三ヶ月間の漢方で連続痙攣・発作の少年は修学旅行も行けた!!

 昨日18日の福島店では癌や難病の患者さんが多かったですが、一番印象深いことは子供たちの事です。
 4歳の男児、7歳の男児、11歳の男児の事。
新患の7歳の脳疾患の子の他に、4歳、11歳の子も著しく良くなっています。
特に11歳の子は数年間、〇〇大学病院の治療を受けてもどんどん悪化し食事もトイレもできない、当然学校の勉強も困難、夜寝ているときも痙攣・発作があり長くても二時間しか眠れていなかったのが、当薬局の漢方を服用している親戚の勧めで8/12から漢方薬の服用を開始しました。8/12、8/19、9/2、9/23、10/12のブログに書いた通り(この子の漢方服用の変化の詳細を知りたい方は読んでみて下さい)、当然、著しく改善され、学校はほとんど毎日行けるようになり、今日は一カ月ぶりに本人がお母さんと来局しました。一か月ぶりの様子を見ると、まずとても元気になって色々と話すようになり、ビデオも撮りましたがたまに軽い痙攣・発作が起きますが大きい発作は一切ありません。
 お母さんによると、たまに疲れて休みますが今はほとんど毎日朝8時登校して最後の3時まで学校に通い、11/5の学校での運動会で3キロのマラソンを完走、11/12~11/13には修学旅行も一切の問題なく参加できました(5年生の時は一切参加できず悔しかったと言われました)。本人に「どこに行きましたか」と聞いたら、楽しくて嬉しくて話が止まりませんでした。松島の遊覧船に乗ったり、水族館を見学したり、ホテルの料理が美味しかったり、ソーセージが長かったり、両親や兄弟のお土産を買ったり…。「おばあちゃんへのお土産は何?」と聞いたら笑いながら「忘れた」と言いました(お母さんの変わりに時々漢方薬を取りに来る時もあるし一緒に来ています)。
 来年は中学生になるので、更に良くなり、先週の月曜日のブログに書いた小学校6年生から漢方を服用し中学も3年服用、進学高校に入っても3年間服用、国立大学に入学しても4年間漢方薬を服用、そして先日は国家公務員に合格でき来年三月に卒業する発達障害と診断された男子のように、この子も高校、大学に進学できるよう期待しています!楽しみにしています!祈っています!