今年の2月に妊娠しました。その後も流産予防・つわり予防・貧血改善の漢方薬を服用して、今年の10月6日に2634gの元気な女の子が生まれました。婦人科の病気があり、なかなか妊娠しなかった娘さんが妊娠したことで、肩の痛みで悩んでいるお母さんも今年6月から漢方薬を服用してまた見事に改善されました。今日はお母さんがお父さんを連れて来局。東京の有名な循環器の病院の治療を受けて薬を飲んでも治らず、3回手術をしても治る可能性が20%しかないと言われて、今日から当薬局の心臓を強くする漢方薬を服用します。お父さんの心臓病も良くなることを祈ります。

 

ところで、今日最後に来局された患者さんは不妊治療を繰り返し失敗して当薬局の漢方薬を服用して妊娠された40代女性のお姉さんです。今日のお姉さんの話によると10月26日3400gの元気な男の子が生まれて今日退院されたそうです。ご本人よりいち早くお姉さんから知らせて頂いてとても嬉しいです。お子さんの元気な成長をお祈りいたします。