5年間の漢方で80才男性の認知症テストは29点(30点満点)!

今日の福島は雨、風、曇り、晴れなど色々でした。いずれにしても風が強くて寒かったです。

 

患者さんについて、やはり連休明けで遠方の方も多かったです。

静岡の電磁場過敏症の50代女性、IgA腎症で腎機能低下の60代女性、埼玉の骨髄腫、脊柱管を二回手術後も腰痛・歩行困難の80代男性など。

 

また、大変な患者さんも多かったです。

十数年ぶりまた唇の腫れ・痒み・痛みで話すのも大変で服用再開始する50代女性は、十数年前に漢方で同じ症状を改善させました。その後は時々便秘の漢方薬を服用していましたが、先月から秋の花粉症でまた唇の症状が出ました。本人によると「庭の花が咲く植木を全て切った」と言われました。先週、大きい金木犀や椿も根元から切ったみたい(もったいないなぁ、欲しいと言ったら「もう全て切った、植木はもうない」と言われました。。)。

また、お風呂で知り合った方が当薬局の漢方ですっかり腰痛が良くなり、その紹介で来局してくれた70代女性は7種類の薬を服用しても腰痛が良くならず、先月からは平日週に5回整体に行っても良くなりませんでした(お風呂での知り合いは公衆浴場か温泉か…本人に聞きませんでした。また、一回の整体の施術費は5000円位だそうで、5000円×5×4で…月10万円だそうです。。。随分高いでしょう!)

 

良くなった患者さんも沢山いました。

その中の一人は、平成24年に脳腫瘍と診断され手術できずに放射線治療を受けました。脳腫瘍は小さくなりましたが、放射線の影響で視神経が壊れて右の聴力が無くなり、大小便の失禁になり、一年後には脳に水が溜まって認知機能低下、会話は出来ますが数字を覚えられない、歩けない等ありました。平成27年6月に当薬局の漢方を服用している奥さんの友人の紹介で漢方服用開始し、時々ブログに書いていると思いますが、その後は大小便の失禁や歩行、数字の覚えが良くなりました。例えば平成28年11月14日のブログに書きましたが、認知や失禁が良くなり歩行が早くなりました。昨年8月28のブログにもありますが、その年の6月からは中位の厚さの一冊の本をキチンと読むことができ、野球やゴルフのテレビも見ました。昨年12月25日のブログには4年ぶりに自分の手書きの年賀状を書けるようになりました。分からない言葉は自分で辞書で調べることもできます。奥さんによると歩行も良くなり物忘れも改善、数年前のことも思い出すことがあるそうで、正月の部屋の仏壇の掃除もしました。今日、奥さんは10月13日脳神経の病院での認知症のテストのコピーを持ってきてくれました。テストを見るとなんと29点で、ちなみに満点は30点です!!(20点以下は認知症。軽度の認知症は19点+-5点です。中度は15点+-4点、やや高度は11点+-5点、非常に高度は4点+-3点。)夜はトイレ3回以外の症状がないだけでなく、昨日は自分で行きたい地名を地図で一人で調べることもできました。病院の主治医からも「認知症だけでなく脳の腫瘍もあるのに認知症が進行ではなく、どんどん改善されていることは奇跡」と言われたそうです。もちろん、本人と奥さんからは「漢方のおかげです」と言われました。ちなみに先週奥さんは初めて膀胱炎になり、病院の治療ではなく、今日から当薬局の漢方を服用します。